▽炭酸塩鉱物等

2020年7月18日 (土)

水亜鉛銅鉱(栃木県日光市小来川鉱山)

Aurichalcite (Zn,Cu)5(CO3)2(OH)6 炭酸塩鉱物等

 

Aurichalcite_okorogawam_01

Aurichalcite_okorogawam_02

 

水色の、なんかしゃくしゃくして冷た美味しそうなのが水亜鉛銅鉱です。緑の部分は孔雀石。名前の通り、銅鉱床に生じる、水酸基、亜鉛と銅から成る二次鉱物です。

繊維状集合の濃緑の孔雀石と水亜鉛銅鉱の組み合わせがいい感じですね。特に水亜鉛銅鉱のさわやかな絹糸光沢・真珠光沢の輝きに目を奪われます。

鉱物の魅力の要素のひとつに、組み合わせ、共生があります。鉱物の同定にも役立つし(自分はまだよくわかっていないんですが)、さまざまなミクロの世界の風景を作っている要素です。てのひらの上に乗る小さな石のかけらを顕微鏡でのぞくと、広大な「風景」が広がっているのには、いつも驚きます。

 

水亜鉛銅鉱・Aurichalciteという名前はギリシャ語からきているらしいのですが、はっきりとしていないようです。一説には、オリハルコン(oreichalkon)(!)が語源とか。

wikipediaでは、オリハルコンは、「語源は、オロス(ὄρος, oros;山)のカルコス(χαλκός, khalkos;銅)。『ホメーロス風讃歌』や、ヘーシオドスの『ヘラクレスの盾』などの詩に初めて登場するが、これらの作品では真鍮(黄銅、亜鉛の合金)、青銅(銅との合金)、赤銅(銅との合金)、天然に産出する黄銅鉱(銅との混合硫化物)や青銅鉱、あるいは銅そのものと解釈・翻訳されている。ラテン語では、オリカルクム(orichalcum)。アウリカルクム(aurichalcum;金の銅)とも呼ばれた」(wikipedia 2020/07/18)と記述があります。銅系の金属一般のことだった? まああくまで現代での解釈なので、実際に何に対して使われていた名前なのかは、はっきりしないようです。

なんといっても有名なのは、プラトンの『クリティアス』Κριτίας, Critias)で、アトランティスの幻の金属として出てきたせいですが、読んだことはないです。個人的には光瀬龍のSF(あるいは萩尾望都のマンガ)、『百億の昼と千億の夜』の冒頭エピソードで、プラトンが「(この金属は。。。)オリハルコン!」という場面のせいで、生涯印象付けられてしまいましたw

銅と亜鉛の鉱物につける名前の語源としては、なんとなく納得はいきますが、名前をつけた人は、この水色の美しい輝きが幻のオリハルコンみたいだと思ったんでしょうかねぇ。アトランティス→海→水→水色→水亜鉛銅鉱、というイメージのつながり?(『クリティアス』には、アトランティスの王家は海の神、ポセイドンの末裔だったとあるらしい)

他にも、大プリニウスの『博物誌』には、すでに失われた銅系鉱石・アウリカルクム(auricalcum;金の銅)についての記述もあるそうです。いずれにせよ、このあたりの伝説上の金属によせた命名であるみたいです。

 

ただ水亜鉛銅鉱はモース硬度は1-2で、すごくもろい鉱物で、爪でも簡単に壊れてしまいます。

宝石といわれる条件のひとつは硬いことで、これはその美しさが永続するものである、ということなんでしょうが、水亜鉛銅鉱はまったくあてはまりません。幻の金属は、はかないってことでしょうかねぇw

 

2020年6月28日 (日)

あられ石(千葉県銚子市長崎鼻)

Aragonite Ca(CO3) 炭酸塩鉱物等

 

Aragonite_choshi_04

Aragonite_choshi_01

Aragonite_choshi_03

Aragonite_choshi_02

 

銚子の長崎鼻は、あられ石や琥珀の産地で有名です。

黒い母岩は古銅輝石安山岩で、叩くといい音で響くので楽器としても使われた讃岐石(カンカン石、sanukite)と同じものです。青いのはセラドン石。古銅輝石安山岩の間隙に、セラドン石やたまにあられ石が入っています。さらにまれにピンク色のあられ石もあるそうですが、そうそう出るものではないみたいです。

4枚の写真はどれも、ひとつの石を割って出てきた別の部位。

一番上は4cmくらいの大きな結晶で、ネット等でよく見る柱状結晶。

あとは1cmもないまとまりのものばかりです。一番最後の4枚目は、微細な針状結晶が球状に集合しています。

ある程度の大きさに育たないと、柱状にはならないのかな? もともと直方晶系で、針状あるいは板状結晶が120度の角度で連晶して六角柱を作るといいます。

成分的には方解石と同一(同質異象)で、違いは、硬度、比重があられ石のほうがわずかに高く、へき開(割れやすさ)が違うとのこと。四角い方解石のへき開が「3方向に完全」で、平行四辺形に割れやすいというのはわかります。あられ石の六角柱結晶が、伸長方向に平行に割れやすい(1方向)というのもわかる。でも、方解石はさまざまな形をとります。たとえば方解石の犬歯状の結晶のへき開はどうなのでしょう? 六角柱状ではない先の尖ったあられ石と犬歯状方解石では、どうへき開が違うのか。どう見わけをつければよいのか。

正直見た目だけではまったく分かりません。ネット等で調べても、この辺を説明してくれているものは全然見当たりません。もしかしてみんな知ってる常識とかを自分が知らないだけ? 結局、産地と形状等から類推するしかないのでしょうか。

専門の研究室等では、微細なものに関してはどうしているのか気になります。

いろいろ検索してみると、鉱物学だけでなく、とりわけ生物学の分野に絡んで(方解石やあられ石は多くの生物が利用している)、方解石とあられ石を分離するための、重液分離や染色法といった方法があるらしいということがわかりました(Seiichi Suzuki, Yoshihiro Togo, Yoshinori HikidaUsing Meigen’s staining for aragonite-calcite identifi cation in fossil molluscan shells under the scanning electron microscope, The Journal of the Geological Society of Japan Vol.99, No.1, 1993)。たとえば、硝酸コバルト(II)を蒸留水に10重量%の濃度にして70℃に保ち、試料を15分加熱すると、あられ石は紫色に染まり、方解石は変わらないそうです。けれども、「結晶形態から肉眼観察による方解石,霰石分離は困難であった」(加藤和浩・和田秀樹「微量同位体比測定のための染色法による方解石一霞石の分離法」静岡大学地球科学研究報告28、2001年7月)などという記述もあり、やっぱり見ただけでは無理ということですか。

方解石とあられ石の違いについては、専門家ではない自分はあまり突っ込まないほうがよい問題のようですw

でも、きちんと判別するための方法があることがわかって、ちょっとすっきりした気分です。

 

2020年5月 8日 (金)

藍銅鉱(栃木県日光市小来川鉱山)

Azurite Cu3(CO3)2(OH)2 炭酸塩鉱物等

 

Azurite_okorogawa_01

Azurite_okorogawa_02

 

日光のすぐ南にある小来川鉱山で拾ったものです。

鉱物好きにはバイブル的な存在である草下英明の『鉱物採集フィールド・ガイド』にも出てくる有名な産地ですね。かなり古い本なので、もう産地ガイドとしてはあまり実用的とはいえませんが、小来川鉱山ではまだ現役といっていいでしょう。多くの人が採集に訪れていると思うので、見るべき鉱物がどの程度残っているのか少々疑問ではあったんですが、昨年(2019年)秋に行った時は、それでもかなりの種類のものが見つかりました。

銅の二次鉱物が大好きな人にとっては、まだまだ胸のおどる産地です。青や緑の石がごろごろしてますしね! もしかしたら沢筋では、台風19号の影響で大分かき回されたのが幸いしたのかも?

藍銅鉱の出るズリはごく限られた狭い場所だそうです。それがどこなのか、知らないまま行ったのですが、地形図を見てこの辺に違いないとあたりをつけたところに登ってみると、あちこち掘り返したズリが。。。ああここだなと、すぐにわかりました。みんな掘りすぎw

大きなものは見つかりませんでしたが(期待もしていなかったが)、ルーペサイズのものは運よくゲットできました。

この高い空の色を封じ込めたような透明感のある群青は、探す苦労もどこかに吹っ飛んでいってしまう美しさです。さすが、世界各国で岩絵の具として使われていただけのことはある、魅力的な青ですね。個人的にはFatal Dose Blueと表現したい。

 

ところで、一番上の坑道口のそばに、こんなのが落ちてました。

Okorogawam_01

これは坑道の排水用ポンプのものか、軌道関連のものか、あるいは、坑道内に縦穴があったので、鉱石を引っ張り上げるためのものなのか。。。自分は全然わかりません。

小来川は、このような在りし日の鉱山の様子をうかがわせる遺構もまだあちこちに残っていて、打ち捨てられた廃墟感もなかなか良い感じでした。

こういうのも、鉱山跡をめぐる楽しみのひとつですね。

 

2020年4月23日 (木)

方解石?(神奈川県山北町世附川流域)

Calcite Ca(CO3) 炭酸塩鉱物等

 

Calcite_yoduku_01

 

神奈川県の西丹沢の沢で拾った石です。

一般的に西丹沢というと、中川の流域、畔が丸、檜洞丸あたりまで含めた地域のことを指すことが多いようです。でもこれだと、畔が丸以西の大又沢、水の木周辺が仲間外れになってる感が強いので、個人的にはちょっと違和感を覚えます。

自分としては、中川を境界にして、その西側、畔が丸から三国山(世附川流域)を越え籠坂峠までが西丹沢というイメージがあります。檜洞丸、蛭が岳あたりは、中央丹沢という感じ(玄倉川流域)。

この石を拾ったのは、世附川の支流の沢です(塔ノ岳亜層群になるのかな?)。水が流れたあとが真っ白になっている沢で、もう見るからに何かありそうな雰囲気。

実際、中流あたりに古い試掘の跡と思われる孔があります(丹沢の鉱山跡について詳しい〇福さんの「丹沢を探る」にも出ていない)。この周辺は、いくつか鉱山跡もあり、それらの時代に掘られたものかもしれません。さらにこのあたりは、大正から昭和初期に、後醍醐天皇のお宝がどこかに埋まっているという噂が流れ、あちこち掘り返されたこともあったようですが、そういう宝さがしのあとではないでしょう。

El_c4tavuairh6v

沢には黄鉄鉱、黄銅鉱を含む石が多く(目に見えるような自形結晶はない)、その周辺では今ではかけらも見つからない鎌田鉱山はこんな感じだったんじゃないか、と思わされます。

鎌田鉱山も、すごい金の含有率だったという話もあり、黄鉄鉱黄銅鉱しか出なかったという証言もあったり、何だか謎です。今も、土砂に埋もれつつある塞がれた坑道口が見られますが、ズリらしきものはまったくありません。森林軌道沿いにあったので、すべて軌道で運び出してしまったのかも?

 

写真の石ですが、多分、鍾乳石状になった方解石ではないかと思うのですが、どうでしょうね。。。

玉髄もこんな形になることもあるらしいし、沸石も丹沢に多いですが、ちょっと違うっぽいし、沢の流れたあとが真っ白になっているのは、石灰岩が多いためかもしれないと考えると、方解石のような気がします。

顕微鏡でしか見えないような小さなものは、硬さも調べられないし、薬品を使ったりしたらすべて溶けて消えそうなので、なかなか調べようがありませんね。