最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 硫カドミウム鉱(山梨県南巨摩郡身延町川尻鉱山) | トップページ | 枕状溶岩(神奈川県足柄上郡山北町玄倉) »

2022年1月 9日 (日)

重晶石(静岡県河津町湯ヶ野鉱山)

Baryte Ba(SO4) 硫酸塩鉱物等

 

Baryte_yuganom_01

Baryte_yuganom_02

 

河津川流域、湯ヶ野鉱山の重晶石だと思います。薄青く透明な結晶がきれいですが、小さいです。肉眼レベルのものは見つかりませんでした。ここには重晶石が多いという古い論文の記述と、長波UVで青く光ることから、重晶石としました。

ここは黄鉄鉱が多く、写真中にも小さな黄鉄鉱の結晶がちらほら混じっているようです。青系統によった銀色金属光沢の粒子状に見えるものも付着いていますが、何だかわかりません。ここは近辺のいくつかの鉱山のように、テルル、ビスマス系は出るんだろうか。伊豆のテルル、ビスマス系の鉱山で時々見かける青っぽい金属光沢のものに似た感じがしますが、ここで産出する鉱物に関する情報があまり探し出せなかったので、わかりませんね。そもそも何をメインに採掘していた鉱山なのかもわかりません。

その他の鉱物としては、伊豆によくある、低~中温熱水鉱床っぽい微細な水晶くらいで、めぼしいものは見つかりませんでした。黄鉄鉱以外はすべて顕微鏡レベルです(黄鉄鉱もルーペレベル)。だから、鉱物採集のポイントとしてもこれまで(これからも)ほとんど注目されてこなかったのでしょう。

以前やはりこの付近で採集した重晶石ではないかと考えた石を取り上げましたが、出所は違います(重晶石(静岡県河津町河津川流域))。

 

そんなに長くない、なだらかな沢の中間にひとつだけちょっとした滝があり、その上下にズリがあります。上流のズリのほうが大きく、そこから流れ出た成分のせいか、滝の岩盤はいかにも何かありそうな顔つきをしています(上流のズリには凝灰岩と思われるもろい石が多く、粘土状になって固まっていたりする)。初めて訪れる情報のほとんどない場所はいいですねぇ、わくわくします。近辺を詳しく探し回ったわけではないですが、抗口らしいもの、鉱山の遺構のようなものは見かけませんでした。下流の鉱山入口らしい場所は整地されて公園のようにされていたので、多分埋めてきれいに整理してしまったのかもしれません(ズリはそのまま放置した状態ですけどね。。。)。

 

Yugano_01Yugano_02
左:湯ヶ野鉱山の滝。右:鉢ノ山。三筋山方面から。

 

湯ヶ野の山は北に鉢ノ山、観音山へと続き、天城山・登り尾の稜線に繋がる山域で、いわば天城山の南の端っこです。

鉢ノ山は約3万6000年前に噴火してできたきれいなスコリア丘で、伊豆東部火山群のひとつ。その山体は大室山より若干低いけれどほぼ同じ大きさで、火口跡である山頂(大室山ほど凹っていない)には、江戸時代の石仏群が残されています(観音山のふもとにも石仏群がありますが、どうしてこんな奥深い山中のあちこちにこんなものがあるのか、よくわかりません)。北の肩の平地には広大な太陽光発電設備が設置されていて、山頂途中まで車で林道を登ることができます。でも周囲を山で囲まれていて、そのきれいな形を眺めることのできる場所はごく限られます。毎年山焼きをして緑の草原になり、海際で目立つ大室山のような有名観光地にはなっていないのですが、ジオ的にとても面白い場所ではあります。

観音山は登山道はありませんが、伊豆では珍しい明るい岩稜です。昔ここで、すごい重低音の獣のうなり声に脅され、沢に逃げ込んでひどく苦労して下山したことがあります。山でクマに会ったことはありますが、その時の声の主はこちらを威嚇していると感じて、めちゃくちゃ怖かったのです。それ以来、観音山はちょっと苦手でまだ再訪できていないんですよね。。。

伊豆にはツキノワグマはいないとされてきましたが、昨年、西伊豆で見つかったというニュースを見ても、自分としては驚きはまったくなかったのです。いないわけないと思ってましたから。特に何度か行っている登り尾の付近は、とりわけ獣の匂いが非常に濃くて、このあたりでクマのっぽい痕跡(木のひっかき傷など)を見たという話を聞いていましたが、そうだろうなあと思っていました。えさも潤沢ですし。まあ姿を見たわけでなく、大型の野犬とか(その方がクマより怖そう)の可能性もあるでしょうけどね。。。

 

« 硫カドミウム鉱(山梨県南巨摩郡身延町川尻鉱山) | トップページ | 枕状溶岩(神奈川県足柄上郡山北町玄倉) »

○静岡県」カテゴリの記事

▽硫酸塩鉱物等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 硫カドミウム鉱(山梨県南巨摩郡身延町川尻鉱山) | トップページ | 枕状溶岩(神奈川県足柄上郡山北町玄倉) »