最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 硫砒銅鉱(山梨県北杜市増富鉱山) | トップページ | 方解石(埼玉県秩父郡小鹿野町二子山) »

2021年8月19日 (木)

自然金(山梨県大月市大月町本沢鉱山)

Gold Au 元素鉱物

 

Gold_honzawam_01

Gold_honzawam_02

Gold_honzawam_03

 

本沢鉱山で見つけた自然金です。母岩は石英。1枚目の写真、ちょっとへこんでますが、金がどうか調べるために針でつついたのですw 金は非常に展性(圧力をかけても破壊されず薄く広がる性質のこと)が大きく、箔状に広がります。色が似ている黄鉄鉱などは、つつくと粉々になってしまうので、この性質ですぐに判断ができます。

金と一緒になっているちょっと黒っぽい金属光沢部分は、金と共生することの多いホセ鉱(Joseite)ではないかと思います。ホセ鉱はビスマス、テルルと硫黄からなる鉱物で、組成のわずかな違いで、ホセ鉱A(Bi4TeS2)、ホセ鉱B(Bi4Te2S)などがありますが、肉眼では違いは分からないそうです(比較観察したことはない)。本沢鉱山ではホセ鉱Aの産出が報告されていますが、自分では判断できません。

本沢鉱山も、石英質の石は少なくなっていますが、それでもまだこんな自然金が見つかるもんなんですねぇ。小さなかけらですが、鏡下ではあちこちに金色の輝きを見ることができます。まああまり人も来ないんでしょうね。秩父鉱山やら甲武信鉱山では、あちこちで石を割ったあとや、ルーペやハンマーの忘れ物があったりしますが、ここではそういう痕跡を見たことがありません。結構行きやすいところだし、蒼鉛やテルルといった、結構珍しい成分の鉱物もあります。石英質の石を割ると、強い硫黄臭がします。

もともと金を採掘していた鉱山なので、あってもおかしくないのですが、やっぱり金は他の鉱物と比べても特別感があり、うれしいですね。非常にちっちゃいですけど。

昭和17(1942)~18(1943)年という短期間、沢沿いの露天掘りで採掘していたらしいですが、戦争中の物資かき集めといった感じだったんでしょうか? 現地では鉱山であったという痕跡も全然見当たらないし、詳しいことがわからないので、何ともいえませんが。

 

化学記号のAuの語源は、ラテン語の金を意味するaurumから。「光り輝くもの」の意味だそうで、オーラとかオーロラも同起源の言葉です。現代では、フランス語のOr、イタリア語のOroがこの系統ですね。

英語のGoldの語源は、ネットで検索するとサンスクリット語のjvalita(輝くの意)からきているらしいとありますが、どこがどうなって語源なのか、全然わかりませんw

漢字の「金」は、鋳型の形で表現されていて、もともと金属・鉱石全般(特に銅)を表す漢字だったようです。中国の殷、周・春秋戦国時代のころの、青銅器に鋳込まれたり刻まれたりした文字のことを金文といいますが、この「金」とはつまり青銅器のこと。Goldを金としたのは、もっと後の時代のことのようです。金文では「金」の下部が「土」である表記と「火」の表記の二種類があります。「土」というのは地面から掘り出した鉱石という意味でしょう。「火」というのは、火によって錬成され鋳込まれたものであるという意味ですね。金文より古い甲骨文字では「火」の表記となっていて、はるか昔から、鉱石の溶錬が行われていたことがわかります。

 

基本こういうのはネットで検索することがほとんどです。本は重いし、持ち出すのが面倒だし、引っ越しなどでさんざん苦労したので、できるだけ増やさないようにしていて、もうネットか電子ブックで十分かな? 最近買った本は鉱物関係しかないなw

でも、現在大流行りの新コロ騒動(新型コロナウイルス感染症をめぐる出来事をかわいく、わざと矮小化してそう記していますw)で、あらゆるメディアの信頼性が地に落ちたなあと感じているんですよね。いや違うな、最初から信じてなかったけど、もはや情報そのものが害毒でしかないレベルになってしまった、というか。新聞テレビはもちろんネットも、特に新コロに関してはひとかけらも信用してはいけないんじゃないか。新聞テレビというのは政治、宗教、営利活動の入り混じったもので、もともと公平公正なジャーナリズムなんてのは矛盾でしかないのですが、ネットもたいがいだな、と。。。

お盆に帰省したら家族に感染して次の日に発症してしまいました、なんていう思わず笑ってしまうようなお話が、まじめにテレビやらネットで語られているのを見ると、時間の経過にできるだけ耐えられるように苦心して作られている分、書籍のほうがまだましかなあと思えてきます。。。。まあでも出版社によっては校正をほぼ著者だけにまかせっきりなんてところもあるんですけどね。校正って一番その重要性が見えにくく、削られやすい部分で、しかも一番書籍の価値に直結している作業なのです。

とにかくこの新コロ騒動のおかげで、いろんなことが見えてきたような気がします。

« 硫砒銅鉱(山梨県北杜市増富鉱山) | トップページ | 方解石(埼玉県秩父郡小鹿野町二子山) »

○山梨県」カテゴリの記事

▽元素鉱物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 硫砒銅鉱(山梨県北杜市増富鉱山) | トップページ | 方解石(埼玉県秩父郡小鹿野町二子山) »