最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 黄鉄鉱(栃木県日光市足尾町足尾銅山) | トップページ | 灰礬柘榴石(埼玉県秩父市秩父鉱山) »

2021年6月29日 (火)

蛍石(茨城県城里町錫高野)

Fluorite CaF2 ハロゲン化鉱物

 

Fluorite_suzukoya_01

Fluorite_suzukoya_02

Fluorite_suzukoya_03

Fluorite_suzukoya_04

 

よく知られた錫高野の蛍石です。

高取山東の沢の上流、左岸に露頭があります。有名どころなので、もうきれいに整った結晶は滅多に見つからないのではないかと思いますが(大きいものであれば、劈開が強いので立方体あるいは八面体にきれいに割れるはず。。。でもチャレンジしたくないw)、淡い緑や紫がきれいです。青く光っている2、4枚目の写真は、それぞれ1、3枚目に長波(365nm)の紫外線をあてたもの。加熱しても光るそうですが、試したことはありません(破片が飛び散るらしい)。

よくきれいな結晶が売られているのを目にしますが、分離結晶の場合はほとんど加工されたものではないかと思います。日本では加工するのに十分なほどの大きな固まりは産しないです。最大の産出国は中国です。ちなみに漢方でも(紫色の)蛍石が使われるのですが、なぜか紫石英という名称になっています(昔はアメジストだったらしいが)。蛍石のほうが手に入りやすかったからですかね? 中国の南部では、紫色の方解石を、「紫石英」として使っているところもあるようです。つまり、〈紫色の透明な石〉という「概念」が必要だったということでしょうか。成分ではなく、視覚的な形象による分類を基本にしているということで、西洋文明とはまったく異質なものを感じますね。おもしろい。

蛍石は古くから鉄鉱石の融剤として使われてきたため、「流れる」という意味のラテン語「fluere」から名付けられました。さらにこの蛍石を由来として、蛍光現象(fluorescence)、フッ素(fluorine)などが名付けられました(なお、エネルギーを受けた物体の発光現象のことをルミネセンス〈luminescence〉とも言いますが、その違いはちょっとあやふやなところもあって面倒なので、ここではスルーします。興味ある方は自分で調べてね)。

 

先日全14話完結した「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」というアニメがありました。AI(アンドロイド)の人類への反逆にいたる過程、そしてそれを阻止しようとする未来から来たAIと、史上初の自律人型AI歌姫の100年にわたる物語でしたが、最近珍しい、純粋なSFオリジナルのアニメでした。このサブタイトル「Fluorite Eye’s Song」の「Fluorite」というのはもちろん、蛍石のことです。

蛍石は色収差が非常に小さいので、高級な光学製品にレンズとして使われています(現在ではほとんど人工蛍石ですが)。蛍石のモース硬度は4なので、ガラスよりも加工もしやすいのかな?(ガラスは5~6)

アニメでは頻繁にAIの目の精密なアップ画像が使われていて、そこだけ作画が変わるので非常に印象的でしたが、つまりこの目は蛍石のレンズだったんですね(というか、Fluorite Eyeという言葉で、人間ではない、AIを象徴してたってことですけど)。人間の目は「水晶体」。水晶とフローライトというふたつの鉱物で表現しているのは、その類似性なのか差異だったのか、なかなかうまい表現だと思います。よい作品だったので、興味あったらぜひ。

 

« 黄鉄鉱(栃木県日光市足尾町足尾銅山) | トップページ | 灰礬柘榴石(埼玉県秩父市秩父鉱山) »

〇茨城県」カテゴリの記事

▽ハロゲン化鉱物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄鉄鉱(栃木県日光市足尾町足尾銅山) | トップページ | 灰礬柘榴石(埼玉県秩父市秩父鉱山) »