最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月に作成された記事

2022年4月29日 (金)

方鉛鉱(山梨県甲州市黄金沢鉱山)

Galena PbS 硫化鉱物

 

Galena_koganesawam_03

Galena_koganesawam_01

Galena_koganesawam_02

 

鉱山跡に行くと割と目にする機会の多い方鉛鉱です。劈開が完全で、割れた面が滑らかできれいな平面になります。立方体を基本とした形に割れやすいので、角がシャープで、とても見栄えがします。鉛の鉱物で比重も大きく、持つとずっしりしており、感触もなにやら特別感がありますね。鏡下では時に大伽藍のような姿を見せます。

この方鉛鉱は黄金沢鉱山の下のズリで採集したもの。上のズリのように洋紅石、ミメット鉱などの珍しいものはないけれど、ずっと広くて鉱石も多く、結構楽しいのですよね。そこらへんに落ちてる石を無造作に取り上げて割ると、大抵きらきらしてきれいだし。方鉛鉱、硫砒鉄鉱、黄銅鉱、閃亜鉛鉱、孔雀石などが多いようです。最初、上のズリのことを知らなくて、何度か下のズリでいろいろさがしていました。

方鉛鉱は、古代からよく利用されていたために、採掘もされていたようです。その主な利用法は、鉛の鉱石として、さらに、銀の鉱石として、金銀の精錬用の鉱石として、使われていました。

鉛を含む鉱物は他にも白鉛鉱、青鉛鉱、緑鉛鉱、紅鉛鉱、褐鉛鉱などがありますが(色シリーズを並べてみましたw)、産出量はそれほど多くなく、紅鉛鉱にいたっては日本でまだ見つかったことはないのでは。その点、方鉛鉱はいろんな場所で簡単に大量に見つかりますので、鉛の鉱石といえばメインは方鉛鉱です(白、緑、硫酸鉛鉱などは鉱石として採掘されているところもあるようです)。大抵、閃亜鉛鉱も一緒にとれるので、鉛・亜鉛鉱床と一緒くたにして扱われることが多いです。

また、方鉛鉱には銀がごく少量含まれています。特に含有量が多い場合は、銀鉱石として採掘されていました。対馬では、自然銀を採りつくした後は、方鉛鉱を銀鉱石として採掘していたそうです。

さらに、金銀鉱石から金や銀を取り出す灰吹法で使用する鉛の材料としても使われていました。

灰吹法は、非常に古くからある金銀の抽出法で、ウルク文化(BC4000~3100年頃)後期の都市、現シリアのハブーバ・カビーラ南遺跡ですでに行われていた痕跡が残っているらしい。この現在知られているなかで世界最古の都市のひとつとも言われる遺跡は、古代メソポタミアのウルクとほぼ同時期の都市で、同所を手本として作られたとか(ウルクからユーフラテス川の上流約900kmのあたり)。方鉛鉱から銀が抽出された跡が見つかっているようです(近くに銀を多く含んだ方鉛鉱の産地がある)。(詳しく知りたい方は、小泉龍人『都市の起源』(講談社新書メチエ、2016)をどうそ。自分は読んでいないので、とりあえず「らしい」と紹介するしかできません)

日本では大分遅れて石見銀山で灰吹法が行われたのが最初とも、飛鳥時代にはすでにその痕跡があるとも、いろいろ話があるようですが、自分には判断する知識がありません。

いずれにせよ、方鉛鉱と人間のつきあいも、ずいぶんと長いみたいですね。

それにしてもメソポタからとはびっくり。最初にこういう方法を見つけ出した人は、一体どうやったのだろうと、いつも不思議に思います。最初に偶然そうなってしまってから考えたのか。方鉛鉱の割ったばかりの時の輝きを考えれば、どうにかしたら銀が生まれそうと考えるのは、まあ納得できるんですが。というか、そもそも、金や銀に高い価値が生じるという点からして、よく考えれば、それほど自明でもない気がするんですよね(それが当然である世界にいれば、特に不思議にも思いませんが)。だって、宝石は硬いからこそ価値があるとされているのに、金銀は柔らかいですし。。。

知識の発展、技術の開発も大事だけれども、人間にとって一番影響が大きいのは、金銀には価値があるという「価値観」を生みだしたパラダイム創成であるのかもしれません。(「パラダイム」という言葉はあまり使いたくないのだけれど)

 

資料:
冶金の曙」http://homepage1.canvas.ne.jp/e_kamasai/Metallurgy/yakin/index.html
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構自然起源放射性物質データベース」https://www.nirs.qst.go.jp/db/anzendb/NORMDB/1_datasyousai.php

 

2022年4月17日 (日)

種山石?(埼玉県飯能市岩井沢鉱山)

Taneyamalite (Na,Ca)Mn2+12(Si,Al)12(O,OH)44 珪酸塩鉱物

Taneyamalite_iwaizawam_01

 

種山石。。。ではないかと思うのですが、はたしてどうか。。。

岩井沢鉱山といえば、ぜひとも見つけたいのがこの種山石。熊本県の種山鉱山と、岩井沢鉱山で発見され、1981年に報告された日本産のマンガン系の新鉱物です。黒緑から茶褐色の繊維状で、脈状に分布することが多いが、種山鉱山のものは鉄分が多くて黒味が強く、岩井沢のものはマンガン成分が多くて黄色が強いとか。

日本では、他にも四国のマンガン鉱山等で産出しますが、日本以外ではアメリカのカリフォルニア周辺でしか見つかっていない珍しい鉱物です。種山石よりも数年前にアメリカで発見されたハウィー石(Howieite: Na(Fe,Mn)10(Fe,Al)2Si12O31(OH)13)という鉱物の仲間ですが、こちらも種山石とほぼ同じ場所でしか見つかっていない鉱物です(こちらは岩井沢では確認されていない?)。

何かは分からないのですが、繊維状ではないが似たような色合い(透明度さまざま)の箇所(大抵脈状に入っている)も多く、ちょっと自信ないですけど。。。

 

子どものころ西武沿線に住んでいたので、奥武蔵は行きやすいということでよく訪れていたのですが、その後引っ越したり山に行かなくなって長いこと離れていました。最近は石への興味もあって、ちょくちょく行くようになったのですが、何となく懐かしく感じたのが、地面を踏む感覚でした。もちろんあちこちから見える武甲山の姿も懐かしい(でもこんなに削れてなかったような記憶。。。)のですが、地面を歩く感触が、たとえば丹沢や奥秩父、伊豆なんかとは全然違うんですよね。言葉にしようとすると難しいのですが、なんとなく乾いているのにじっとりとしていて滑りやすい感じというか。。。ようするにこれはチャート系の感触なんですね。奥多摩なんかでも同じ感触があります。

歩く感触が、その地域の岩質で明らかに違うというのは、間違いなくあるんですが、あまり聞きません。花崗岩の感触と、伊豆の白浜層の岩の感触の違い。。。三浦半島と千葉の鋸山は似てるとか。。。言葉にしずらい、数字で表現できないもので、鉱物の光沢の違いに似ているかもしれない。光沢の表現というのも、なんというか、わかるようなわからないような。。。けっこう謎なところがありますよね。なめて味で判断の一助にするとか、もしかしたらあるんだろうか(まあこれはやらないほうがいいと思いますがw)。触感の違いというのも役にたちそうな気がしないでもない。

もしかしたら犬系の動物だったら、匂いで地域の差、地質の差などを感じているのかもしれない。そのあたりをうまく表現する方法が見つかると、便利だし面白そうですが。。。他人とその差を共有することがはたしてできるのか。

でも、色というのも、はたして他人ときちんとその差異を共有できているのか。左右の目で色がちょっと違って見える人もいますし、自分は左右の耳でかなり聞こえ方が違います。

こう考えていくと、実は人によってまったく認識する世界の姿が違うのではないか、すべての人のコミュニケーションは勘違いによって成り立っているのではないか、という疑問すら出てきてしまうので、ここで話を中断しておこうと思いますw

 

2022年4月 6日 (水)

透閃石?(山梨県南巨摩郡身延町本栖湖周辺)

透閃石 Tremolite ☐Ca2(Mg5.0-4.5Fe2+0.0-0.5)Si8O22(OH)2 珪酸塩鉱物
緑閃石 Actinolite □Ca2(Mg4.5-2.5Fe2+0.5-2.5)Si8O22(OH)2 珪酸塩鉱物

 

Tremolite_motosu_01

Tremolite_motosu_02

Tremolite_motosu_03

 

透閃石とか緑閃石とか、その類ではないかと思うんですが、まあはっきりとはわかりません。

あんまり緑っぽくないし、以前緑閃石は書いたことがあるし、透閃石にしたいかな? まあそうかもしれないことにしとこうかな? 的な。でもきらきらとした繊維状の様子は、なかなか立派です(小さいですが)。酸化して茶色くなってしまっていますが、それもまた趣きがある。

鉄分が少ないと透閃石、鉄分の量が増えると緑閃石になりますが、当然これは分析しないとわかりません。茶色に錆びているところを見ると、これは鉄分が多いのだろうか。だとしたら緑閃石としたほうがいいのかもしれませんが。。。まあいいやw

採集したのは、本栖湖畔・川尻鉱山そばの沢を少し上流に登ったあたり。これがついていた石は黒く緻密でかちかちに硬く、泥質ホルンフェルスのような感じ。鉱山のズリ跡、坑道付近ではまったく見かけない石です。沢では、鉱山産の鉱石様の石は一切見られません。地質図を見ると、「海成層 泥岩 前期中新世後期-中期中新世付加体」とのことなので、多分泥岩が変成されたものなのでしょうか。鉱山跡はすぐそばですが、玄武岩質となっていて、ちょうど地質の境界になっているみたいです。

泥質のホルンフェルスには、菫青石、紅柱石、珪線石などがよく見られるそうです。変成の温度、圧力によって、生み出される鉱物が変わってきます。この石も拡大すると、きらきらした結晶が表面にいっぱい見えますが、なんなのかよくわかりません。とても柔らかいところを見ると、上記の鉱物ではなさそうですが。。。

他にも、黄鉄鉱か黄銅鉱らしき、きれいな円形皮膜状にへばりついた金属光沢の部分も見えます。これは一体どうやって生成されたのだろう。場所によっては多分黄銅鉱が酸化したのか、鮮やかな紫や青に光っているところもあって、にぎやかな石です。

 

Pyrite_motosu_02

 

鉱山跡などから鉱物を探すのがまあ一般的なのでしょうが、個人的には、鉱山というわけではないごく普通の山の沢の石から面白い鉱物を見つけるほうが好きです。なんということもない粒子状ほどの小ささの結晶でも(たとえそれが黄鉄鉱とかごくありふれたものであっても)、思わぬところから見つける方が意外性があって、楽しいです。でもここではこれが産出する、という情報がないので、同定するのが難しいのが困るのですよねぇ。。。

やはり鉱山というのは人為的なもので、それはそれで面白いし楽しみ方も大きいのですが、人の手によらず風雨で山が崩れて沢になり、岩が露出してそこから自然に珍しい鉱物が顔を出す。。。というほうが、自分の好みということなのでしょう。別に変らないだろうと言われても、好みなのでいかんともしがたいのですw 鉱山というのは山を深く掘り、傷つけるものですからね。山の神さまを傷つけているような気もして、いまいち気持ちがもやもやする感じ。

沢には、山の侵食物がすべて集まります。基本的に、沢で石を探すのですが、ポイントがよく分からない時には、上流に向かって遡りながら、分岐ごとに石を調べて追っていったりすることもあります。

現在では堰堤のない沢などほぼ存在しないので、なかなかうまく追っていけないことも多いのですが、この堰堤そのものも、なかなか面白いのですよね。びっくりするような険しいところにも、いろんな堰が作られていて、びっくりします。時代もさまざまだし、石積み、木製、石と木の合わせ技、スリットダム(スリットで、大きな岩だけをせき止める)など、その種類の多さには目を見張るものがあります。ダムを見て回る趣味というのもありますが(ダムカードとかありますよね)、堰堤というのも、そういう対象に十分なりうるものだと思います。

台風などによる土石流の防止機能を担う重要な施設というだけでなく、土砂流出しなくなることによる川原や海浜の消失というような面など、自然と人間の活動のバランスの難しさを感じさせるという点でも、もっと注目されてもよいのではないかと思います。

石に飽きたら、堰堤の写真でも撮って回るのも面白いかなw

 

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »