最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 枕状溶岩(神奈川県足柄上郡山北町玄倉) | トップページ | 海緑石?(神奈川県足柄上郡山北町尺里川) »

2022年1月26日 (水)

鱗珪石(静岡県伊豆の国市城山)

Tridymite SiO2 酸化鉱物

 

Tridymite_jouyama_01

Tridymite_jouyama_02

 

静岡県城山の六角形薄板状の鱗珪石。

石英と同じSiO2、同質異像です。SiO2の鉱物としては、石英、クリストバル石、鱗珪石(それぞれ高温型、低温型)、コーサイト、スティショバイトがあります。いわゆる水晶は低温型の石英の結晶。結晶化する時の温度、圧力の違いなどで、できる鉱物が決まってきます。

ここの鱗珪石は、城山の溶岩が固まる際、珪酸を含んだ火山ガスから直接晶洞内に結晶したもののようです。結晶が大きいものは、高温でできたものが冷えてひび割れが入るのですが、結晶が小さいからか、出来方のせいなのか、ひび割れはあまり見られません。

 

城山は、ロープウェイのある葛城山、発端丈山などと並ぶ、静浦山地南部に属する山(静浦山地の北側は俗に沼津アルプスなどと称されます(鷲頭山や徳倉山など))。標高こそ342mと高くはないのですが、なんといっても麓から見えるその大岩壁の威容で、大変目立つ山です。南北朝時代・戦国時代と、見張り台や城としても使われており、その遺構が山中に残っています。現在ちょうど放映中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、若き源頼朝が流刑の日々を過ごす北条の領地も、このすぐそばです。城山の姿も出てくるかなと思っていたんですが、出てきませんね。でも、頼朝も城山の姿を見上げていたはず(山梨周辺では必ず信玄がらみだったり、仙台周辺では必ず政宗がらみだったりするように、この辺では大抵頼朝がらみの話がついてまわります。また頼朝かよと思うことしばしばw)。(ところで現在、大河ドラマとほぼ同じ状況を、平家側からアニメ『平家物語』でやっているという。。。大河と違って、おおげさでなく深く美しい演技演出で、一見の価値があります)

城山は、火山の火道で冷えて固まった溶岩が、周りの山体の土壌が侵食されることによって塔状に取り残され露出した、火山岩頸(火山の根)といわれる地形です。伊豆の、特に海岸沿いでは、波によって切り立った塔のようになった火山岩頸があちこちで見られます。城山の隣の葛城山や雲見の烏帽子山、千貫門、下田の街中にそびえる下田富士なども同じで、溶岩が冷やされて規則正しい節理が発達した柱状節理や板状節理があることも多いです。

大きな目立つ火山岩頸は、大抵は白浜層群(約1000万から200万年前)中にあります。プレートに乗って、やがては伊豆半島となる海底が日本本土に近づきながら浅くなり、火山島がいくつも出来て盛んに噴出物を吐き出していた時代ですね。海中で噴出した溶岩は急激に冷やされるので、柱状節理にはなりません。柱状節理があるということは、陸上で溶岩が噴出し、冷やされたということです(海中で溶岩が固まると、前回紹介したような枕状溶岩ができたりします)。

 

これだけ交通の便のいいところにこのような大岩壁があるところはなかなか他にはなく、休日にはクライミングの人で賑わっています。城山の南の大仁から登る登山道がありますが(登山口にジオパークの看板が設置されています)、下の駐車場は岩目当ての人でいつも満員ですね。

この登山道に入って10分も行かないあたり、かなり古い採石場の跡があります。写真の鱗珪石は、その付近で採集したもの。

城山は結構すぐに登れるので、おすすめ(岩を登ったりはしないよ)。頂上からの景色もいいし、岩の様子も興味深いし、稜線のウバメガシの森も非常に美しいです。伊豆といえば、海沿い低山のウバメガシ、内陸高山のブナ・ヒメシャラ。どちらも、個人的にはもっとも好きな森ですね。伊豆の木々は、関東周辺の木々よりも何となく元気な感じがして。。。

 

Jouyama_01

伊豆の代表的なランドマークというにふさわしい、城山の岸壁。大仁側の登山口近くから。

 

« 枕状溶岩(神奈川県足柄上郡山北町玄倉) | トップページ | 海緑石?(神奈川県足柄上郡山北町尺里川) »

○静岡県」カテゴリの記事

▽酸化鉱物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 枕状溶岩(神奈川県足柄上郡山北町玄倉) | トップページ | 海緑石?(神奈川県足柄上郡山北町尺里川) »