最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 沸石(山梨県大月市九鬼山周辺)(小沢鉱山の遺構?) | トップページ | 硫カドミウム鉱(山梨県南巨摩郡身延町川尻鉱山) »

2021年12月26日 (日)

磁硫鉄鉱(山梨県甲州市門井沢)

Pyrrhotite Fe7S8 硫化鉱物

 

Pyrrhotite_kadoisawa_01

Pyrrhotite_kadoisawa_02

Pyrrhotite_kadoisawa_03

 

大月から甲州街道の笹子峠を越えると、大菩薩嶺から流れる日川流域に入ります。門井沢が日川に合流するあたりは、武田勝頼の最後の戦場であり(鳥居畑)、甲斐武田氏の終焉の地です。徳川家康が勝頼の死を弔うために建立した景徳院があります。

門井沢沿いの林道を遡り、林道が終わるあたりで沢に下りると、白い珪灰石が転々としています。その石を割ると、たまに見つかる金属光沢の部分が、この磁硫鉄鉱。名前のとおり、若干磁石に反応します(かなり弱弱しい感じ)。六角形のきれいな結晶みたいのは見つかりませんでしたが(ここにあるのかどうかもわかりませんけど)、拡大すると、薄い板状の結晶が積み重なっているのが見えます。

一見すると雲母のように完全な劈開があるようにも見えるけれど、そういうわけではなく、分子が結合していない個別の板状の結晶が積み重なってるだけということなのでしょうか、原子配列に由来する割れ方である劈開は「なし」とのこと。でも、デジタル鉱物図鑑の磁硫鉄鉱の項では、「劈開:明瞭」となっていますね。。。

水晶なども、劈開なしとするものと、不明瞭とするものがあります。「劈開」というのは、結構あやふやな概念なのか。「なんとなく」を甘受しなければならない概念ということなんでしょうか。まあそれはそれで自分は受け入れるのはたやすい性格ではありますが。

鉱物には他に「裂開」という言葉もあって、不純物、構造の欠陥、双晶などの影響で特定の方向に割れることを言います。でも、裂開と劈開の違いを実際に実験して確かめるとすると、実験対象がすべて破壊されてしまうということに。。。

磁硫鉄鉱といえば、そのもっとも大きな特徴は、やはり磁性ですね。鉱物では磁性をもつものはそんなに多くなく、結構珍しい性質です。強磁性を示す鉱物は、鉄、ニッケル、コバルトなどの元素を含む一部の鉱物に限られます。

磁硫鉄鉱の磁性は、Sに対するFeの量で変わってくるそうです。FeSのものはトロイライトといい、磁性がなく、隕石中で見つかっていますが、地球上ではめったに見られないとか。Fe11S12~Fe9S10のものは(擬)六方晶系、Fe7S8組成のものは単斜晶系になるといいますが、見てわかるようなものではないでしょう。

 

甲州街道から笹子トンネルを抜けると、すぐ道の駅・甲斐大和があります。地形図だと、ここから裏道で門井沢の林道につながっているように描かれていますが、今ではもう道はありません。沢までは踏み跡が残っていますが、橋などはなく、沢を渡渉して林道まで斜面をよじ登ることになります。

林道を歩いていたら、すぐそばの草むらの中からいきなり軽く1mを超えるでっかい猪が飛び出てきて、すごい勢いで逃げ去っていきました。危なかった、もしこっちに向かってきてたら、ちょっとやばかった。。。住宅のあるあたりからそんなに離れていない場所だったんですが。

ここ最近数年、山で大型哺乳動物を見かけることが多くなりました。特に多くなったと感じるのは、カモシカ。以前はそんなこと全然なかったんですが、人のほとんどいかないようなところだけでなく、人の多い登山道付近でも最近はちょくちょく見かけます。カモシカは狩猟の対象になることがないので(天然記念物なので。でも牛だから食べるとおいしいらしい)、明らかになめくさってますねw 他の大型動物たちは、山の中で追われまくるのに、なぜカモシカだけ。。。と大変な不条理を感じていることでしょう。多分かなり数が増えているんじゃないかなぁ。あんまり増えすぎちゃうと、キミらも下手するとやばいかもよ、気をつけてね。

でもカモシカも鹿柵だらけの山では住みにくいでしょう。鹿柵の是非についてはいろいろ言いたいことは沢山あるのですが、ここでひとつだけ書きます。

人里近くの鹿柵は別として、山の上の方に作ってある鹿柵。かなりの部分、作りっぱなしになっていませんか? 鹿柵なんて、倒木やらなんやらで、数年経てば大量の粗大ごみになってしまいます。特に始末に困るのが、鉄条網。柵自体がすっかり倒れてしまっても、落葉の下とかに鉄条網が残っていて、すべての生き物にとって有害以外の何物でもありません。そういう粗大ごみと化した大量の柵の残骸が、山の中に放置されたままです。

誰が誰の土地で誰のお金で誰の利益のために設置しているか、さまざまだと思いますし、だからこそ誰も語らない(語れない)のかもしれません。大抵、そうやって、明らかな問題がそのまま放置されます。だからこそ、その必要性を説く学者は、その立場を生かして、そこまで目を配って語ってほしいという気持ちがあります。

 

« 沸石(山梨県大月市九鬼山周辺)(小沢鉱山の遺構?) | トップページ | 硫カドミウム鉱(山梨県南巨摩郡身延町川尻鉱山) »

▽硫化鉱物」カテゴリの記事

○山梨県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沸石(山梨県大月市九鬼山周辺)(小沢鉱山の遺構?) | トップページ | 硫カドミウム鉱(山梨県南巨摩郡身延町川尻鉱山) »