最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 磁硫鉄鉱(山梨県甲州市門井沢) | トップページ | 重晶石(静岡県河津町湯ヶ野鉱山) »

2022年1月 2日 (日)

硫カドミウム鉱(山梨県南巨摩郡身延町川尻鉱山)

Greenockite CdS 硫化鉱物

 

Greenockite_motosu_01

 

本栖湖畔、川尻鉱山の、硫カドミウム鉱ではないかと思います。光沢のある黒い部分は、閃亜鉛鉱かな?

試しに長波UVで川尻鉱山の鉱石を照らしていたら、強く黄色~オレンジに光る部分があり、これは何だろうということで気づきました。下の写真は、その様子。

 

Greenockite_motosu_02

 

鮮やかな黄色の、土状集合。まれに六方晶系の結晶になるそうですが、その形態は滅多に見られないようです(肉眼で確認できる大きさの結晶になると、赤くなるらしい)。ウルツ鉱の仲間で、理想的な結晶形は六角錘のような形で、両端の形が違う異極晶。

写真の部分を硫カドミウム鉱ではないかと考えたのは、そのカドミウムイエローの色と、閃亜鉛鉱の二次鉱物として産するというところから。川尻鉱山では、閃亜鉛鉱も採掘していたそうで、実際、拾った鉱石にも閃亜鉛鉱が多く見られました(閃亜鉛鉱にはごく微量のカドミウムが必ず含まれているそうです)。あと、黄色からオレンジ、赤に蛍光するとの記載もネット上でいくつか見られたので、硫カドミウム鉱としました。でも、デジタル鉱物図鑑やmindat.orgでは、蛍光についての記載はありません。亜鉛が含まれていると蛍光する? はっきりとはわかりません(硫化亜鉛カドミウムは蛍光・燐光するとのこと)。

硫化カドミウムは着色力が強く、絵の具、ゴム、樹脂、ガラス、陶磁器などの黄色の染料としても使われます。その黄色は、絵の具ではカドミウムイエローと呼ばれます。写真の鮮やかな黄色を見ればその美しさがわかりますね。他に替えようのない色ですが、カドミウムの毒性が高いため、その使用は最近では忌避されるようになってきました。

日本ではカドミウムといえば、まっさきに「イタイイタイ病」が連想されると思います。自分もそうでした。

イタイイタイ病は神岡鉱山からの廃水によって、神通川下流域の富山を中心に発生した病気で、水俣病、第二水俣病、四日市ぜんそくと並んで、戦後の高度成長期日本において発生した四大公害病のひとつです。神岡鉱山は亜鉛(閃亜鉛鉱)を中心に採掘していた鉱山ですので、その精錬の過程で大量のカドミウムが発生したということでしょうか。

閃亜鉛鉱は割と普通にどこでも産出する鉱物ですので、カドミウムは全国の河川に流れ込んでいると思いますが、閃亜鉛鉱に含まれるカドミウムは非常にわずかな量ですので、上流で大量のズリが常に流れ落ちているような場所でもない限り、問題となるようなものではないようです。

日本ではカドミウムの摂取量はかなり多く、その原因は主食がお米だからです(逆に言えば、お米以外からの摂取量は問題にならないということ)。水田に蓄積されやすいということのようですが、現在では食の多様化が進み、お米の摂取量の割合が減るとともに、カドミウムの摂取量も減ってきているとか(厚生労働省「「食品に含まれるカドミウム」に関するQ&A」)。

 

19世紀初頭のフランスで、絵の具のクロムイエロー(黄鉛:クロム酸鉛PbCrO4)が、若干遅れてカドミウムイエローが開発・発売され始めました。ゴッホの「ひまわり」の黄色はクロムイエローだとか。クロムイエローに比べてカドミウムイエローは高価で、色が変質しづらいということで、徐々に広まっていきました。

有名画家で最初にカドミウムイエローを使ったひとりが、モネ。モネをはじめ、印象派の画家たちのお気に入りの色のひとつだったそうですが、現在はその毒性の強さから、純粋な硫化カドミウムから作られたカドミウムイエロー(Pigment Yellow 37)は、日本でしか製造されていません。代替品(Pigment Yellow 35)では、その色は出せない、唯一無二の色です。

画家にとって、「色」とは命そのものでしょう。自分がもっとも関わりたくない本は、画集でした。印刷では絵画の色を再現することは不可能で(お金に糸目をつけなければ、近づけていくことはできるでしょうけど)、でも、画家は色をできる限り近づけたい。日本画であれば絵の具として貝殻やら鉱物の粉末をそのまま使うことも多く、CMYKだけでは近づけることもできないので、金やら銀を使わなければなりません。画集(特に画家が校正を見る場合)を作るうえで一番大変なのは、画家にいかに色の再現を諦めてもらうかです。それだけ、絵画にとって色は本質なのですね。

毒があるとかそんなのは、好きな色を使えないことと比べたら、まったく些細なことなんでしょう。音楽であれば、自分が思ったのと違う音で聞かれたり、自分が思った音が使えないのは、我慢ならないことですからね。その気持ちは、多分作者以外にはわからないと思います。その程度の違いなんて見たり聞いたりする人にはわからないよなんて言っちゃだめですよ。その違いが作者には何よりも大事だということだってあるんだから。作者にとって、表現において毒程度のリスクはリスクになりません。それは、今、自分が硫カドミウム鉱が毒だからといって、採集したりいじったり写真にとったりするのを控えたりしないのも同じことですね。

 

« 磁硫鉄鉱(山梨県甲州市門井沢) | トップページ | 重晶石(静岡県河津町湯ヶ野鉱山) »

▽硫化鉱物」カテゴリの記事

○山梨県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 磁硫鉄鉱(山梨県甲州市門井沢) | トップページ | 重晶石(静岡県河津町湯ヶ野鉱山) »