最近のトラックバック

無料ブログはココログ

○山梨県

2021年8月19日 (木)

自然金(山梨県大月市大月町本沢鉱山)

Gold Au 元素鉱物

 

Gold_honzawam_01

Gold_honzawam_02

Gold_honzawam_03

 

本沢鉱山で見つけた自然金です。母岩は石英。1枚目の写真、ちょっとへこんでますが、金がどうか調べるために針でつついたのですw 金は非常に展性(圧力をかけても破壊されず薄く広がる性質のこと)が大きく、箔状に広がります。色が似ている黄鉄鉱などは、つつくと粉々になってしまうので、この性質ですぐに判断ができます。

金と一緒になっているちょっと黒っぽい金属光沢部分は、金と共生することの多いホセ鉱(Joseite)ではないかと思います。ホセ鉱はビスマス、テルルと硫黄からなる鉱物で、組成のわずかな違いで、ホセ鉱A(Bi4TeS2)、ホセ鉱B(Bi4Te2S)などがありますが、肉眼では違いは分からないそうです(比較観察したことはない)。本沢鉱山ではホセ鉱Aの産出が報告されていますが、自分では判断できません。

本沢鉱山も、石英質の石は少なくなっていますが、それでもまだこんな自然金が見つかるもんなんですねぇ。小さなかけらですが、鏡下ではあちこちに金色の輝きを見ることができます。まああまり人も来ないんでしょうね。秩父鉱山やら甲武信鉱山では、あちこちで石を割ったあとや、ルーペやハンマーの忘れ物があったりしますが、ここではそういう痕跡を見たことがありません。結構行きやすいところだし、蒼鉛やテルルといった、結構珍しい成分の鉱物もあります。石英質の石を割ると、強い硫黄臭がします。

もともと金を採掘していた鉱山なので、あってもおかしくないのですが、やっぱり金は他の鉱物と比べても特別感があり、うれしいですね。非常にちっちゃいですけど。

昭和17(1942)~18(1943)年という短期間、沢沿いの露天掘りで採掘していたらしいですが、戦争中の物資かき集めといった感じだったんでしょうか? 現地では鉱山であったという痕跡も全然見当たらないし、詳しいことがわからないので、何ともいえませんが。

 

化学記号のAuの語源は、ラテン語の金を意味するaurumから。「光り輝くもの」の意味だそうで、オーラとかオーロラも同起源の言葉です。現代では、フランス語のOr、イタリア語のOroがこの系統ですね。

英語のGoldの語源は、ネットで検索するとサンスクリット語のjvalita(輝くの意)からきているらしいとありますが、どこがどうなって語源なのか、全然わかりませんw

漢字の「金」は、鋳型の形で表現されていて、もともと金属・鉱石全般(特に銅)を表す漢字だったようです。中国の殷、周・春秋戦国時代のころの、青銅器に鋳込まれたり刻まれたりした文字のことを金文といいますが、この「金」とはつまり青銅器のこと。Goldを金としたのは、もっと後の時代のことのようです。金文では「金」の下部が「土」である表記と「火」の表記の二種類があります。「土」というのは地面から掘り出した鉱石という意味でしょう。「火」というのは、火によって錬成され鋳込まれたものであるという意味ですね。金文より古い甲骨文字では「火」の表記となっていて、はるか昔から、鉱石の溶錬が行われていたことがわかります。

 

基本こういうのはネットで検索することがほとんどです。本は重いし、持ち出すのが面倒だし、引っ越しなどでさんざん苦労したので、できるだけ増やさないようにしていて、もうネットか電子ブックで十分かな? 最近買った本は鉱物関係しかないなw

でも、現在大流行りの新コロ騒動(新型コロナウイルス感染症をめぐる出来事をかわいく、わざと矮小化してそう記していますw)で、あらゆるメディアの信頼性が地に落ちたなあと感じているんですよね。いや違うな、最初から信じてなかったけど、もはや情報そのものが害毒でしかないレベルになってしまった、というか。新聞テレビはもちろんネットも、特に新コロに関してはひとかけらも信用してはいけないんじゃないか。新聞テレビというのは政治、宗教、営利活動の入り混じったもので、もともと公平公正なジャーナリズムなんてのは矛盾でしかないのですが、ネットもたいがいだな、と。。。

お盆に帰省したら家族に感染して次の日に発症してしまいました、なんていう思わず笑ってしまうようなお話が、まじめにテレビやらネットで語られているのを見ると、時間の経過にできるだけ耐えられるように苦心して作られている分、書籍のほうがまだましかなあと思えてきます。。。。まあでも出版社によっては校正をほぼ著者だけにまかせっきりなんてところもあるんですけどね。校正って一番その重要性が見えにくく、削られやすい部分で、しかも一番書籍の価値に直結している作業なのです。

とにかくこの新コロ騒動のおかげで、いろんなことが見えてきたような気がします。

2021年8月12日 (木)

硫砒銅鉱(山梨県北杜市増富鉱山)

Enargite Cu3AsS4 硫化鉱物

 

Enargite_masutomim_01

Enargite_masutomim_02

Enargite_masutomim_03

 

角柱状、あるいは板状の硫砒銅鉱の結晶。ここの硫砒銅鉱は、真っ白い変質した珪岩に埋め込まれるようになっていることが多いみたいですが、これは石英の小さな晶洞の中にぎっしりとつまった状態です。場所によって若干色合いというか輝きが違いますね。同じ石には黄色い硫黄と思われる部分も見られるように、銅と砒素と硫黄の化学式をもちます。

日本ではそれほど多く産出しない鉱物ですが、南北米あたりでは銅の鉱石として採掘対象になるくらいに多いようです。

英語のEnargiteはギリシャ語のέναργής(enarge:明確)から。はっきりとした劈開が由来。

 

採集場所は、銅藍の産地として有名な山梨県の増富鉱山。増富ラジウム温泉の奥にあり、金峰山、瑞牆山の登山口で知られる瑞牆山荘の近く、クリスタルライン沿いにあります。川沿いに鉱山の施設あとと思われる石組などが点在した広場があって、あまり石は転がっていないんですが、時々石英の塊があって、それを割ってみたところ、現れました。

花崗岩中の低温型生成鉱脈ですが、ここの硫砒銅鉱にはゲルマニウムが特に多く、他にはタリウム、アンチモン、モリブデン、錫、タングステン等々が含まれているらしく、かなり特殊な鉱床のようです。

「おそらく、かなり高温の鉱液より、気相中に分離濃縮した諸成分が、花崗岩中の裂罅中に、低温に冷却後、鉱床として沈殿したものであろう」(「地質調査所報告 第208号 硫化金属鉱鉱床に伴なう地球化学的研究」地質調査所、昭和39年11月、p.23)

 

もともと増富鉱山が目的だったわけでなく、急にすぐそばを通ることになったため、そういえばこのあたりに銅藍が採れるところがあったなあと思って訪れました。だから事前にきちんと調べていたわけでなく、なんとなくこのあたりといううろ覚えの情報をたよって、川沿いのちょっと怪しげな(鉱山跡っぽい)ところでちょっとだけ探してみました。すぐそばには金山という地名もあり、例によって信玄がらみかーと思いつつ川に出てみると、まっ茶色に焼けた岩からあちこち水が湧いていて、もう絶対なんかあるだろ、といった風情。

結局銅藍はなかったのですが(帰ってから調べたら、ポイントはちょっと違う場所だった。。。)、いくつか怪しげな石を見つけることができました。硫砒銅鉱は全然意識になかったので、家に帰ってから見つけてびっくりです。現地では小雨で暗くて、ルーペではよく見えなかったし。

ということで、また来ないといけない場所ができてしまった。クリスタルラインと増富ラジウムラインの三叉路のあたりも、なんか非常に探しがいのありそうな雰囲気でしたし。

ラジウムラインの渓谷は、巨大な花崗岩がごろごろしていて(瑞牆山の岩と同じやつかな)、なかなか楽しいところですね。

 

2021年8月 2日 (月)

褐簾石(山梨県甲州市大菩薩峠)

Allanite-(Ce) CaCe(Al2Fe2+)[Si2O7][SiO4]O(OH) 珪酸塩鉱物

 

Allanitece_daibosatsu_01

Allanitece_daibosatsu_02

 

有名な、大菩薩峠近くの褐簾石です。

モース硬度5.5~6と硬いのだけれども、かなりもろいですね。もっときれいな結晶もあったのですが、母岩が大きかったのでちょっと割って小さくしようとかなり優しく叩いたら、気づいたらどっかに飛んで行ってしまってました。。。(あるある)

山中ではあってもアプローチがしやすい産地で、人はかなり入っているようで、結局見つけられた一番きれいなのが写真のもの。露頭はどこだかわかりませんでした。ハンマーやルーペの忘れ物もあった。

この産地は駐車場から大菩薩峠に登る途中の沢ですが、石丸峠に向かう登山道途中の沢でもちょくちょくペグマタイトは散見されたので、探せば他にも何か所かあるんでしょう。

褐簾石のほかには、うっすらと緑~青がかったような長石があって、これがなかなかきれいです。アマゾナイトというほどのものではないけれど、時々ふもとの裂石あたりでも見つかるのと同じものかな。

褐簾石は名前のとおり緑簾石の仲間で、レアアース(希土類元素)を多く含んでいます。化学式の(Ce)とは、レアアースのセリウムのことです。ほかにはランタン(La)、ネオジム(Nd)、イットリウム(Y)などの種類がありますが、日本で産出する褐簾石のほとんどはセリウムを含む、Allanite-(Ce)です。ここの褐簾石もセリウム褐簾石であるといいます。

2013(平成25)年に日本の伊勢で発見され承認された新鉱物として、褐簾石の仲間のランタンバナジウム褐簾石(Vanadoallanite-(La))があります。太平洋日本近海の海底にはレアアースが大量に存在するらしいのですが、それが何百、何千万年かけて日本に付加した結果の姿が、このランタンバナジウム褐簾石ということになりますね。

 

大菩薩峠はハイキングでも「超」のつく人気の場所なので、人出、駐車場の混み方も超一級です(冬は林道が閉鎖されるので、かなり長い距離を歩かないといけません。人が少なくていいかも?)。大菩薩峠自体は特に面白い峠でもないけれど(中里介山の小説『大菩薩峠』を読んだことのある人っているの?w)、個人的には、人ががくんと減る石丸峠がおすすめです。石丸峠から南の小金沢山、黒岳周辺は、奥秩父を思わせる森、開けて気持ちの良い草原と、お気に入りの山域。鉱物的にも、本沢鉱山、湯の沢鉱山などがあって、興味深いですね。ローマ字にすると日本でもっとも長い名前であるらしい牛奥ノ雁ヶ腹摺山(Ushiokunogangaharazuriyama)もここです。さらに南に下れば、笹子峠を通って御坂山地。

大菩薩嶺から北に向かえば、柳沢峠、黒川鶏冠山と、鉱物がらみで知られた地域。さらに北に向かうと笠取山、雁峠(「雁」のつく地名が多いいですよねぇ、このへん)。その途中にある石保戸山は、名前的には昔は鉱山等があったのではないかという気もするのですが、どうなんでしょうか(石保戸山とは金銀鉱石を産む山という意味ではないかと思う)。

この周辺すべて、もっと南の御坂から甲武信岳周辺まで、甲府の花崗岩体が続いていて、山としても魅力的な、山梨でもっとも興味深い地域です(昇仙峡とか乙女鉱山とかその辺は、自分にとって存在しないも同然なので、興味なし)。

 

Ishimarutoge_01

石丸峠付近から、小金沢山と富士山。左はしは雁ヶ腹摺山。

 

2021年6月 1日 (火)

くさび石(チタン石)(山梨県道志村道志川流域)

Sphene(Titanite) CaTi(SiO4)O 珪酸塩鉱物

 

Titanite_doshi_01

Titanite_doshi_02

Titanite_doshi_03

 

以前取り上げた道志の長石(長石類(山梨県道志村道志川流域))にくっついていた、小さいけれども美しい結晶。最初に見つけた時は、かなりインパクトがあるその姿に、思わず声が出ました。

よく探すと、あちこちに点在しています。きれいな形の結晶だけど一体なんだろうとちょっと悩みました。1枚目のきれいな形の結晶は、デジタル鉱物図鑑の神奈川山北産の写真とほぼ同じ形。この写真のおかげで、はっきりとくさび石であると確定することができました。色は緑よりの褐色。くさび型が短く寸づまったようなかわいらしい形で、普通のくさび石がとんがってツンツンしてるのと比べるとまろやかな感じで、ちょっと天然ドジっ娘風味を感じます(何を言っているのかわからない)。

輝きが強いし、一瞬、もしかして道志にトパズが? とか夢を見かけましたw 色もなんかそれっぽいですよねぇ。表面についている黒緑は、緑泥石だろうと思います。

2枚目の写真は、角がシャープな結晶が3つ並んでいて、水晶よりも輝きが強く、なかなか目を引く様子です。3枚目の右のものは、確かにくさびのような形ですね。左の結晶は水晶かな? 色合いから、こちらもくさび石のような気もしますが、よくわからない。

以前やはり道志(今回とは違うポイントの産)の長石の上に、石英や緑簾石ではない黄色っぽい透明な結晶がついているのを見て、これはなんだろうと思った記憶がありますが、それもどうやらくさび石だったようです。どうやら道志では割と見られるもよう。

くさび石(スフェーン:Sphene )は、ギリシャ語のσφήνα(sphina)が語源で、シンプルに楔(くさび)のような形からきた名称です。チタン石も、単純にチタンを含んでいるという程度の意味でしょう。モース硬度は5~5.5でそんなに硬いわけではないですが、屈折率が高く、透明度が高いものはダイヤモンドのような輝きがあるために、宝石としても扱われます。一瞬トパズかと思ったのも、この光沢のせいかな? 宝石としては、スフェーンと呼ばれることが多いようです。ただ、立派なものは別として、存在自体はそれほど珍しいものではなく、スカルンやペグマタイトでは割とありふれた鉱物です。

チタンは、地殻中の金属元素としてはアルミニウム、鉄、マグネシウムに次いで多いと考えられていますが、利用できる形で取り出すのが難しいため、人間がチタンを金属として使いだした歴史はそんなに長くありません。チタン鉱石として使われるのはチタン鉄鉱やルチルで、最初にチタン元素が報告されチタンと命名されたのも、この二つの鉱物からでした(1795年、プロイセンのマルティン・ハインリヒ・クラプロートによる)。ギリシャ神話のティーターン(神々により地底に封じ込められた)から命名されました。なかなかいい名前ですが、くさび石のほうがわかりやすいかな?

 

2021年5月 5日 (水)

長石類(山梨県道志村道志川流域)(丹沢の地名について1)

Feldspar  珪酸塩鉱物

微斜長石? Microcline K(AlSi3O8) 珪酸塩鉱物

 

Plagioclase_doshi_01

Plagioclase_doshi_03

Plagioclase_doshi_02

 

燐灰石(山梨県道志村道志川流域)と同じ場所で見つけたもの。

結局のところ、ここの長石はなんなんでしょうか。

微斜長石という話を聞いたことがあるのですが、はっきりとしないので、とりあえずタイトルは長石類ということにしておきました。

真ん中に穴があいたような面白い形が目立つ結晶群です。多分双晶を繰り返した結果だと思うのですが、なにやらえらく複雑なパズルのようになっていて、よくわかりません。この辺ではきれいな長石はよく見かけるのですが(林道上に普通に転がったりしている)、こういうのは初めて見ました。

長石の他に、緑泥石、緑簾石、石英(水晶)、あとなんだかよくわからない褐色透明の結晶がついています。

 

以下、マニアックすぎる丹沢の地名のお話。

丹沢には「水晶」のつく地名がいくつかあります。リストにしてみました。すべてが古くからの名称であるとは限らないと思います。小川谷(仲の沢)のような、登山者による愛称、通称みたいなものもあるかも。

〇山
1 水晶沢ノ頭(1278m、白石峠南)

〇沢
2 水晶沢(玄倉川・檜洞沢支流)
3 水晶沢(中川・モロクボ沢支流)
4 水晶沢(世附川・大又沢支流)
5 水晶崩レノ沢(早戸川支流)

〇尾根
6 水晶ノ尾根(蛭ヶ岳北東)
7 水晶カ尾根(室久保川流域)

〇その他
8 水晶平(臼ヶ岳南尾根)
9 水晶橋(三ヶ瀬川東沢)

 

2の水晶沢は、水晶や燐灰石で有名だった沢ですね。今では露頭は崩れてなくなってしまったそうですが、またあらわれる可能性もあります。沢は生き物ですから。でも玄倉林道は長く通行止めになっていて、現在(2021.5)、松田町の寄(やどろぎ)から雨山峠越えがユーシンへの正規の最短ルートです。ふざけた遠さです。通行止めになる前、急にユーシン付近がハイキングの人で賑わうようになってびっくりしたことがありましたが、今では静けさを取り戻していることでしょう。

8の水晶平は、2の水晶沢のすぐそば、ユーシン沢ー檜洞沢の左岸尾根にあたります。名前の由来に関してはわかりませんが、もしかしたら昔水晶が出たのかな? 場所からいって、可能性はありそうですが。。。それとも愛称かな?

5の水晶崩レノ沢の右岸尾根が、6の水晶ノ尾根に該当します。蛭ヶ岳の北東、早戸川の最上流域です。由来はわからず。これも愛称かな?

1の水晶沢ノ頭から神奈川側のモロクボ沢に流下するのが、3の水晶沢。普通に考えれば、沢名から山名がついたということになりますが(「~沢ノ頭」とはその沢の源流のピークという意味)、ここで水晶が出たという話は聞いたことはありません。神奈川側からはとても行きにくい沢です。大きなモロクボ大滝を越えて沢登りしないと、たどり着けません。神奈川側の沢名が山名の由来なのは、ちょっと違和感もありますね。でも水晶沢ノ頭の山梨側(室久保川)には、水晶が出るポイント、水晶を掘ったような跡が残っているところがあります(ペグマタイトだけでなく、場所によっては若干のスカルン鉱物も見られる)。

室久保川流域にあるという7の水晶カ尾根がどこなのか分からないのですが(明治初年のころには水晶を採掘していたそうです〈『道志手帖』Autumn 2018 no.21〉)、自分が思うに水晶沢ノ頭から出ているいくつかの尾根のどれかではなかろうか。むしろ、その尾根から山の名前として山梨側で「水晶ヶ尾山」というような名前がついて、逆にそこから神奈川側で水晶沢という名前がつけられ、現在の水晶沢ノ頭という山名になったのかもしれません。この周辺は、甲斐と相州側で、いろいろこんがらがってしまう地域ですし。。。昔はこのあたりは全部まとめておおざっぱに諸窪山といわれていたと思われます。ちなみに水晶沢ノ頭は、ピークともいえないような、単なる稜線のちょっとした高みにすぎません。

4の大又沢の水晶沢も、場所、名称がちょっとあやふやです。基本的には現在では下の地図のようになっています。

Omatasawamap

(クリックで拡大)
出典:関東森林管理局Webサイト、施業実施計画図(2万分の1) 神奈川4-2地図(林班図)に筆者追記(文字・赤線)
(https://www.rinya.maff.go.jp/kanto/attach/pdf/R20700_keikaku_zumen-144.pdf)

 

このあたりには奥野歩道という道が通っていたのですが(現在は廃道)、以前は東海自然歩道に選定されていたことがあります(1992年まで)。そのころの道標や痕跡がところどころまだ残っていて、水晶沢の隣の戸沢(バケモノ沢)と呼ばれている沢に「水昌沢」という表示がされています。登山者の間ではこの道標は名前も場所も間違っているという認識がほとんどですが、本当にそうなのかな?

この認識は、おそらく松田警察のサイトで以前見ることができた「西丹沢頂稜河川土地名称図」(およびそれをもとにした「西丹沢登山詳細図」)をその根拠としているのだと思います(ちなみに林班図では水晶沢も戸沢も表示はなくバケモノ沢とだけ書いてある。地理院の地形図では下流に大又沢としか書いていない。)。城ヶ尾峠にある環境庁・神奈川県の地図も基本これに沿ったもので、違うのは「水昌沢」の道標だけです。まあこれでは間違っていると思われても仕方ない状況ですが。。。(ちなみに東海自然歩道は開始当初は厚生省、1971年から環境庁・環境省の管轄)。

Ohtakitogekami_map

今も残っている大滝峠上にある東海自然歩道ルート変更のお知らせ。同じものは城ヶ尾峠にもある。

 

神奈川県は、東海自然歩道には相当手間とお金をかけているように思います。他の資料と違うからと、簡単に「水昌沢」という標識を間違いだと決めつけていいものかどうか。なぜわざわざ「水昌」? 単なるミスってありえなくないですか? 場所の間違いはともかく、どうやったら何の意味ももたない「水昌」と間違えて道標を作成するのか、その経緯がまったく思いつかない。。。名前も場所もなにかしらの根拠があったからあえてこの表示にした、と考えることもできます。

ちなみに、水晶沢はちょっとだけ見に行ったことがありますが、ペグマタイトの痕跡は見つけることはできませんでした(下から上まで歩いたわけではない)。昔はペグマタイトの露頭があったのかもしれません。位置的にも戸沢(水昌沢)、バケモノ沢、あるいは赤沢のほうが、甲相国境尾根、道志のペグマタイト点在地域により近く、水晶がありそうな気がします。実際、上流に行くほど、粗粒のトーナル岩が目立って増えてきます。。(ちなみに、シキリ沢や白水沢では小さな水晶を見たことがあります)。

あと、バケモノ沢は、何かを隠そうとして人が近寄らないようにこんな名前がつけられたという噂は聞いたことがw

まだ地蔵平に集落があったころ、そこの子どもたちは水晶沢で水晶を拾って遊んだ、というような記述を以前見た気もするんですが、ネット上に以前あった江戸時代の菰釣山国境紛争や地蔵平についての詳しい記録のページはすでに消滅してしまいました。それを読んだ当時は、まだ鉱物に特に興味なかったからなぁ。。。保存しておけばよかったよ。。。誰か保存してませんか?

ちなみに、このすぐ近く、奥野歩道の先には、武田信玄が小田原を攻めた際に軍営を張ったとされる「信玄平」があります(この場所も文献を見るとちょっとあやしい)。信玄平は甲斐から相模への丹沢山中を抜ける間道・サカセ古道の途中にあります。古くは鎌倉で敗れ甲斐に逃げた新田義興も砦を建てたといわれる歴史ある道です(城ヶ尾の「城」はこのことを指すらしい)。

信玄の通るところ、金銀水晶ありですよw ここを通ったのも、金や水晶の下見を兼ねてたのかも?

 

Suishozawa_01Suishozawa_02

左:大又沢上流の水晶沢。3段20m棚。この上にはまだ行ったことないのだ。巻けるの? 右:戸沢にある「水昌沢」の道標。

 

2021年3月30日 (火)

燐灰石(山梨県道志村道志川流域)

Apatite (Ca,Ba,Pb,Sr,et9.)5(PO4,CO3)3(F,Cl,OH) 燐酸塩鉱物等

 

Apatite_doshi_01

 

道志川流域、丹沢側のペグマタイトで採集したものです(ちなみに今回の写真はすべて顕微鏡写真ではありません)。長石、石英(水晶)、緑泥石の中に、六角柱状の結晶が見えます。

最初見つけた時は、とてもシャープな結晶でおおっと思ったのですが、特に深く考えずまあ長石だろうと。。。今回採集したポイントは長石(斜長石?)が非常に豊富だったので。現地ではルーペしかないし、探すのに夢中で、そんなによく観察できないですよね。ね?

でも家に帰ってから見ていて、何となく表面の雰囲気も違うし(真っ白ではない)、ちょっと中身は緑が入ってるし、六角柱状だし、長石じゃないんじゃないの、なんだろうと思っていたのです。

試しにUV(長波:365nm)を当ててみたらびっくり、きれいな強いオレンジ色で光りました。

 

Apatite_doshi_02

 

ということで、いろいろ考えて、燐灰石ではないかと思ったのですがどうでしょうか。今まで燐灰石を拾ってきちんと見たことがないので不安ではありますが、多分当たっているのではないかと。(ところで薄紫に光っているところがあちこちにありますが、長石の蛍光でしょうか。あるいは通常光が混じっていてそれが照らしているだけ?)

燐灰石は、フッ素燐灰石、水酸燐灰石、塩素燐灰石の3種類ありますが、どれかは分かりません。一番ありふれたフッ素燐灰石が可能性としてはもっとも高いのかもしれません。ちなみに同じ丹沢の玄倉・水晶沢で産出することで有名だったのは、塩素燐灰石です。道志のポイントも水晶沢も、同じ丹沢中央部のトーナル岩地帯ですが、それだけでは決められませんね。水晶沢のある同角の頭付近は、銅を中心とした硫化鉱物も出るし、モリブデン鉱もあるらしい特殊なところですし。

でも、道志のペグマタイトで燐灰石が出るという話は聞いたことがなかったですね。燐灰石は「ほぼあらゆる産状で出る最もふつうのリン酸塩鉱物」(松原聰他『図説 鉱物の博物学』秀和システム、2016年)だそうですが。。。

 

ちょっと久々の丹沢でしたが、やっぱりここは家に帰ってきたみたいに、心が落ち着きます。東、西、北とちょっと雰囲気は違いますが、他の山域のような「よそ行き」という感じがなく、人の踏み込んだ気配のない沢とかでもなんとなく安心できるんですよね。

子どものころ、まれに山の中で周囲から強い視線を感じることがありましたが、それが山の神さまだったと知ったのは、大人になって佐藤芝明『丹沢・桂秋山域の山の神々』でそっくり同じ経験が書かれているのを読んでからです。自分を超えた存在を感じると、それはどうも「恐怖」という感情の形をとるしかないようで、非常に恐ろしい経験なのですが、それが敵意ではないことは分かる。

ヨーロッパでもそういうことはあるらしく、日本の山の神さまに対応するのは、「パン(牧神)」です。オーストリアの作曲家・マーラーの妻が書いた伝記に、森の中の作曲小屋から蒼い顔で逃げてきたマーラーが、「パンに見つめられた」と言ったという話が出てきたと記憶しますが、それも同じ経験だろうと思います。

自分は宗教は敬して遠ざけるタイプの人間で霊感などもゼロですが、実のところ、今でも丹沢で感じることはたまーにあるんですよね。何だかよくわからないけれど、見られてる感がある。自分は赤ん坊のころから丹沢に連れて行かれていたので、向こうもちょっとは気にしてるんじゃないか、と思ったりします(子どものころの話はマンガンパンペリー石の項でも書きましたが)。

こんなことを書くと変なやつだと思われるかもしれませんが、まあ別にいいやw こういうのは、経験した人と言葉でしか知らない人では、理解しあえることはないと思っているので。。。人が五感でしか外の世界を認識しえない以上、もしそれが錯覚や幻聴であったとしても、それはその人にとっては真の経験であることに違いはなく、旅行したり本を読んだり音楽を聴いたりするのと同じく、その人の世界を形作るものだと思います。

 

Doshi_01

道志のペグマタイトの沢。

 

2021年2月 8日 (月)

ブーランジェ鉱(山梨県甲州市黄金沢鉱山)

Boulangerite Pb5Sb4S11 硫化鉱物

 

Boulangerite_koganezawam_01

Boulangerite_koganezawam_03

Boulangerite_koganezawam_02

 

細かい毛状の部分がブーランジェ鉱だと思います。一部、水晶の中にも取り込まれているように見えます。

黄金沢鉱山で産出する毛状の金属鉱物といえば、ブーランジェ鉱と毛鉱の二種類がありますが、ブーランジェ鉱と毛鉱はとても似た鉱物で、どちらも鉛(Pb)とアンチモン(Sb)と硫黄(S)を主要成分とした、硫化鉱物です(毛鉱はPb4FeSb6S14)。

これをブーランジェ鉱と判断したのは。。。

まず、TrekGEOの黄金沢鉱山の産出鉱物リスト(https://trekgeo.net/m/0ymn.htm)を見ると、ブーランジェ鉱は載っておらず、毛鉱だけが挙げられています(すぐそばの鈴庫鉱山には、逆に毛鉱が載っておらず、ブーランジェ鉱があげられている)。けれども、同じサイト内の、「日本のブーランジェ鉱の産地」リストの2012年には黄金沢鉱山がでていますので、両方とも産出が確認されていることがわかりました。

松原聰著『鉱物観察ガイド』(東海大学出版会、2008年)の鈴庫鉱山の項内(p.137)に、ちょうど「ブーランジェ鉱と毛鉱」というコラムがあります。それによると、両者は実はスケールがかなり違い、どちらかというとブーランジェ鉱のほうが毛のように細くて、毛鉱のほうがずっと大きく針状であるらしい。

さらに、方鉛鉱があるような鉛の多い環境ではブーランジェ鉱が多く、黄鉄鉱やアンチモン鉱物の多い環境では毛鉱が多いという傾向がみられるそうです。化学式を見ると、ブーランジェ鉱の成分は硫黄>鉛>アンチモン、毛鉱の成分は硫黄>アンチモン>鉛>鉄であることが分かりますね。

写真の右側の大きな光っている金属は方鉛鉱で、その周囲と中にも毛状の鉱物があるので、これはブーランジェ鉱だろう、と判断したわけです。もちろん、あくまでそういった傾向がみられるとのことなので、時には方鉛鉱のそばに毛鉱がついてることだってあるでしょうけど、見た目だけで判断するのは困難らしいので、まあとりあえずはブーランジェ鉱ということにしておいていいのではないでしょうか(適当)。

 

ブーランジェ鉱は、1837年、ノルウェーの化学者タウロウ(Moritz Christian Julius Thaulow: 1812-1850)によって、この鉱物の分析をしたフランスの鉱山技師シャルル・ブーランジェ(Charles Louis Boulanger: 1810–1849)にちなんで命名されました。

アンチモン系の鉱物は、輝安鉱にしてもベルチェ鉱にしても、金属のくせに針状・毛状になることが多いのはなんででしょうね。見た目が面白いので、見つけるとすごくわくわくします。まだ見つけたことのない毛鉱も探してみたいですね。

 

2020年12月12日 (土)

洋紅石(山梨県甲州市黄金沢鉱山)※

Carminite PbFe3+2(AsO4)2(OH)2 燐酸塩鉱物等

 

Carminite_koganezawam_02

Carminite_koganezawam_03

 

竹森・黄金沢鉱山の洋紅石です。

名前の由来にもなったカーマイン・レッド、赤褐色がとてもきれいな砒素、鉛系の二次鉱物ですが、黄金沢鉱山の石は色とりどりで、結晶も非常に小さいし稀少なので、見つけるのはなかなか大変です。最初上のズリのことを知らなかったこともあったけれど、4度目の訪問の際にようやく見つけました。

亀裂の奥の方には放射状の結晶群がありそうですが、怖いので割れませんねw

この鉱物があるのはごく狭い範囲のズリで、転がる石もほとんどが小さく割られていて、これまでずいぶん多くの人が訪れたのだなとわかります。その小さな石をさらに細かく割って探します。こういうちまちました採集も、それはそれで楽しいものです。

 

洋紅石の和名もカーマイン・レッドからの直訳ですが、西洋から伝わった紅ということですね。

カーマイン(carmine)の語源はラテン語のカルミヌス(Carminus)で、さらに辿ればアラビア語のキルミツ(qirmiz: قرمز))に由来するそうです。クリムゾンの語源も同じキルミツ(クリムゾンといえば、King Crimson→「レッド」と、やっぱり赤系統で連想が広がります。「レッド」は、個人的ロック名盤四天王のうちの1枚。ちなみにロック名盤四天王は30枚ほどありますw)。キルミツは虫(虫が作る)という意味で、これは紅色をカイガラムシから抽出していたためです。

さらにキルミツの語源を辿ると、サンスクリット語の कृमिज (kṛmi-ja)だそうです。この言葉の変遷を見ていると、古代からの文明の変遷が見えてくるようです。この言葉はそこから東のほうには伝わらなかったのでしょうか。そこから東は紅は植物からとる文化圏だったとか?

 

音楽でいうと、ギターという楽器のもとはリュートですが、そのさらにもとは、西アジアのウード、さらに辿ると、メソポタミア時代のバルバットという楽器に行き当たるのですが、これが東のほうに伝わっていくと、中国の琵琶、そして日本の琵琶にまでつながってくる。それぞれ伝わった先でその地域に適応して進化を遂げていくので、かなり錯綜としているのですが、琵琶とギターがつながっているのはすごいことですね。大抵は進化したものだけが残って、古いものは消えてしまうのですが、日本では多分一番古い雅楽の楽琵琶、そこから派生した平家、薩摩、筑前、五弦などの琵琶すべてが残ってるのが不思議。正倉院のラクダの絵がついている螺鈿紫檀琵琶など、まさに古代のロマンのかたまりみたいなものです。

こういうギター型の弦楽器というのは、ネックが長いもの、短いものや、ヘッドがまっすぐなもの、曲がっているものといったように色々あって、どの系統とか簡単に判断できません(インドのシタール・ヴィーナとか、ギリシャのブズーキなどのネックが長い弦楽器は別系統なのか? とかそういうこと)。調弦の仕方なども、楽器の使用法で変わってしまいます(ブズーキは、ギリシャの伝統的な調弦だとADADだが、現代的な調弦だとギターのように全部4度の関係であわせる。これは、演奏する音楽そのものがモノフォニックか、ポリフォニックかという違いで、旋律楽器か、和声楽器か、というふうに使用法が変わってくるためだと思います)。楽器は伝わっても、音は伝わりにくいということもあります。ものだけでなく、人が移動しなければならないし、音楽が伝わったとしても、それがいまいち趣味に合わなければ、あっという間に忘れられてしまいますからね。

何か鉱物というか音楽の話になってしまいましたが、これは自分が影響を受けた人四天王のひとりが、比較音楽の小泉文夫氏だからです(ちなみに影響を受けた人四天王は30人ほどいますw) 。

 

言葉とか、楽器(音楽)を見ていくと、古代から世界はきちんとつながっていたのだなぁと実感します。そして、地域ごとの差・違いこそが、ものごとを動かす原動力なのだなとも感じます。文化の熱力学ですねw

 


2021/1/13追記

ようやく洋紅石の満足できる標本を見つけました。かなり広い範囲で球状集合が見られます。小さいけれど、ルーペで見ても、その美しさはちょっと特別ですね。あらゆる鉱物の中でも、美しさという点で、一、二を争うのではないでしょうか。真っ赤なところと、ちょっと色が薄目のところがあるのですが、どちらもいいなあ。

小さくて明瞭に撮影できないのが残念。追加1枚目の青い部分は、スコロド石だと思います。

 

Carminite_koganezawam_06

Carminite_koganezawam_05

2020年11月14日 (土)

溶岩樹形(山梨県南都留郡鳴沢村)

Youganjukei_kooriike_01

Youganjukei_kooriike_02

 

富士山北西麓、側火山地帯の溶岩樹形です。

火山が噴火して森の中に溶岩が流れ樹木を包み込むと、中の木はほぼ燃え尽きてしまいますが、溶岩が固まるまで消えずにがんばると、樹木の形が溶岩に残ります。それが溶岩樹形です。さらさらした川のように流れる溶岩でないとできないので、そのような粘度の低い溶岩のあまり多くない日本では結構珍しいのです。富士山や浅間山で見られますが、特に富士山周辺では多く残っています。

国の特別天然記念物にもなっている、観光などで見ることができる鳴沢の溶岩樹形は、貞観の噴火(864年)でできたものです。この噴火の際には、主に天神峠近くの氷穴火口列、長尾山(貞観の噴火でできた山)、大室山の北、本栖第2風穴のすぐそばにある石塚火口(地形図の1198峰)などから膨大な量の溶岩が流れました。いわゆる青木ヶ原樹海を作り出した溶岩流ですね。この時の溶岩樹形は、野尻草原周辺(下の地図の左上のまっ平らなところの一部が草原になっている)でも多く見ることができます。

上の写真の溶岩樹形は、貞観の噴火ではなくそれより以前、約1500年前頃に噴火したといわれる白大龍王・氷池溶岩流によるものです。

 

Kooriike_03

 

氷池は、大室山よりさらに富士山に近いところにある、二つ並んだ噴火口です。山というより、富士山の斜面にあいた大きな穴といった感じで、巨大な岩がごろごろした底は夏でもひんやりとしています。写真の溶岩樹形はその氷池の南西斜面にあり、場所的に多分南の穴からの溶岩流でできたものかと思います。

特に1枚目の写真の穴は直径3mはある巨大なもので、自分が今まで見た溶岩樹形の中でもとびぬけて大きいです。噴火した時、かなりの大木だったんだろうなあ。見てみたかった。その時に全部燃え尽きてしまったのか、あるいは、しばらく裸の溶岩流あとにこの木だけ1本燃え残りが立っていたかもしれない。。。水気たっぷりのこれだけ大きな木だったら、そう簡単に全部燃えてなくならないんじゃないか。。。などと想像したり。

氷池の西側斜面は溶岩樹形が広い範囲で点在していて、歩くのが楽しいところです(植林されているところも多いが)。地形図には氷池の北にふらふらと道が描いてありますが、昨年(2019年)の台風のせいなのか、倒木が激しく、道がとても分かりづらくなっています。もともと氷池まではそんなに悩むようなところではなかったのに、台風のあとに行ったら、道筋をたどるのにかなり苦労しました。行く際はご注意を。まあこんなところに行く人だったら地形図とGPSをたよりにするでしょうから、「道に迷う」という状況はないでしょうけどねw

ちなみに自分は大室山の南で木に登っていたクマと会ったことがあります。食べ物を探すのに夢中だったのか、あわてて逃げていきました。西や南から大室山に登る人はあまりいないと思うけど、こっちがわは動物臭がとても強いので、気をつけたほうがいいかも。

 

上の地図にある山は、すべて側火山です。一度に噴火したものでなく、何百何千年かの休止期間をはさみ、何度も噴火を繰り返したという経過が記録された興味深い地形です。大抵割れ目に沿って数か所から噴火するので、火口が直線的に連なっていることが多いようです。その直線はほぼ、南東-北西のラインとなっています。

最近、富士山がもし噴火したら東京に火山灰が降って云々などとネットでよく見かけますが、これは前回の宝永噴火と同じ状況になったら、という仮定の上で予想された話。けれども、富士山では連続して同じ場所から同じような噴火が起こった例はほとんどないんじゃなかろうか。貞観の噴火は溶岩による被害がメインの噴火だったようだけれど、宝永の噴火では被害のほとんどは火山灰によるものだったし、場所も富士山の頂上をはさんで正反対です。一口に富士山の噴火といっても、まるっきり別物。富士山ほど火山学者を悩ませる存在はないかもしれませんね。。。

 

Kooriike_01

氷穴の底に転がっていた溶岩のかけら。

 

Kooriike_02

野尻草原から見た富士山。右手前の山は片蓋山(約3000年前、大室山と同時期の噴火)。頂上には立派な噴火口が残っている。

 

2020年10月25日 (日)

ヒンスダル石?(山梨県甲州市黄金沢鉱山)

Hinsdalite PbAl3(SO4)(PO4)(OH)6 燐酸塩鉱物等

 

Hinsdalite_koganezawam_01

Hinsdalite_koganezawam_03

 

最初は藻の類かと思いました。次に、ここではよく見られるビューダン石が変な形で集まったのかと思っていたのですが、ビューダン石で検索していて、黄色い管状のHinsdaliteの写真を見つけました(ヒンスダル石はビューダン石の仲間)。はじめて聞く名前だったので、Hinsdaliteで検索していくと、今度は円形の黄色い中心核が白で縁どられた写真も出てきました。どちらの写真も、これと似ています。こちらの写真は解像度が低いので、詳細はよく見えませんが。。。他に類似の鉱物はまったく見つけられませんでしたので、ヒンスダル石?として掲載することにしました。

日本では、北海道の小別沢鉱山、秋田の亀山盛鉱山、それに島根の銅ヶ丸鉱山くらいでしか出ていないようなのですが、どうなんでしょう。黄金沢鉱山で出ても、まあおかしくないような気もしますが。。。(銅ヶ丸鉱山は江の川にあります。昔広島から河口の江津までカヤックでツーリングしたことがあって、懐かしく思い出しました)

珍しいのは、ポロニウム(Po)を含んでいるからでしょうか。天然のポロニウムは、非常に微量しか存在していないといいます。ウラン系の鉱物にもPoが含まれていて、放射性元素です。緑鉛鉱にも含まれていますね。

ネット上でもそれほど情報がないのですが、「鉱物たちの庭」尾去沢石の項目に、次のような記述がありました。

「…(尾去沢石は)産出は珍しくないが、一般に粉末状。秋田県亀山盛鉱山のものは、緑鉛鉱→ヒンスダル石→尾去沢石+ビーバー石の順で風化生成したとみられ、ビーバー石と累帯構造をなし、顕微鏡的に菱面体結晶を示すものがあるという。尾去沢石は…「日本の新鉱物」には、稀に管状の形態を示すとある。」(カッコ内引用者)

尾去沢石が稀に示すという管状の形態、もしかしたら、今回のヒンスダル石のような形態のことでしょうか。

また、松原聰・松山文彦「岐阜県遠ケ根鉱山産セグニット石」にも、以下のような記述がありました。

「二次鉱物の緑鉛鉱からヒンスダル石が生成され,ビーバー石―尾去沢石固溶体の形成に至るプロセス,また鉛ゴム石からヒンスダル石へのプロセスを確認している(松原ら,1997年岩鉱学会講演準備中)(以下略)」(松原・松山「岐阜県遠ケ根鉱山産セグニット石」鉱物学雑誌、第26巻第4号、1997年)

鉛ゴム石、また知らない名前が出てきた。。。検索してみると、青い緑鉛鉱といったような形態をしている鉱物です。結晶が長く伸び、六角形が丸みを帯びたような写真もあって、ちょっとヒンスダル石に似た感じのものもありました。

黄金沢鉱山で緑鉛鉱は出るという話は聞きませんが、緑鉛鉱のPo4がAsO4になるとミメット鉱になります(Asは砒素)。

。。。でもまあこういう難しい話は詳しくないのだから、あまり首を突っ込まない方がよいですねw 専門の人に任せておきましょう。

ただ、こういった二次鉱物、三次鉱物が出る可能性もあると覚えておけば、訳の分からないものを見つけたときに、それが何なのか、アタリをつける助けになると考えて、ちょっと頭の隅に置いておけばいいかと思います。

この石のおかげで、また新しい鉱物の名前と見かけを覚えることができたわけだし。このあたりの鉱物は、よくある鉱物図鑑のような本にはほぼ載っていないものばかりですからね。