最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 翠銅鉱?(茨城県城里町錫高野) | トップページ | 玉髄(埼玉県飯能市上名栗武川岳周辺) »

2021年9月15日 (水)

青鉛鉱(茨城県城里町錫高野)

Linarite CuPb(SO4)(OH)2 硫酸塩鉱物等

 

Linarite_suzukoya_01

Linarite_suzukoya_03

 

前回(翠銅鉱?(茨城県城里町錫高野))の続き。同じ石です。「ちょっと違う色合いの水色の部分」と書いたのが、この部分。

希塩酸で、泡だったりしませんが、ちょっと白っぽく脱色するように分解します。この反応、色の傾向、形状から、青鉛鉱ではないかと考えましたけど、どうでしょうねぇ。多分いいんじゃないかな。

2枚目の写真で、濃緑色はブロシャン銅鉱、淡いシアンの一番サイズの大きいのが前回取り上げた部分(翠銅鉱?)、その間にところどころ、もうちょっと濃い水色で透明感のある部分が、今回の青鉛鉱ではないかと思うものです。写真だとちょっと分かりにくいですが(撮影が下手なせいですね)、目で見ると色合い、透明感など、違いがはっきりと分かります。

青鉛鉱というと、藍銅鉱に似た濃い青の透明な結晶というイメージですが、そのイメージと違ってちょっと薄い色合いですね。でもネット上で見てみると水色に近いものもちらほら見られます。自分は美しい紺色の立派なものなんて見つけたことはありませんが、それでも1枚目の写真のように、先が尖った、あるいは刀状の結晶が集合して伸びている様がなかなかいい感じ。皮膜状じゃつまらないですもんね(というか判別できない)。

割とありふれた二次鉱物だそうですし、高取鉱山・錫高野でも多くはないものの鉛系の鉱物(方鉛鉱など)の産出はありますし、採集場所では孔雀石はよく見つかります。青鉛鉱そのものの産出記録は見つかりませんでしたが、あってもおかしくないのかな?

青鉛鉱はその美しい青さから憧れの鉱物のひとつです。ちょっと思っていた色と違うけれども、まあいいかw でも、この青鉛鉱にしろ、翠銅鉱? にしろ、まさか錫高野で見つかるとは夢にも思っていなかったものです。成分を分析したりできないので、「この場所では何が産出する可能性があるか」という情報そのものが、鉱物判別のための一番重要な手段なわけです。その一番の手段が使えないので、判定にまったく自信が持てないのがつらいところ。軟十年も見続けていれば、手に取っただけでぱっとわかるようになるんでしょうか。。。

 

青鉛鉱のLinariteという名前は、スペインのアンダルシア州リナーレス(Linares)が由来。鉛の鉱山で栄えた街ですが、現在ではいくつもあった鉱山はすべて閉山したそうです。フラメンコの有名な歌手・カルメン・リナーレスは、ここの出身ですね。

パコ・デ・ルシアの有名な「リナーレスの調べ Aires De Linares」という曲は、タランタという鉱山の歌です。きつくて危険なリナーレスの鉱山での生活の中から生まれたものなんでしょう。そう考えながら聞くと、何だか青鉛鉱の青色が、人生の哀愁と、その裏側にある諦観にも似た突き抜けた明るい空の色のようにも思えてきます。

 

ところで錫高野には何度か行っているのですが、そばにある物産センター(県道51号線とビーフラインの交差するところ)にいつも寄って買い物していきます。きのこがおすすめなのです。珍しいハナビラタケがここの名産で、ここでしか買えないんじゃないかなあ。センター内にあるそば屋・そば処山桜もおすすめ。暖かいきのこ汁にそばをつけて食べる、つけきのこそば(うどんもあり)が、えらくおいしいのです。錫高野に行った帰りに、これを食べるのが楽しみのひとつなのだ。

 

« 翠銅鉱?(茨城県城里町錫高野) | トップページ | 玉髄(埼玉県飯能市上名栗武川岳周辺) »

〇茨城県」カテゴリの記事

▽硫酸塩鉱物等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 翠銅鉱?(茨城県城里町錫高野) | トップページ | 玉髄(埼玉県飯能市上名栗武川岳周辺) »