○静岡県

2021年1月 4日 (月)

岩塩(静岡県河津町菖蒲沢浜)

Halite NaCl ハロゲン化鉱物

 

Halite_shoubusawa_01

Halite_shoubusawa_02

 

ようするに、普通の塩ですね。

なんてことないようにも感じますが、日本では自然の岩塩は割と珍しいのです。珍しいというか、誰でも海で見たことはあるような気はするけれど、いざ採集しようと思うと、そう簡単ではなかったり。

日本では塩といえば基本海水からとるものと思っていますが、世界を見ると、海から塩をとる国のほうが実は少ないようです。モンゴルのピンク色の岩塩とかよく売ってますが、もちろんモンゴルには海はなく、あれは岩塩の鉱床から採掘しています。他にも、鉱床の塩が溶け込んだ湖の水から塩をとったりしているようです。

写真の岩塩は、磯の岩場に残った海水が蒸発して結晶したものです。ほどよい量の海水が岩のへこみに残り、晴天が続いて水が蒸発していくと塩分濃度があがり、水がすべて蒸発した後に結晶が残るわけですが、その条件として、まず晴天が続かなければなりません。さらに、日本は高温多湿ですので、結晶が残りにくく、からからに乾燥した日が続かなければなりません。風が強かったりして波が高くなれば、結晶もなにも残りませんし、結晶ができたあと潮が引いて海水が届かない場所、日時である必要もあります。

このように条件が多いので、いざ見つけようと思うと結構苦労するのですね。関東であれば、乾燥して晴天が続く冬が一番いいのかもしれません。東伊豆は、西伊豆のように風が強くないし、冬でも日差しがあればあたたかく、海岸線も長く岩場が多いので、最適といえるかも。

この写真の岩塩は、別に苦労して探してとったものでなく、冬に海岸を歩いていて偶然見つけたものです。

ところで、wikipediaを眺めていたら、世界で産出される岩塩の約半分は、ヨーロッパ、北米で冬の融雪剤として使用されると書いてありました。知らなかった、そんなの。。。普通に考えて、そんな大量の塩をばらまいてたら環境負荷大きいんじゃないのと思いますが、実際塩害は特に欧米ではかなり昔から問題になっているようです。日本でも雪の多いところでは交通量の多いところで植物が枯れたりする被害がでているみたい(塩を使わない融雪剤もあるようですが、かなりコストが上がるらしい)。

こういうのはほんとに難しいですねぇ。じゃあお金がかかっても被害のでないものを使え!環境第一!とか口で言うのは簡単ですが、コストが高いということは、製造のために使われる時間と手間、つまりエネルギーがより多いってことだから、それを勘案してどちらがより良いかは、一概に言えない。行程が複雑になればなるほど、それにかかるエネルギーは増えるのだから、結局一番安い(簡単な)方法が一番効率良い、無駄がない=環境にやさしい、ということになるような気もします。

これは発電方法の問題や、最近はやりのビニール袋の問題と一緒ですが、きりがないので、ここでやめることにします(ほんとはちょっと書いてみたが、政治的な自己主張みたくなってしまうので、このブログにふさわしくないのでやめたのだ)。

 

2020年12月 7日 (月)

苦土かんらん石(静岡県伊東市宇佐美)

Forsterite Mg2(SiO4) 珪酸塩鉱物

 

Forsterite_usami_01

Forsterite_usami_02

 

東伊豆の宇佐美、大崎海岸の苦土かんらん石です。白いのは灰長石かな?

宇佐美と網代の間、約5kmほど続く大崎海岸は、伊豆によくある断崖と海岸が続いており、多分大崎火山の溶岩流が海に落ち込んだあとだと思いますが(断崖には節理がよく発達している)、小さいけれども緑の透明なかんらん石や、灰長石の大きな結晶も見られます。

網代と海岸続きの上多賀の鉄かんらん石は以前とりあげましたが(鉄かんらん石(静岡県熱海市上多賀))、矢印のような形がなんだか似てますね。

宇佐美海岸には無料駐車場(夏には有料になる?)が多く、そこからちょっと歩いて行ける大崎海岸は行きやすいところですが、あまり奥まで行くのはちょっとためらわれます。多分場所によっては大潮で通行困難になりそう。でも、行きやすい東伊豆にしては人の少ない穴場的な海岸で、晴れていると気持ちいいです。冬だと東伊豆は風があまりないので、あったかい(西伊豆は風が強くて大変)。

途中の住宅地の石垣に洗面所がついていて、常に温泉が流れているのはさすが伊豆。

Usami_01Usami_02

左:大崎海岸。遠くに見える山は矢筈山と遠笠山かな? 右:宇佐美から大崎海岸に向かう途中、道の脇に温泉が湧きだしている。さすが伊豆。触ると熱い。

 

宇佐美と網代の間は、山を越えて歩くこともできます。昔の街道が一応残っていて、古い遺構などもそのまま残ってたりします。大崎海岸の上のナコウ山には、江戸城のための石の切り出し場(石丁場)がありました。担当した大名の名前が刻まれた石が残っていて、ちょっとした公園みたいになっています。伊豆にはこういう場所は多いのですが、歩く人もそんなに多くないとみえて、大抵ちょっと荒れてて面白いんですよねw 南のほうだからジャングルみたいになってるかと思いきや、稜線上は割とヤブも薄くて歩きやすかったりするのだけれども、冬でもクモの巣がはってるのはやっぱりあったかいんですね。

山中、場所によってはシダやヤブムラサキが多いところもあって、もしかしたら金とか見つかるかも?

Usami_03

ナコウ山頂上近くの石丁場あと。「羽柴越中守石場」と刻まれている。

 

2020年11月26日 (木)

河津鉱山の金属様鉱物(静岡県下田市稲生沢川流域)2

下田・稲生沢川で見つけた、河津鉱山由来と思われる金属光沢鉱物のまとめ、つづきです。

 

000_rendaiji_04

 

結構立派な姿の金属鉱物です。繊維状の見かけから、輝蒼鉛鉱()のように見えますが、どうでしょうね。

最初真っ黒で金属系にはまったく見えなかったのですが、洗ってみたらきらきらしだしました。

何もめぼしいものがついていないように見えた石が、洗うにつれてさまざまな鉱物が現れてくるのはほんとに楽しいですね。でも最近はあまりごしごし洗わなくなりました。ピカピカなのも、風情がないですし、洗っていると楽しくてつい夢中になり、あとからなんか面白いものまで洗い落としてしまったんじゃないかと心配になったりするのでw

 

000_rendaiji_05

こちらはちょっと茶色が入ったような箔がけば立った感じの金属様鉱物。針でつつくと、触れただけでぐにゃっとつぶれてしまうくらい、もろいものです。

すぐそばの高根山鉱山で、これと似たものを見たことがあります。前回、マンガン系鉱物はまったく見かけなかったなどと言った舌の根も乾かぬうちからなんですがw この少し赤味が入った色ともろさは、ランシー鉱()ではないでしょうか。

河津鉱山と高根山は、稲生沢川を挟んで、ほとんど向かい合わせといっていいくらい近いですが、それぞれ特徴のある鉱山です。周辺には他にも珍しいものが出る産地があちこちにあって、ほんとに南伊豆は面白いですねぇ。

この辺は、鉱物を売りにして、全面に出してもいいんじゃないかと思うくらいですが、そういう気はないんですかね。伊豆はジオパークを割と観光のメインにしているような気がしますが、その一環として、河津鉱山など、入場料をとって鉱物を採集できるようにするのもありだと思うんですけどね。世界的にもあれだけ稀少な鉱物が多く出る産地はそうそうないと思いますし。お金がちょっとかかろうとも、安心して採集できるならその方が気が楽だし、産地の管理という意味でもいいと思うのですが。。。

温泉などもそうですが、出るところでは、それがあるのが当たり前と思ってるんじゃなかろうか。ないところから見ると、とてももったいないと感じることがあります。温泉のかけ流しとか、お湯を手に入れるにはガスや電気代が必要なところに住む自分には、資源の無駄づかいにしか見えないのだ。河津鉱山の稀少鉱物も、興味がなければ単なる石ころにすぎないし、日本では(採集を中心とした)鉱物趣味ははやんないんだろうなあ。。。

 

Pyrite_rendaiji_01

 

こちらは黄鉄鉱ですね。あまり大きな結晶はないのかな? とても小さいけれど、やはり黄鉄鉱の結晶はとても惹かれます。

ちょっと古いですが、『狼と香辛料』というアニメがあります。ラノベ原作ですが、テーマ(タイトルの「香辛料」部分の要素)が中世ヨーロッパ(を思わせる世界)の経済学という、どこかの大学の地味な論文か、と突っ込みたくなるような作品ですがw 2期前半で、黄鉄鉱が取り上げられています。商売上手な占い師と祭りの浮かれた空気がきっかけでお守りとして流行し、高騰した黄鉄鉱をめぐるお話。取引する商人たちはみんな黄鉄鉱にもともと価値などないことを分かっていながらも、ひと儲けしようとする、まさに「愚者の金」ですねw

まあメインのテーマは、タイトルの「狼」部分の要素、旅商人である主人公と一緒に旅するホロという少女のほうなのですが、架空の世界のファンタジーとはいえ、実際の中世ヨーロッパの歴史をもとに書かれていると思われるし、そもそも商業がメインのファンタジーなんて、他に見たことありません。なかなか面白いですので、おすすめ。

 

2020年11月22日 (日)

河津鉱山の金属様鉱物(静岡県下田市稲生沢川流域)1

下田・稲生沢川で見つけた、河津鉱山由来と思われる石についていた、金属光沢の鉱物をまとめました。

まとめたのは、特定できないものが多いからです。川原にあったというズリの石が残っていたのか、それとももっと最近に山から川に転げ落ちてきたものなのかも分かりません。鉱山のある川の奥に行ったことはないので、過去どういう状況であったか、現在どうなっているかも知りませんので。

当然、非常に範囲が広かったという河津鉱山のどこから出たものかも一切分かりません。ちなみに、拾った場所では、マンガン系の鉱物、銅の二次鉱物の類はまったくありませんでした。

川で拾ってきて、家でよく洗ってから細かく割って確認したものです(洗わないと病気になりそうだったのでw)。

 

000_rendaiji_01

 

薄い膜状で石英にへばりついた、銀白色の金属様鉱物。いろいろと調べてみて、その産状から候補としては、河津鉱(Kawazulite Bi2Te2Se)、硫テルル蒼鉛鉱()、パラグアナファト鉱(Paraguanajuatite Bi2Se3)のどれかではないかと思うのですが。。。これ以上は無理。

表面が結構なめらかになっている部分があるのを見ても、ビスマスーテルル系っぽい。

河津鉱は非常に希少な鉱物ではあるけれど、天然のトポロジカル絶縁体として、物理学界隈では最先端のトピックとしてよく知られているようです。自分は詳しくないのでよく分かりませんが、トポロジカル絶縁体というのは、金属でも絶縁体でもない新しい種類の個体物質といえるもので、その内部は絶縁体になっていますが、表面では不純物の有無にかかわらず電子が高速で自由に動き回れるのだそうです。その電子の挙動の解析に、トポロジー(位相幾何学)が使われているため、トポロジカル絶縁体といわれています。

これまではそれほど利用価値の高くなかったテルルービスマスが、このような新たな概念によって注目を浴びるとは、面白いですね。電子の安定した挙動から、量子コンピュータでの利用などが期待されているそうですが、どうなることでしょう。

 

000_rendaiji_02

000_rendaiji_03

 

どちらも1枚目の写真の近くについていたものですが、3枚とも同じものかどうか分かりません。1枚目のような膜状ではなく、とても細かい粒子の集合のように見えます。2枚目には結晶のような劈開部分も見えますし、六角形にくりぬかれたような部分もあって、面白いです。金属様部分の表面に水晶が生成したあとも若干育って水晶を取り囲み、石を割った時に衝撃で水晶がはずれてその跡だけが残ったのかな?

やはりビスマスーテルル鉱物のようにも思えるし、あるいはその結晶部分から自然テルルのような気もするのですが。。。なにしろ河津鉱山では似たような鉱物が何種類も産出していたので、なんともいえませんね。

この3枚とも、割った石英の表面、一面に散りばめられるようについています。縦に割れていれば薄い帯状だったのだろうと思いますが、金属様部分でうまく割れたのでしょうね。

分析しないことにはその正体は分からないでしょうが。。。あと10年くらいで、安価で手軽な分析器が出ないかなあw

2に続きます。

 

2020年11月 5日 (木)

銅藍(静岡県下田市稲生沢川流域)

Covellite CuS 硫化鉱物

 

Covelliterendaiji_01

 

河津鉱山由来と思われる、銅藍です。

黄銅鉱、黄鉄鉱などのついた石を割ったところ、黒っぽい藍青色が姿を現しました。最初は黄銅鉱の酸化被膜かとも思ったのですが、よく見ると小さいながらも板状になっているようですので、銅藍であろうと考えました。被膜状や時に六角形の美しい姿をとる銅藍は、あこがれの標本のひとつだったので、汚い川から拾った思いもしなかったこの標本にはびっくりしました。

火山などでも産出することがあるようですが、多くの場合、硫化鉱の二次鉱物として生成されます。銅と硫黄だけの化学式がシンプルでいいですね(鉄などが混じる場合もある)。

鉱物の魅力の大きな要因がその色ですが、青から緑になることが多い銅の二次鉱物は、もっとも好きなもののひとつです。藍銅鉱をメタリックにしたような、時に虹色の光彩をはなつ銅藍は、中でも美しさが際立っていると思います。

人(標本)によってイメージは全然違うと思うけれど、自分的には、白から緑に変化する孔雀石は白い花崗閃緑岩とコケの色。青緑のブロシャン銅鉱は、ちょっと深いサンゴ礁の海の色、あるいはユーシンブルー。藍銅鉱は、高山で仰ぎ見る深い吸い込まれそうな紺碧の空。水亜鉛銅鉱は春のぼんやりと霞んだ淡い水色の空。銅藍はもっと人工的、都会的な金属の色ですね。音でいえば、プリペアード・ピアノって感じかな(現代音楽のジョン・ケージが「発明」した、ピアノの弦にいろんなものをはさんで変な音にする奏法or楽器です。ケージ以外あまり使っている人はいないw ポップス系では、デヴィッド・シルヴィアンと、うみぬこPくらいしか知らないw)。

 

それにしても色というのはなんなのでしょうね。鉱物を構成する元素によって明らかに色は変わってきますが、いろんな色の光を当てれば、表面の色もそれに合わせて変わってきます。また錯視のように、色のないところに色を感じることもあります。

色というのは、物体の表面の性質や光の波長などの物理的な性質ではなく、人間の脳による「感覚」であるという考えが最近あるようです。つまり、もともとこの世界には「色」というものは存在せず、人間の脳が作り出す「概念」であるということでしょうか。。。人間がいなければ今あるこの「世界」は存在しないというとおおげさですが、でもこれは実際その通りなので、人間の可視光とはまったく違う波長しか見えない生物しかいなければ、世界の姿はずいぶん違うわけです。あるいは、光(音、匂い、触覚でも)を認識しない生物しかいない世界であれば、世界の姿はまったく異なるし、光で認識する世界はそこでは存在しないということになる(誰も認識できなければ、存在するとはいえない)。

いやそんなことはない、誰も知らなくても存在しているのだ、という人がいるかもしれない。でもそれは、自分たちがそれが「存在」している、と知ってるからそう思うだけではないか。たとえばAという鉱物があって、ある時点でそのAとそっくりなBという鉱物が見つかったとします。Bという鉱物は、発見され「B」という名前がつけられる前から存在したのか? 存在はしていないと考えられます。それ以前にあったのはAだけで、Bという鉱物は「B」という名前がつけられた時点からしか存在しえない。その違いを認識しない段階では、その違いは存在しないのです。違うことを認識できないのではなく、違いそのものが存在していないのです。

ただ逆にいえば、色というものが「概念」であり物体の色はその物体の物理的性質ではない、としても、色で世界を認識する意識が存在する、ということだけで、色は本質である、ということもいえやしないか。。。認識することそのものが世界を決定するのならば、色で鉱物の種類を視認する意識があることによって、色は本質であると「設定」されるのではないか。。。宇宙とは、常にそのように再設定され続けている、定数など存在していない流動的なものなんじゃなかろうか。。。

 

まあ哲学ごっこも飽きてきたのでもうやめますがw 鉱物の色はなんとも不思議で美しいものであることであることよなあ(古文の授業風に)、と思うわけです。。。

 

2020年10月12日 (月)

テルル石?(静岡県下田市稲生沢川流域)

Tellurite? TeO2 酸化鉱物

 

Tellurite_rendaiji_01

Tellurite_rendaiji_02

 

伊豆下田、河津鉱山のズリ跡からと思われる石です。

石英の小さな晶洞中にあった無色透明の板状の結晶。周囲の小さな水晶はオレンジ色に染まっています。普通に錆びがついているのか、それともテルルの色なのか、わかりません。その中で、この結晶だけは無色透明を保っていて、とても目立ちます。なんだろう?

自分としては、とりあえずこれはテルル石ではないかとしておきたい(まあ願望ですねw)。

ネット上で見られるテルル石の写真は、濃度の違いこそあれ、すべて黄色~オレンジ色をしているけれども、いろいろな本の説明では無色・白色~黄~橙となっています。

河津鉱山の産出鉱物の一覧(TrekGEO)の中で、こういう結晶になりうるものは他にあるのかどうか。正直、初めて見る名前がいくつも出ているのですが、この中だと、重晶石か、石膏か、輝沸石とか? あるいは2枚目の写真だったら、双晶で板状になっちゃった水晶とか? どれもイヤだなあw せっかく何とか探して手にした河津鉱山の石なんだから、テルル石の結晶にしておいてよ…

…という気分なのですw

もし本当の正体が判明すればそれにこしたことはないですが、不明である今はとりあえず、「テルル石?」という地位に置いておこうかと思います。

このブログではもともと「なんだかよくわからないもの」もどんどん載せていこうと思っていたので、まあお許しください。

 

大体鉱物というものは図鑑等を見ても、そっくりそのままのものが出てくることのほうが少ないですね。生物とはそこが違うところです。

ちょっと違う成分が入れば色もどんどん変わりますし、理想的な結晶の形をしているほうが珍しい。というか、差がはっきりしていないのが普通といっていいみたいです。

たとえば、キノコなんかに、ちょっと似ている気がします。キノコも、同じ名前のつくものであっても、地域によってちょっと違っていたりするような気がします。似た別種のキノコであっても、実ははっきりと分かれているのではなく、鉱物と同様にグラデーションのようにその間が連続しているのではないかと思うことがあります。

めんどくさいことに、名前も地域差があって、これがえらく紛らわしいことになっていたり。イッポンシメジというと、普通は毒キノコですが、地域(山梨や栃木など〈の一部地域?〉)によっては食べられるウラベニホテイシメジのことをイッポンシメジといったり(実際この2つはとても似ている)。それらとやっぱり似ている毒キノコ・クサウラベニタケのことを、ツキヨタケといったり(まったく別の毒キノコ)。ツキヨタケは日本で一番被害の多い毒キノコです(見た目、すごくおいしそうで大きいのです)。

でも鉱物は同定を誤っても、キノコみたいに苦しんだり死んだりしないので、まあ気楽ですねw

 

2020年9月19日 (土)

白鉛鉱(静岡県下田市稲生沢川流域)

白鉛鉱 Cerussite Pb(CO3) 炭酸塩鉱物等

 

Cerussite_rendaiji_01

 

静岡県下田で拾った石。下田の街中を流れるのが稲生沢川。

石の出所としては、河津鉱山の川沿いにあったというズリ跡から流れてきたものだと思います。当然のことながら、数多い坑道のどこから出た石かは分かりません。河津鉱山の石が説明されるときの特徴のひとつである、陶器状の石英のついた石もいくつか見られました。

白く細長いのが白鉛鉱だと思います。UV長波で黄色く光ります。半透明の米粒みたいのはなんだろう? 石英? 方解石? それともこれも白鉛鉱?(この米粒はUVでは光りません)

黄色く染色されているのは、テルル成分かもしれません。他も、黄色に染まった石が多いです。もしそうなら、上部の金属光沢は、自然テルルやテルル蒼鉛鉱などのテルル系鉱物かもしれませんが、見ただけでは判別は無理なので、ここではとりあえずスルーってことでw

このすぐそばの晶洞の様子が下の写真。

 

Cerussite_rendaiji_02

 

半透明の牙状の結晶が白鉛鉱だと思います。ただし、UVで黄色く光る部分と光らない部分があります。その違いは普通の照明をあててみても、まったく分かりません。

こちらにも、半透明や白~肌色の粒状のものがついているのですが、これ、ものによっては六方晶系の短柱状結晶に見えます。これも、UVで黄色く光るものと光らないものが混在しています。白鉛鉱は斜方晶系なので、これは白鉛鉱ではないですね(ただし、双晶によって擬六方晶系の形をとることも多いそうですが)。

最初にこれを見た時は、色とか、六角柱状とか、鉛系ということで、山梨で採集したミメット鉱をすぐに思い出しました(ミメット鉱(山梨県甲州市黄金沢鉱山))。河津鉱山では、緑鉛鉱、ミメット鉱、すべて産出します。種類が多いというのも困りますね、特定しにくくて(贅沢すぎるw)。

まあ今回は白鉛鉱の項なので、どちらであるか予想しませんが、どちらかであろうとは思います。

それにしても、河津鉱山の石、ちょっと割ってみるだけで、非常に面白いです。多分この先鉱山跡に行けるようになることはないと思うのですが、これが今では匂いのひどいドブ川(特に蓮台寺川はひどい。多分水に触ると病気になる)にわずかに転がっているだけというのは、ちょっと悲しすぎませんかね。

結局日本における鉱物趣味は、ヨーロッパのような歴史もないですし(明治以前だとほとんどわずか一人、木内石亭しかいない)、金銀掘って儲けるとか、そんな認識しかないんでしょうね(ただ、武田信玄は鉱物マニアだったような気がしないでもないw)。

 

2020年7月30日 (木)

玉髄(静岡県河津町やんだ)

Chalcedony SiO2 酸化鉱物

 

Chalcedony_yanda_01

Chalcedony_yanda_02

Chalcedony_yanda_03

 

さまざまな沸石、特にモルデン沸石の産地として有名な、河津・やんだの玉髄。

白浜層に相当する、海の中で噴出して固まった溶岩や、それが砕け堆積して固まった角礫岩の上に、セラドン石、玉髄や沸石の結晶が成長しました。

玉髄は化学式を見ればわかるように、ようするに石英です。非常に小さな石英の結晶が集まって塊になったもので、含まれる不純物によってさまざまな色のものがあります。ちなみに、瑪瑙もやはり石英で、層状の模様がついたものをいいます。

やんだの玉髄は、色は白か青のものがほとんどですが、どうしてこんなきれいな色になるんでしょうか。セラドン石が関わっているのではないかという説もあるようですが、まだよくわかっていないようです。セラドン石は、火山噴出物(火山灰など)が海中で堆積し凝灰岩となり、熱水によって石英に富んだ部分が変質して生成するとのこと。とするとやはりセラドン石がらみなんでしょうか。ここのセラドン石は緑に近いですが、場所によっては青に近いものもあるので、生成した時の条件で色が変化するのかもしれません。

1枚目は露頭での接写です。こんな感じで、露岩に空いた隙間・晶洞の中で、玉髄や沸石の結晶が成長しています。

2枚目の写真は、小さな輝沸石の結晶の上に、うす青い球の玉髄がくっついています。輝沸石が青緑なのは、その下のセラドン石の色。

3枚目はその球がいくつもつらなって柱になった様子です。写真の右側は、その玉髄の表面に透明な沸石がコーティングしているようで、きらきらしています。グラデーションがきれいですね。下の母岩の青緑が、セラドン石。

 

このあたりの海沿いは、いろいろな鉱物が見られるのですが、ちょっとずれるとその種類がどんどん変化していくのが面白いですね。

やんだの浜から、海に向かって左手の岩場は沸石はほとんど見られず、玉髄が目立ちます。右手の海食棚は沸石と玉髄(ここがモルデン沸石の産地)。さらにそのすぐ南は菖蒲沢浜で、水晶やめのう、自然金などがあります。縄地鉱山を経て下田に近づくと、マンガン系の鉱物が見られるようになってくる。

伊豆はほんとに面白いです。

 

Yanda_01

やんだの風景

 

2020年6月19日 (金)

鉄かんらん石(静岡県熱海市上多賀)

Fayalite Fe2+2(SiO4) 珪酸塩鉱物

 

Fayalite_kamitaga_01

Fayalite_kamitaga_02

Fayalite_kamitaga_03

 

伊豆の東の入口・多賀の、よく知られた産地の鉄かんらん石。

きれいな結晶です。角がまろやかで、形もなんかかわいい感じですね。形が崩れて溶けてしまったようなもの(こういうのは黒というより褐色)も多く見られますが、ちょっと探せば、写真のようにきれいな結晶も割と簡単に見つかると思います。石の白っぽいところに、1ミリくらいの黒い粒々が点々とついていて、わかりやすいです。

地のきらきらは、微細なクリストバル石のようです(ここの石にみられる白い球顆は、ほぼクリストバル石)。たまにある雲母のように薄いのは、鱗珪石かな? 小さな形のよい水晶もよく見られます。

JR多賀駅や長浜海浜公園(夏の海水浴シーズンは駐車場が有料になるみたい)からほど近い、ホテルの裏手の大きな岩がごろごろしている磯浜がポイントです。とても手軽にアクセスできる場所ですが、夏は避けた方がよいかもしれません。自分たちが行ったのは朝で、すぐそばのホテル内で朝食の時間らしい気配がしていたので、ハンマーは使うのを控えました。ガンガンやったら迷惑ですよねぇw でも手ごろな転石も結構あるので十分探せます。

近所に住んでいるらしいおじいさんが言うには、昔はこんなではなかったが、台風で一夜にして今みたいな大きな岩がごろごろした浜に変わってしまったとか。いつの台風のことかは分かりませんが。。。

 

『鉱物観察ガイド』(東海大学出版会、2008年)によると、ここの鉄かんらん石は、「おそらくほとんどすべてライフン石であろう」とのこと。

かんらん石は、成分の違いで何種類かあります。普通に「かんらん石」といえば、緑色のきれいなオリビン(olivine、宝石としての名前はペリドット〈peridot〉)のことで、これは大体マグネシウムを多く含む苦土かんらん石です。

マグネシウムより鉄が多くなると鉄かんらん石になり、マンガンが多くなればマンガンかんらん石(テフロ石)になり、カルシウムとマグネシウムが多くなるとモンチセリ石という鉱物になります(他にもあるけれど、興味ある方はご自分でお調べくださいw)

鉄かんらん石の鉄が酸化すると、ライフン石になります。どうせ見ても違いはよく分からないんでしょうけど。。。先ほど「形が崩れて溶けてしまったようなもの」と書きましたが、もしかしてそれって、酸化してしまった状態、つまりまさにライフン石なのかも?

 

多賀というと、伊豆の入口という感じで、なかなかここを目的地とすることはないのですが、神奈川からだと割と気軽に行けるいいポイントだと思います。

しかし、熱海高校ヨット部はうらやましいなあw(ポイントに行く途中、ヨット部の艇庫の前を通るのだ)

 

2020年6月 3日 (水)

たんぱく石(オパール)(静岡県河津町河津川流域)

Opal SiO2・nH2O 酸化鉱物


Opal_kawadu_01

 

伊豆の沢で見つけた、たんぱく石(オパール)です。

残念ながら遊色はないようですが、ほの青く光るような柔らかい光沢で、とてもきれいなものです。

一部虹色に見えますが、表面の反射で光ってるだけみたいですねw

分子がきれいにそろっていると、内部からさまざまな色が浮かびあがる遊色が現われます。遊色があるオパールはプレシャス・オパールといって宝石ですが、ないものはコモン・オパールといって、まあありふれたオパール、普通の水を含んだ石英、ということですねw

遊色のあるたんぱく石は、水に入れておかないと、水分が抜けて遊色がなくなってしまいます。でも表面を研磨すると、色は消えなくなるそうです。何だか鉱物らしくないというか、有機物みたいな石です。

 

たんぱく石は結晶質ではないので、正確にいえば「鉱物」ではありませんが(結晶質でないと鉱物の定義にはずれる)、例外的に鉱物として扱われているようです。鉱物とは、自然に存在する(地質的作用によって生成された)、一定の化学的組成をもった、結晶質の無機質物質、です。たんぱく石は結晶質というところで、はずれてしまいます。人間が作った人工ダイヤなども鉱物ではないし、貝が作り出した真珠も鉱物ではないことになります。

以前取り上げた鉱山のカスである「カラミ」からできたアロフェンも、この定義によれば鉱物かどうか、怪しくなってきます。

ただそれをいうなら、人間の掘った鉱山のズリから生じた二次鉱物も、鉱物ではないということになるのか。。。

自然と人為の境界とは、無機と有機の境界とは。。。

突き詰めると、人間と自然を対立させる(対等のものと考える)文化と、そうではない自分がどう付き合うかという、壮大な話になってとめどなくなってくるので、この辺で止めておきますが、このブログではその定義に拘ることなく、好き勝手にいろいろ扱っていきます。対象を限定するのは大事なことですが、地球物理学ブログではなく、博物ブログなのでw