最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 沸石(神奈川県足柄上郡林道秦野峠・高松鉱山周辺)(菱沸石、濁沸石、輝沸石) | トップページ | 菱苦土石(埼玉県秩父市秩父鉱山) »

2022年3月17日 (木)

辰砂(埼玉県飯能市岩井沢鉱山)

Cinnabar HgS 硫化鉱物

 

Cinnabar_iwaizawam_01

Cinnabar_iwaizawam_02

 

埼玉県の奥武蔵にある岩井沢鉱山あとで見つけた辰砂です。結晶質ではなく箔状ですが、真っ赤な色がきれいですね。

辰砂があるところに、2枚目左下のようなオレンジ色の部分もよく見られたのですが、これはなんだろう? 辰砂の色違い? 色的には、鶏冠石(Realgar:AsS)か、それが分解したパラ鶏冠石(Pararealgar:As4S4)のように見えますが。

辰砂は以前奥多摩のものを取り上げました(辰砂(東京都西多摩郡奥多摩町鋸山))。奥多摩と奥武蔵は全然別の山域というイメージですが、直線距離で約20kmくらいで隣り合っています。周辺は基本チャートが多く、マンガン鉱山の跡があちこちにあります。鋸山の多摩川の対岸は日原で、そこから川苔山、有馬山と繋がって、名栗地区。さらに正丸峠を経由すれば岩井沢のある高麗川北の稜線です。

岩井沢の上の稜線には奥武蔵グリーンラインという舗装林道が走っているので、むしろそこから下る方が行きやすいかもしれません(ただしグリーンラインから岩井沢に下る正規の道はないようです)。グリーンラインは、埼玉の自転車やバイク乗りの人なら、定番のコース。下から鉱山経由でブナ峠まで登ってみましたが、峠付近にブナは特に見当たりませんでした。植林の多いところなので、作業林道があちこち通っていて、行き様はいくらでもありますが、山としては特に面白い山域ではないですね。。。山コーヒーをするのによさげな関八州見晴台とか、ハイキングコースとして知られる場所もありますが、まあ地味ですよね。

坑道は岩井沢上流の枝沢沿い(廃林道あり)にあります。坑口周辺や下流に鉱石が転がっているので、そこを探します。マンガン鉱山だったので、黒い石を割ると、石英、ピンクの菱マンガン鉱(?)や黒くてきらきらした繊維状の水(軟)マンガン鉱、カリオピライトなどのマンガン鉱石、よくわからない緑っぽい鉱物などが現れてきます。まれにこんな真っ赤な辰砂も出てきます。

石を割る楽しさはマンガン鉱石が一番ですね(よく判別できないけれども)。

 

Iwaisawam_01

« 沸石(神奈川県足柄上郡林道秦野峠・高松鉱山周辺)(菱沸石、濁沸石、輝沸石) | トップページ | 菱苦土石(埼玉県秩父市秩父鉱山) »

▽硫化鉱物」カテゴリの記事

○埼玉県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沸石(神奈川県足柄上郡林道秦野峠・高松鉱山周辺)(菱沸石、濁沸石、輝沸石) | トップページ | 菱苦土石(埼玉県秩父市秩父鉱山) »