最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月に作成された記事

2022年6月30日 (木)

灰鉄柘榴石(群馬県利根郡川場村川場鉱山)

Andradite Ca3Fe3+2(SiO4)3 珪酸塩鉱物

 

Andradite_kawabam_01

Andradite_kawabam_03

Andradite_kawabam_02

 

灰鉄柘榴石の産地として知られる、群馬県川場村の鉱石山で採集したものです。群馬の名山、武尊山の南の端に位置します。

ここは母岩そのものが灰鉄柘榴石であることが多いので、晶洞を見つければ大体透明感のある結晶が見つかります(1枚目の写真みたいなもの)。大きい結晶は透明感がないものが多いですが(2枚目の写真)、すぐ見つかるし、時には数センチのきれいな形状のものがあります。これだけ大きな結晶を割と簡単に見つけることができるのは、今ではここくらいでは?

深緑色の結晶もありました(3枚目)。小さいですが、密集していて、きらめきが強くとてもきれいです。鉱石山というだけありますねぇ! 川場鉱山はスカルン鉱床で、石灰岩とマグマの接触による変成域です。だからカルシウム(石灰)と鉄を主体とした柘榴石。もしかしたら色の違うものは種類が違うのかもしれませんが、まあわかりませんので、ここでもっとも多いらしい「灰鉄柘榴石」としてまとめています。

麓の駐車場(川場スキー場の駐車場)から稜線近くの産地まで、そんなに距離や標高差があるわけではないし、半分以上は林道ですが、片側がずっと伐採地でまっすぐ登る道がずーっと見渡せるので、暑い日差しの日とかだとやたらときついですね。目的地の下の小沢に入ると、登山道っぽくなってきますが、沢はシダ類の天国で、ちょっと壮観ですらあります。

シダといえば、他の植物が生きていけないような重金属を多く含んだ土壌でも生育できるヘビノネゴザ(Asplenium yokoscense Fr. et Sav. 蛇の寝御座)は、金山草などとも呼ばれ、鉱山などではよく目にできるといいます(別に重金属が生育に必要なわけではない)。金属鉱床の探索には便利で、昔から指標にされていたようなので、見分けができるようになりたいのですが、なかなか難しいらしい。ちょっと写真を検索してみたけれども、他のシダ類とくらべてさっぱり違いがわかりません。普通の人より鉱山跡などに行っているわけで、多分何度も見ているのだろうとは思いますが。。。

 

Kawabam

 

ちなみに学名のyokoscenseは横須賀からつけられたものです。明治初期、医師として横須賀製鉄所にいたフランスの植物学者、ポール・アメデ・リュドヴィク・サヴァティエ(Paul Amédée Ludovic Savatier, 1830–91)が横須賀で見つけ、新種として発表しました。東アジアが原産のシダです。

そのシダいっぱいの登山道が水平道になり、鉱山の軌道のレールが出てくるあたりから、道の稜線側の草むらの中に鉱石が散らばっています。もともと大正時代から研磨材の原材料として柘榴石を露天で採掘していたようです(閉山は昭和42年)。レール跡は100m程度のごく短いもので、ズリを運んだらしいのですが、詳しくはわかりません。

でも、今でも鉱石は豊富に残っていて、時にかなり立派な水晶が見つかったりする、とても楽しい場所ですね。

 

2022年6月24日 (金)

ポクロフスキー石?(千葉県鴨川市八岡海岸)

Pokrovskite Mg2(CO3)(OH)2 炭酸塩鉱物

 

前回の孔雀石(千葉県鴨川市八岡海岸)から続き。

千葉県鴨川の八岡海岸、鴨川鉱山のズリと思われる場所で見つけたもの。

繊維状の孔雀石のそばに、褐色繊維状のものを見つけました。これはなんだろう? よく見ると、色の濃い部分は光を反射して、思ったよりもきらきらしています。孔雀石が変質して、その形状のまま茶色の別の鉱物になったようにしか見えません。すぐそばに孔雀石がなかったら、見当もつかなかったに違いありません。

 

Pokrovskite_yooka_02

Pokrovskite_youka_01

 

孔雀石のグループを調べ、ポクロフスキー石という鉱物ではないかとあたりをつけたのですが、はたしてどうでしょう。。。孔雀石のグループの中で、褐色になるものはこの石くらいしかなかったからですが、自分もはじめて知った鉱物ですし、(日本語で)ネット検索してもあまり情報がでてきません。日本では、福岡県飯塚市の古屋敷というところでの産出が確認されているようです。ただし、古屋敷のポクロフスキー石は、アルチニ石に似た白色透明の結晶だそうですが(上原誠一郎・武田朋之「福岡県飯塚市古屋敷産ポクロウスク石」日本鉱物科学会年会講演要旨集、2014)。

孔雀石のCu(銅)が、Mg(マグネシウム)に置き換わったものです。鴨川鉱山では、嶺岡オフィオライト中の蛇紋岩を採掘してニッケルを精錬していました(銅も抽出していた?)。Mgは蛇紋石の主要構成元素ですので、ポクロフスキー石の材料は十分そろっている、ということになりますね。ちなみに、同じ石の数センチ横には、思いもかけず、菫泥石らしい紫の結晶もついていました(多分そのうち取り上げます)。母岩は蛇紋石ということになります。

ポクロフスキー石は、ロシアの鉱物学者、Pavel Vladimirovich Pokrovskii(Павла Владимировича Покровского, 1912-1979)にちなんで命名されました。カザフスタンの蛇紋岩地域で発見されたようですが、詳しいことはよくわかりません。デジタル鉱物図鑑には載っていませんので、本当にその鉱物かはわかりませんが、念のためちょっとデータを載せておきます。

ポクロフスキー石(ポクロウスク石)、孔雀石グループ、単斜晶系、モース硬度3、劈開完全、比重2.5。

 

千葉県は、以前は石なし県などといわれていたらしいですが、特に嶺岡地域はとても鉱物種が豊富で、驚きますね。全然石なしなんかじゃないじゃん。神奈川のほうが全然石なしです。。。

自分は顕微鏡で見るのが好きなので、現地でルーペだけで探すのは、かなり無理があります。はっきり何かを見つけた場合以外は、なんとなく怪しげな石を選んで持ち帰り、顕微鏡で探したりするのですが、こうなると頼りになるのは自分の「勘」ということになります。

「勘」というとずいぶんあやふやで頼りなげなものに聞こえるのですが、個人的には「直観」「勘」というのは、偶然、偶発性というのとはちょっと違うんじゃないかと思っています。目線の意識を集中させることのできる部分というのはとても狭いもので、ほんとに「点」でしかない。広い範囲からなにものかを探すのに、「意識」というのは効率が悪すぎます。「勘」というものを明確な手法として活用できれば、大変に便利なのではないか、と考えるわけです。

自分の印象では、視点を定めず、視界をぼんやりさせて、なんか気になった石を探す(自然と目に飛び込んでくる)、つまり「無意識」で探す、みたいなものじゃないかと思っています。それには、探す対象への知識や経験が意識の領域から無意識の領域にまで深まっている必要があると思うので、自分ではまだまだ全然足りないんですが。。。「自然と目に飛び込んでくる」というのは、偶然ではなく、精神的活動の発露なのですね。

それとちょっと似たようなものに、ユングとパウリの、意味のある偶然「シンクロニシティ」という考えがありますが、これは別にオカルト的なものではありません(オカルト的なものが悪いといっているわけではない)。人間の無意識が、偶発的な出来事のなかから自分に関わる「意味のある〈象徴〉」を見出そうとする、精神の方向性、みたいなもので、人間の精神の状態を表す言葉と考えています。「金」「賢者の石」を追求する錬金術を、人間の精神の象徴と考えたユングらしい、精神の内外の接触面を表現しようとした言葉ですね。錬金術じゃなんだか中世っぽいしウケが悪いので、より現代的に量子物理学要素を入れたと(これはギャグとして言ってるんですよ?w)。

けっしてただの言葉遊び、頭の中だけの概念・思考というだけでなく、鉱物を探すという実際の遊びにも活用できる考えなのです(これは半分はギャグで半分は本気)。確かユングの自伝には、河原かどこかでふと目に留まって拾った石がえらく気に入って、ずっと大事にしていたとか、そんなエピソードがあったような。。。(何十年も前に読んだものなので、ちょっと自信ない)

 

2022年6月20日 (月)

孔雀石(千葉県鴨川市八岡海岸)

孔雀石 Malachite Cu2(CO3)(OH)2 炭酸塩鉱物等

アタカマ石? Atacamite Cu2Cl(OH)3 ハロゲン化鉱物

 

Malachite_yooka_01

Malachite_yooka_02

Malachite_yooka_03

 

千葉鴨川の八岡(よおか)海岸は、湾の中にいくつかの小さな島が点在し、鴨川松島などといわれたりしています。北側半分を九十九里浜が占める千葉は、深く切れ込んだ湾などがほとんどないので、こういう風景はあまり見られないからかもしれませんが、正直わざわざ他県の名勝地である「松島」なんてつけるのはどうかと思わざるをえない。。。(全国に〇〇松島という景勝地はいくつもありますが、どこも同様に思います)千葉は千葉ならではの景色があって、たとえば屏風ヶ浦みたいなところはなかなか他にないですしね。松島的な風景としては、松島に到底かなうわけないんだから。。。

でもここは、さまざまな岩石が見られる嶺岡オフィオライト(「自然銅」(千葉県南房総市平久里川流域)の項参照)が海に面した地域で、鉱物もいろいろなものが産出します。自分的にはもうそれだけで松島よりレベル上なのだw

これはその海岸で拾った孔雀石。皮膜状だったり、こういうきれいな球状(小さい)で見られます。

海岸の南の巾着山にあった鴨川鉱山のズリ石が、海岸に散在しているようです。鴨川鉱山は、採掘した蛇紋岩からニッケルなどを精錬していたらしいですが、現在は、鉱山により山を崩されて平らになったところに、千葉県立鴨川青少年自然の家が建っています。こちらで当時の写真が紹介されています(jinomonta064のブログ)。

 

ネット上で検索すると、ここの孔雀石を採集した人はみんな、波が高ければ海水をかぶるであろう海岸沿いの孔雀石ということで、アタカマ石を期待していますね。自分も孔雀石を見つけた時、最初にそれを思いましたw でも、アタカマ石の写真を見ると、孔雀石よりはブロシャン銅鉱っぽい青みの入った深緑から黒っぽい色をしていて、どうやらこれは違うみたいです。繊維状のものもありましたが、どう見ても孔雀石にしか見えないなぁ。。。3枚目の写真の黒い球体は、孔雀石が変色したものでしょうか、これはアタカマ石ではない。。。ですよね? 後ろの薄青い皮膜状の部分は、珪孔雀石?

アタカマ石は、銅を含んだ石や岩が酸化してできる鉱物です。砂漠や海岸などでよく生成され、孔雀石と一緒になっていることが多いそうです。孔雀石があるということは、ここの石は銅を多く含んでいるということですが、自然銅、黄銅鉱などは見かけませんでした。どういうかたちで一次的な銅成分があるのかが、よくわかりません(ちなみに伊豆や丹沢でよく見かけるのと同じような、緑色の多分凝灰岩中に黄鉄鉱が入っている石はありました)。

海岸の山側のズリ状のところでばかり探していましたが、満潮になると海水につかるような、もっと海に近いところで探してみれば、もしかしたらはっきりとアタカマ石とわかるようなものが見つかるかもしれません。今度行ったらそうしてみよう。日本ではきれいな板状結晶などはほとんど見られないそうですが。。。

ところで、繊維状の孔雀石などもあったのですが、それに接してちょっと怪しげなものを見つけました。

それは、次回に取り上げることにします。

 

2022年6月11日 (土)

閃石類?(神奈川県南足柄市足柄山地)

珪酸塩鉱物

 

0000_ashigara_01

 

閃石の類だと思いますが、まあよくわかりませんねw

神奈川県の足柄の山で見つけたものです。こういうきらきらしたいかにも結晶っぽいものを見ることはほとんどないところなので、ちょっと目立っていました。茶色く四角い部分もありますが、普通輝石とかかなぁ? 足柄山地の北側(御殿場線谷峨駅)は、普通輝石のいい標本が採集できた場所があったそうです(今はすっかり固められていたりして、ほとんど見つけられないそうですが)。

場所は、足柄山地中、日本の滝百選にも選ばれている洒水(しゃすい)の滝の上流部、滝沢川の周辺です。足柄山地は南の箱根と、北の酒匂川・鮎沢川にはさまれた、そんなに広くない地域。

現在では滝沢川上流域は、源流の矢倉岳以外、あまり人が入るようなところではありません。矢倉岳は地元のお手軽なハイキング先として(神奈川県西部では)有名な場所です。湘南のあたりから富士山を見ると、その下にきれいな三角形の山が見えますが、それが矢倉岳。南麓の矢倉沢の上流域・地蔵堂は、金太郎・坂田金時の故郷として知られていて、ほんとかどうか知りませんが、生家跡とかいうのもあります。今ではクマと遊んだ金太郎が育ったすごい田舎、というイメージですが、当時の東海道の本道(官道)は箱根ではなく足柄峠を通っており、峠のふもとの矢倉沢は街道沿いでした。富士山の宝永の噴火で荒廃しましたが、早急に整備しなおされ、前回書いた大山詣りの影響もあって、人の行き来も今よりずっと多かったことでしょう(矢倉沢往還という)。

万葉集にも足柄越えの歌が多いし、『更級日記』などでも結構詳細に足柄峠越えの描写がされていますね(『更級日記』には富士山が頂上から煙を出しているさまが描かれていたりして、当時の様子を想像できて面白い)。

現在では滝沢川上流部には登山道すらないですが、廃道跡を作業道にした? らしい沢沿いを登る道が残っていて、どうやら洒水の滝を越えて足柄峠方面に登る経路などもあったようです。江戸時代の馬頭観音が道沿いに残っていました(ちなみに石を拾ったのはこの道沿いです)。関所を通らずに山を越えて駿河と相模をつなぐ間道だったのかな? 文化二(乙丑)(1805) 年ですので、宝永噴火(宝永4〈1707〉年)から約100年後。今でも枝沢には富士山の噴火の名残であるスコリアがいっぱいに残っていて、噴火直後の当時どんな様相だったのか。。。

 

Asigara_02

 

このあたりはプレート移動で丹沢地塊が日本にくっついた後、伊豆・箱根地塊が押し寄せてきて、激しく隆起した地域です(今でも隆起中?)。この付近の山を歩いていると、断層のような地形を時々見かけます。下の写真は畑沢から鷹落場(山名です)に登る尾根上にあった、尾根を切る断層の表現と思われる場所。ズレてちょっとした二重山稜のようになっていますね。

 

Asigara_01

 

駿河小山周辺の山(極西丹沢南、足柄山地)に行くと楽しみなのは、道標です。手作りの道標で、そのアクの強さ、やたらとカラフル、自己主張の強さから、目を奪われますw

これは小山在住の、故岩田澗泉(たにいずみ)という人が作って設置したものです。このあたりの山によく足を踏み入れる人には知られていて、最近、それをまとめた本が出版されました。どんどん朽ちてなくなっていて、ちょっとさみしかったので、これはうれしかった(浅井紀子著、三宅岳(写真)『道しるべに会いに行く 丹沢・不老山周辺の岩田澗泉さんの道標』風人社、2020)。

岩田というのは昔からの小山周辺の名士の一族で、明治時代に小山町に富士紡を招聘したのも、岩田蜂三郎という人物でした(道標の岩田さんとの関係は知りません)。今でも駅と一体化したかのような富士紡の大きな工場がありますね。当時は富士紡ありきの町だったようで、人も多く、賑わっていたようです。山北周辺に水力発電所が多いのも、この富士紡の影響という側面があります。

何度要望してもきちんと登山道の整備をしない役所に腹を立てて、小山町町議会議員でもあった地元の山が大好きな岩田さんが、とうとう自分で道標を設置しだしたらしいですが、詳しい経緯については書きません。実際を知らないので。いろいろトラブルもあったみたいです。その正否についても書きません。

でも、この道標が大好きな自分としては、山に行って見かけるのが楽しいのです。今ではいかにも無味乾燥なとってつけたような「サンショウバラの丘」という名称になった場所(浅瀬峠西すぐの、丹沢でも最高に気持ちいい場所のひとつ)も、岩田さんのつけた「樹下の二人」という名前のほうが好き。もうそこにあった道標は残骸のかけらしか残っていないけど。

木製の道標ですから、どんどんと朽ちてなくなりつつあります。朽ちていくままにしておくのがよいのでしょう。そういうもんだし。でも、「樹下の二人」っていう名前だけは、残っててほしいなぁ。

上記の本には掲載されていなかった、足柄峠近くにあった道標の写真をのせておきます。今でもあるかどうかは知りません。

 

Asigara_03

 

参考文献

筒井正夫『巨大企業と地域社会 富士紡績会社と静岡県小山町』日本経済評論社、2016
浅井紀子、三宅岳(写真)『道しるべに会いに行く 丹沢・不老山周辺の岩田澗泉さんの道標』風人社、2020

 

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »