最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 岩塩(静岡県河津町菖蒲沢浜) | トップページ | 黒鉱?(神奈川県足柄下郡湯河原町新崎川流域) »

2021年1月 9日 (土)

緑閃石(群馬県藤岡市八塩鉱山)

Actinolite □Ca2(Mg4.5-2.5Fe2+0.5-2.5)Si8O22(OH)2 珪酸塩鉱物

 

Actinolite_yashiom_01

Actinolite_yashiom_02

 

緑閃石は別名、透緑閃石、アクチノ閃石、陽起石などともいわれます。写真のような粗い結晶だと緑のきれいな鉱物ですが、もっと細かい繊維状、針状でもよく見られます。さらに肉眼では見えないくらい細い結晶の緻密な集合=塊りは、中国では硬玉(ヒスイ)に対して軟玉(ネフライト:nephrite)と呼ばれて、宝石の一種となります(石英より少し柔らかい)。

アクチノライトという英名の語源は、ギリシャ語。1794年、アイルランドの地質学者・化学者のリチャード・カーワン(Richard Kirwan、1733-1812)によって命名されました。ακτίνα(aktina:光線)とλίθος(lithos:石)の組み合わせですが、繊維状のイメージからきているんでしょうかね。

ところで、この緑閃石にはもうひとつ属するグループがあります。天然に産するの繊維状珪酸塩鉱物のことを、石綿、アスベストと総称します(上の写真にも、一部繊維状結晶があります)。現代における鉱物三大悪役のひとつ、アスベストですねw でもその歴史は非常に長いようです。

古代エジプト、中国など、はるか古代から燃えない布としてずっと使われてきた石綿ですが、日本でも、かぐや姫が結婚の条件として出した無理難題のひとつが、火山に住む火鼠という幻獣の皮でできた、燃えない衣でした。和名類聚抄には「(巻18・毛群部第29・毛群名第234・20丁表4行目)火鼠 神異記云火鼠[和名比禰須三]取其毛織為布若汚以火焼之更令清潔矣」とあります。汚れたら燃やすと清潔になるらしい。

これは中国では火浣布(かかんぷ)として知られていて、実際は想像上のものでなく、石綿のことと思われます。かぐや姫の話では、苦労してようやく天竺由来の「火鼠のかはごろも」を手に入れた右大臣安倍のみうしが贈ったのですが、本物かどうか火にくべて試したら燃えてしまったので、結婚したくないかぐや様は喜んで「おかわいいこと」と笑った、という。。。(ちょっと違う)。かぐや様はつれないですねぇw

『列子』には、周の穆王が西戎を攻めたときに、西戎が降伏の印として錕鋙の剣と火浣布を献上してきたとあります。また『抱朴子』によると、火浣布には三種類あるらしい。一つは、肅邱という島に生えている、燃やしても灰にならない木があり、この木の花を布に織ったもの、一つは、この木の皮を灰と一緒に煮て布に織ったもの、一つは、毛が三寸ばかりの白鼠が上空の木に住んでいて、この毛は火中で焼けず、集めて布を織ったもの。最後のものがかぐや姫の火鼠のことですね。

江戸時代には、平賀源内が石綿を製作したり、「火浣布説」「火浣布略説」という書を著しています。彼は金山事業の関連で埼玉中津川の秩父鉱山周辺に何度も訪れており、あるいはここで見つけた閃石類を使ったのかもしれません。

西洋では、マルコ・ポーロの『東方見聞録』に「サラマンダーの皮」というものが出てきます。なぜトカゲとかネズミとかが火に強いということになったんでしょうか。多分なにかしら理由があるはずですが。。。

 

現代ではもはや原則生産されていない石綿、アスベストですが、子どものころは理科の実験で、ビーカーを熱する時に下に敷くものとして、まだ使われていました。生産されていないといっても、まだ使われてそのままになっている建築物は多く、その排出量がピークを迎えるのはこれからだそうですが。

アスベストといっても鉱物名ではなく、蛇紋石族のクリソタイル、角閃石族のクロシドライト(リーベック閃石)、アモサイト、アンソフィライト (直閃石)、トレモライト(透閃石)、そしてこのアクチノライト(緑閃石)の、繊維状結晶の総称です。アスベストとして使用されてきたのはほとんどはクリソタイルで、緑閃石はアスベストの原料としては、ほとんど使用されていないようです。緑閃石の鉱山なんて、聞いたことないですし。

大きな結晶だと、淡い緑の半透明がほんとにきれいなんですけどね。

 

« 岩塩(静岡県河津町菖蒲沢浜) | トップページ | 黒鉱?(神奈川県足柄下郡湯河原町新崎川流域) »

▽珪酸塩鉱物」カテゴリの記事

〇群馬県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岩塩(静岡県河津町菖蒲沢浜) | トップページ | 黒鉱?(神奈川県足柄下郡湯河原町新崎川流域) »