最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 黄鉄鉱(静岡県河津町河津川流域S鉱山) | トップページ | 鉄重石(茨城県城里町錫高野) »

2021年3月30日 (火)

燐灰石(山梨県道志村道志川流域)

Apatite (Ca,Ba,Pb,Sr,et9.)5(PO4,CO3)3(F,Cl,OH) 燐酸塩鉱物等

 

Apatite_doshi_01

 

道志川流域、丹沢側のペグマタイトで採集したものです(ちなみに今回の写真はすべて顕微鏡写真ではありません)。長石、石英(水晶)、緑泥石の中に、六角柱状の結晶が見えます。

最初見つけた時は、とてもシャープな結晶でおおっと思ったのですが、特に深く考えずまあ長石だろうと。。。今回採集したポイントは長石(斜長石?)が非常に豊富だったので。現地ではルーペしかないし、探すのに夢中で、そんなによく観察できないですよね。ね?

でも家に帰ってから見ていて、何となく表面の雰囲気も違うし(真っ白ではない)、ちょっと中身は緑が入ってるし、六角柱状だし、長石じゃないんじゃないの、なんだろうと思っていたのです。

試しにUV(長波:365nm)を当ててみたらびっくり、きれいな強いオレンジ色で光りました。

 

Apatite_doshi_02

 

ということで、いろいろ考えて、燐灰石ではないかと思ったのですがどうでしょうか。今まで燐灰石を拾ってきちんと見たことがないので不安ではありますが、多分当たっているのではないかと。(ところで薄紫に光っているところがあちこちにありますが、長石の蛍光でしょうか。あるいは通常光が混じっていてそれが照らしているだけ?)

燐灰石は、フッ素燐灰石、水酸燐灰石、塩素燐灰石の3種類ありますが、どれかは分かりません。一番ありふれたフッ素燐灰石が可能性としてはもっとも高いのかもしれません。ちなみに同じ丹沢の玄倉・水晶沢で産出することで有名だったのは、塩素燐灰石です。道志のポイントも水晶沢も、同じ丹沢中央部のトーナル岩地帯ですが、それだけでは決められませんね。水晶沢のある同角の頭付近は、銅を中心とした硫化鉱物も出るし、モリブデン鉱もあるらしい特殊なところですし。

でも、道志のペグマタイトで燐灰石が出るという話は聞いたことがなかったですね。燐灰石は「ほぼあらゆる産状で出る最もふつうのリン酸塩鉱物」(松原聰他『図説 鉱物の博物学』秀和システム、2016年)だそうですが。。。

 

ちょっと久々の丹沢でしたが、やっぱりここは家に帰ってきたみたいに、心が落ち着きます。東、西、北とちょっと雰囲気は違いますが、他の山域のような「よそ行き」という感じがなく、人の踏み込んだ気配のない沢とかでもなんとなく安心できるんですよね。

子どものころ、まれに山の中で周囲から強い視線を感じることがありましたが、それが山の神さまだったと知ったのは、大人になって佐藤芝明『丹沢・桂秋山域の山の神々』でそっくり同じ経験が書かれているのを読んでからです。自分を超えた存在を感じると、それはどうも「恐怖」という感情の形をとるしかないようで、非常に恐ろしい経験なのですが、それが敵意ではないことは分かる。

ヨーロッパでもそういうことはあるらしく、日本の山の神さまに対応するのは、「パン(牧神)」です。オーストリアの作曲家・マーラーの妻が書いた伝記に、森の中の作曲小屋から蒼い顔で逃げてきたマーラーが、「パンに見つめられた」と言ったという話が出てきたと記憶しますが、それも同じ経験だろうと思います。

自分は宗教は敬して遠ざけるタイプの人間で霊感などもゼロですが、実のところ、今でも丹沢で感じることはたまーにあるんですよね。何だかよくわからないけれど、見られてる感がある。自分は赤ん坊のころから丹沢に連れて行かれていたので、向こうもちょっとは気にしてるんじゃないか、と思ったりします(子どものころの話はマンガンパンペリー石の項でも書きましたが)。

こんなことを書くと変なやつだと思われるかもしれませんが、まあ別にいいやw こういうのは、経験した人と言葉でしか知らない人では、理解しあえることはないと思っているので。。。人が五感でしか外の世界を認識しえない以上、もしそれが錯覚や幻聴であったとしても、それはその人にとっては真の経験であることに違いはなく、旅行したり本を読んだり音楽を聴いたりするのと同じく、その人の世界を形作るものだと思います。

 

Doshi_01

道志のペグマタイトの沢。

 

« 黄鉄鉱(静岡県河津町河津川流域S鉱山) | トップページ | 鉄重石(茨城県城里町錫高野) »

○山梨県」カテゴリの記事

▽燐酸塩鉱物等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄鉄鉱(静岡県河津町河津川流域S鉱山) | トップページ | 鉄重石(茨城県城里町錫高野) »