最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 赤碧玉(東京都西多摩郡奥多摩町鋸山) | トップページ | 白鉛鉱(山梨県甲州市鈴庫鉱山) »

2022年7月23日 (土)

明礬石(山梨県北杜市増富鉱山)

Alunite KAl3(SO4)2(OH)6 硫酸塩鉱物等

 

Alunite_masutomim_01

Alunite_masutomim_02

 

奥秩父・増富鉱山の、透明な六角形の薄板状結晶。明礬石ではないかと思います。黄色いのは硫黄成分でしょうか? それとも明礬石そのものの色?

ミョウバンを採取した鉱石だから明礬石という名称です(Aluniteの語源はラテン語でミョウバンを意味する言葉から)。ミョウバンは紀元前の昔から現在にいたるまで、さまざまな用途に使われてきました。日干し煉瓦や陶器の材料から、殺菌作用を目的とした洗浄材、発色をよくするための染色材、浄水にも使われます。水の濁りの原因である微細粒子を凝集させ、沈殿しやすくします。理科の実験で経験のある人もいるのでは。

食品用の薬品として、一般に売られていますね。日本では、ナス(の漬物)の色素を安定させるために使われることが多いでしょう。他にもイモ類の煮崩れを防いだり、根菜類の歯ごたえをよくしたりするらしい。

アルミニウムは、ミョウバンから発見されました。アルミニウムという名前は、ミョウバンからきています。非常に軽くまるで銀のような輝きを持つ金属なので(日本では以前は「軽銀」と呼ばれた)、当初はかなり高価なものだったようなのですが、現在ではもっとも手軽な金属のひとつになりました。1円硬貨は、純度100%アルミ製です。

こんなふうに色々便利に使えるミョウバン(明礬石)は、火山性ガスや熱水により生成されることが多いので、火山の多い地域で多く見られます。もちろん日本も例外ではありません。伊豆の宇久須のソーダ明礬石は、ガラスの原材料として採掘されてきました(明礬石のカリウムがカルシウムに置換されたのがソーダ明礬石)。

 

増富鉱山の歴史は詳しくはわかりませんが、昭和の初期には硫砒銅鉱を中心に採掘が行われていたようです。明礬石が採掘の対象であったかどうかはわかりません。鉱物としては、銅藍が有名ですが、自分はルーペでもよく見えないくらいの、ほんの小さなものしか見つけられませんでした。ポイントが違うのか、もうそれほど残っていないのかはわかりません。

この近辺には武田信玄のころの金鉱跡もあちこちに点在します。増富鉱山跡のすぐ北にある金山(かなやま)という地名を見ればすぐわかりますね。金山には、現在金山山荘とキャンプ村がありますが、ここの裏山(魔子の山)の中腹には、信玄時代と言われる坑口、昭和になってから掘った坑口などが残っていて、さらに広大なズリも広がっています(ちょっと見てみたけど、増富鉱山とは石質は全然違うみたいで、銅の雰囲気は全然感じない)。瑞牆山に行くことでもあったら、ちょっと寄ってみるのもよいでしょう(周囲には魔子の山、五里山といった、とても静かだけど個性の強い小さな山が多い)。瑞牆山登山口の瑞牆山荘周辺は、休日ともなればちょっとした都会並みの人出になりますが、金山周辺は静かなもので、何だかほっとします。

(ネット上では、銅藍の増富鉱山と、金山平裏の金鉱がごっちゃになっているところもありますね。ややこしいなあ。須玉金山という呼び方もあるらしいです)

ちなみに、金山山荘の今のご主人の父君は、昔は増富鉱山で働いていたとのこと。当時はどんな様子だったんでしょうねぇ。もうちょっといろいろ聞いてみればよかったかな? ここのキャンプ場は今風のでなく、昔ながらといった感じで自分には居心地いいです。

あと、金山山荘の裏から金鉱跡に続く経路の途中に、小暮理太郎の碑、レリーフがあります。金山山荘の隣に以前は有井館という宿・そば屋があり、小暮理太郎や田部重治が常宿としていたといいます(2018年に営業をやめている)。確かに、小暮理太郎の秩父本には、当時の金山平の部落の写真が掲載されていますね。レリーフのある場所は、昔は瑞牆山、金峰山の眺めがいいところだったようですが、現在は木々が育って見通しはきかないけれど、美しい静かな森になっています。

 

Masutomim_01
増富鉱山の遺構。

 

Masutomim_03 Masutomim_04

Masutomim_02
左上:金山の昭和時代の金鉱跡。右上:金山の信玄時代のものといわれる金鉱跡
下:金鉱跡に行く道は、広いズリの斜面を横切ってつけられている。

 

« 赤碧玉(東京都西多摩郡奥多摩町鋸山) | トップページ | 白鉛鉱(山梨県甲州市鈴庫鉱山) »

○山梨県」カテゴリの記事

▽硫酸塩鉱物等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤碧玉(東京都西多摩郡奥多摩町鋸山) | トップページ | 白鉛鉱(山梨県甲州市鈴庫鉱山) »