最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 海緑石?(神奈川県足柄上郡山北町尺里川) | トップページ | 辰砂(埼玉県飯能市岩井沢鉱山) »

2022年2月11日 (金)

沸石(神奈川県足柄上郡林道秦野峠・高松鉱山周辺)(菱沸石、濁沸石、輝沸石)

菱沸石 chabazite Ca(Si4Al2)O12・6H2O 珪酸塩鉱物
濁沸石 Laumontite CaAl2Si4O12・4H2O 珪酸塩鉱物
輝沸石 Heulandite (Na,Ca)2-3Al3(al,Si)2Si13O36・12H2O 珪酸塩鉱物

 

Chabazite_hadanotoge_01

Chabazite_hadanotoge_02

 

Heulandite_hadanotoge_01

 

丹沢山地の南部域で採集した沸石です。

1~3枚目は、林道秦野峠付近の産。松田町の寄(やどろぎ)・稲郷と、玄倉をつなぐ林道の峠です。

1、2枚目の、四角くちょっと表面がマットがかったような半透明な菱沸石。見る機会の多いありふれた沸石ですが、これはちょっと他のと違った雰囲気で、表面の質感もてかてかした感じじゃないし、辺はシャープだけれど、面はちょっと膨らんだ感じで、面白い。くずきりみたいですごくおいしそう。

2枚目も同様ですが、先端を斜めにすぱっと切った刀状の小さな結晶は、濁沸石。

3枚目は、輝沸石。球状のかたまりから四方八方に結晶が成長しています。

 


(2022/2/24追記)

この菱沸石としたものですが、方解石ではないかという指摘をいただきました。今度調べてみるつもりですが、とりあえず念のためにここに追記をしておきます。確かに方解石っぽい感じもするのですよね。。。


 

Laumontite_takamatsum_01

 

林道秦野峠から南に延びる稜線を3kmほど辿っていくと、高松山です。高松鉱山近くの沢(以前の忍石海緑石?の項と同じ採集場所)では、4枚目の写真のような濁沸石の結晶がたくさん見られます。

成分式を見るとわかるように、沸石は水分子を多く含んでいますが、濁沸石は他の沸石と違い、空気に触れた状態でこの水分子が抜けてしまうので、放置しておくと白く濁っていき、粉状に分解してぼろぼろに崩れてしまいます。保存するためには水の中に入れておいたりしないといけません。

つまり、濁沸石の多い岩盤というのは、崩れやすいということですね。実際、林道秦野峠あたりの岩はもろくてすぐに崩壊するので、すぐ通行止めになったりします(今もダメかも)。露頭のそばにいても、自然にぽろぽろと小さな岩の欠片が落ちてくるので、結構怖かったり。あれは濁沸石のせいかもしれない。

現在高松山の南麓では新東名のトンネル工事が進められていますが、昨年末(2021年12月)、新東名の工事が難航しており、完成予定が再延長されるというニュースが流れました。もっとも難航しているのが、全長2.9kmの高松トンネル。高松山というか、その南の山上にある高松集落の下あたりを通るトンネルですが、尺里川をさかのぼって高松鉱山に行く途中で工事現場を通ります。

 

Hisarigawa_01

 

トンネルを掘ったあとの大量のズリはどこにあるんだろう、見てみたいなあ、マンガン鉱石とかあるかも! などとのんびり考えながら通り過ぎましたが(笑)、かなり苦労していたのだなあ、すいません。濁沸石の脈とか多そうだし、関係あるのかな?

 

松田町の寄は、沸石の産地として有名なようですね。寄のすぐ北・稲郷にも、マンガンが出た稲郷鉱山があったようです。枕状溶岩が見られる地域でもあります。

寄から山北の八丁地域まで、明治頃まではいくつかの生活道が山を越えて通っていました。花嫁が歩いて通った道ということで、はなじょろ道と言われていましたが、最近廃道になっていた古道が整備され、歩きやすくなったようです。山の上まですべて植林に覆われて暗く、正直登山としては魅力に欠ける山域といわざるを得ないのですが(ただこの周辺の植林は整備が非常にきちんとしていて気持ちはいいのです)、山の中に仏像などの遺構も多く、まあ興味の方向を変えてみれば面白い地域であるといえるのかな。。。でも、高松山の頂上だけは伐採された眺めのいい草原で気持ちいいですよ。

寄も、行政的には「やどりき」という読みのようですが、自分はずっと以前から「やどろぎ」とよんでいました。変な名前ですね。植物のやどりぎからきているのでしょうか。ロウバイ園で有名ですが、見に行ったことはありません。むしろその時期は混むので避けます。ちなみに、町の中を流れる川は、中津川。また中津川か。。。

林道秦野峠は林道上の峠ですが、旧秦野峠はまた別の場所です。峠を越える道は、痕跡はあるけれど辿ったことはないのでどうなっているかわかりません。この周辺は緑のきれいな緑色凝灰岩が多く、激しい崩壊地ばかりです。

個人的には、旧秦野峠から鍋割山までの稜線は、丹沢でも一番のマイフェイバリットですね。伊勢沢の頭の明るい草原、檜岳(ひのきだっか。ドッケなどと同じ岩山を意味する言葉に「岳」をあてたらしい)のブナ林、雨山峠付近から石英閃緑岩域に入り、崩れやすく険しい地形となっていきます。真っ白な岩と、馬酔木やコケの緑が美しい地域。人でごったがえす鍋割山の頂上直前まで、人もそんなに多くなく、変化に富んだ地質と植生が続きます。何度行っても飽きない地域です。

 

Hinokidakka_01

檜岳のブナ林

 

« 海緑石?(神奈川県足柄上郡山北町尺里川) | トップページ | 辰砂(埼玉県飯能市岩井沢鉱山) »

▽珪酸塩鉱物」カテゴリの記事

○神奈川県」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させていただいています。
今回の1枚目と2枚目は方解石に思えます。ちょこっとネオナイスをかけてみられるといいと思います。
これららも楽しい写真を期待しています。

これらら→これからもの打ち間違いです。すいません。

tgcberylさん

返事おくれてすいません。
コメントありがとうございます。

方解石! まったく頭にのぼりすらしませんでした。
確かに見た目沸石にしては今まで見たものとはちょっと違うような? とも思ったのですが、菱沸石以外の考えは全然なかったですね。。。なるほど。

今度調べてみますが、とりあえず、追記を書き加えておこうと思います。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海緑石?(神奈川県足柄上郡山北町尺里川) | トップページ | 辰砂(埼玉県飯能市岩井沢鉱山) »