最近のトラックバック

無料ブログはココログ

〇福島県

2022年10月 4日 (火)

蛍石(福島県南会津郡蛍鉱山)

Fluorite CaF2 ハロゲン化鉱物

 

Fluorite_hotarum_01

Fluorite_hotarum_02

Fluorite_hotarum_03

Fluorite_hotarum_04

 

蛍石で知られる、福島県会津の蛍鉱山で採集した蛍石です。センチ単位の結構大きな塊(というより、寄り集まっている感じかな)も見つけることができますが、顕微鏡で見て面白かったものをいくつか。やはり鉱物はミクロの世界のほうが面白い。

3枚目の写真は、蛍石の上に、針のような水晶が生えていますね。この細かな水晶がとても多いのですが、不用意に素手で石を持つと、刺さりますw ここでは蛍石(基本無色、灰色、緑で、まれに紫のものもある)と、この水晶が見られますが、他にどういう鉱物がでるかはわかりません。でも、群生した水晶もなかなかきれいで、まれに紫水晶や松茸水晶も産出するらしく、なかなか楽しい場所ですね。

蛍石は、UVライトを持っていけばすぐに見つかると思います。ここの蛍石は、きちんと青く光ります。沢沿いのズリでも見つかるし、稜線近くにある坑口(いくつかある)の近くまで登れば、立派なものも見つかりやすい気がします。自分は会津の山に行ったついでに、ちょっと寄ってみたのですが、まさかのUVライト忘れw でも普通に肉眼で見ても、サイズが大きいので、劈開面や形、色、光沢で蛍石だとわかります。

 

南会津の山奥、檜枝岐の西にひとつ山を越えた、湿原で有名な田代山や帝釈山を源流とする西根川流域が、蛍鉱山の現場(というかこの辺は稜線がなだらかで湿原になっている山が多い)。昭和12(1937)年から19(1944)年まで操業していたようです。

星きのこ園というところで、きのこ、鉱物1日採取権を購入します(1日2000円)。そういえば星製薬の創業者(星新一のご先祖さま)も会津出身でしたね。この辺はきのこ採取が生計の重要な一部になっているようで、無断立ち入り禁止の看板が多いので、こういう形で正式に認められての採集は、むしろ大変ありがたいです。多分ふらふらと山の中をさまよっていると、きのこ泥棒と間違われるでしょう。きのこも探せばいろいろ取れそう。自分たちが行った時も、ひとかかえもあるマイタケを採ってきた人が、「今日はこれしか採れなかった」などと言ってましたw 自慢か!

ポイントは何か所かあるようです。きのこ園の方が軽トラで林道の終点まで送ってくれ、場所を教えてもらったので、まあそんな苦労もなくたどり着けました(きれいな道があるわけではない)。ヘルメットを持った、坑道の中に入るらしい集団もいました。鉱物が目当てなのか、地下探検が目的なのかはわかりませんが、なんでもかんでも「危険! 禁止!」ばっかりの今の時代、まだまだこういう人たちも活動できるというのは、何だかほっとします。きのこ園に戻ってきて、果物などをふるまってもらいながら、お話など聞くことができました。南会津に行ったらぜひどうぞ(まあそこまで行くのがえらく大変なわけだが)。

 

Aidukomagatake_01Mousengoke_01
左:檜枝岐の会津駒ヶ岳。右:湿原は、モウセンゴケの大群生地。赤い絨毯のように見える。