最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三浦半島三崎層(神奈川県三浦市盗人狩) | トップページ | 褐簾石(山梨県甲州市大菩薩峠) »

2021年7月25日 (日)

鉄電気石(茨城県北茨城市華川町花園)

Schorl NaFe2+3Al6(Si6O18)(BO3)3(OH)3(OH) 珪酸塩鉱物

 

Schorl_hanazono_01

Schorl_hanazono_02

Schorl_hanazono_03

 

花園の鉄電気石です。色がなんか苦土電気石っぽい感じですが、鉄以外の成分がちょっと混じっているせいでしょうか? 3枚目の写真のように真っ黒い部分もありますし、花園で産出するのは鉄電気石という情報しかないので、まあそうなのでしょう。

採集したのは、松原聰『鉱物観察ガイド』(東海大学出版会)の花園の章に紹介されている「峠下橋」という地点だろうと思います。なにしろ川に釣り人が多くて、人のいない大分下流で渡渉せざるをえず、ヤブっぽい山の中を進んでいったので、思ったよりたどり着くのに苦労しました。鉈でもあればよかった。でも、今まで見つけた電気石の中でもかなり立派なものだったので、行った甲斐はあったかな、かな?

部分的に母岩に放射状になってついているので、見つけた時は、泥がついていて紅柱石みたいにも見えたんですが、残念、違った。。。結局はっきりと紅柱石といえるものは見つけられませんでした。

 

トルマリンというと、健康にいいというトルマリンを使った商品の数々を思い出します。

なぜ体にいいと言われるのか調べてみると、マイナスイオンの発生、表面電荷の発生、ミネラル分の溶出、熱の発生などの効果があるといいます。マイナスイオンというのはよく言われますが、よくわかりません。森林とか、沢などでも出ていて、それが人間の精神や健康によいとかいわれます。とりあえず体にいいことにして商品の広告にしてたら、うまく世に広まってしまった例のようにも思えます。夏の土用の丑の日にうなぎを食べるみたいな?(うなぎの旬は冬。平賀源内のせいで、旬にはあまりお店で売っていないという本末転倒なことになってしまったw)

こういうのが科学的に正しいとか間違っているというのは、よくわかりません。科学って、現実にうまく則している考えを煉瓦のように積み重ねて作られた体系だと思うので、そもそも科学でうまく説明のついていないものごとは、まだ「科学」を判断基準にするべきレベルのものごとではない、と思うのです。最近は「科学的根拠に基づいた」という言葉がなんとも容易く印籠のように使われることが多く、その言葉を使うだけで、まるで本当みたいに思えてくる魔法の言葉になっていますね。なので、逆に若干のインチキ感すら漂わせてしまう始末。

実際のところ、トルマリンが健康にいいと根拠なく信じこんで身につけている人と、そんなのはうそだとバカにしている人がいたとして、そのどちらか、より健康に長生きした方が正しい、とか、その程度のレベルの話でしかないんじゃないか(実際にどちらがより健康であったかなんて客観的な判断は不可能)。統計をとって有意差がみられるとかそんなのは、現実の人間の通常の生活には関係ないのであって、知り合いがそうだったとか、話に聞いたとか、結局そういう個人的な見方こそが、人間にとっては本当に重要なことなんじゃないかという気すらしてきます(低い可能性をひいた人に、それは統計的に可能性は低いのだといっても、何ら実用性はない)。

もし疑いなく重要であることがあるとしたら、それは個人の生存と種の繁栄・保存にどれだけ有用であるか、という一点ではないか。生命にとって、その一点のみが最大・唯一の価値なんじゃないか。そうならば、「科学的根拠がない」トルマリンの効用を信じて身につけるというのも、意味があることになる。特に身につけることによる害がないのなら、そう信じている人にとっては、身につけないことより身につけることのほうが個人の生存には有用だと考えられるから。

 

ああ何だかしょうもないことを書きつらねてしまった気がするw

ちなみに自分にとって鉱物を探すのは、個人の生存にとって非常に有用です。つねに何かに集中して興味をもっていないと死んでしまうから。種の保存に有用かどうかはわからないw

 

« 三浦半島三崎層(神奈川県三浦市盗人狩) | トップページ | 褐簾石(山梨県甲州市大菩薩峠) »

▽珪酸塩鉱物」カテゴリの記事

〇茨城県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三浦半島三崎層(神奈川県三浦市盗人狩) | トップページ | 褐簾石(山梨県甲州市大菩薩峠) »