最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月に作成された記事

2021年1月29日 (金)

パウ石(静岡県下田市稲生沢川流域)

Poughite Fe3+2(Te4+O3)2(SO4)・3H2O 酸化鉱物

 

Poughite_rendaiji_01

 

またまた稀産鉱物の宝庫、河津鉱山由来の、珍しい鉱物です(多分)。

最初微細な水晶の晶洞の中に見つけた時はキントレ石かと思ったのですが、キントレ石はもっと錆びて赤茶けた水晶などにくっついているイメージなので、ちょっと違和感がありました。さらにいろいろ調べているうちに、見つけました。それまでまったく聞いたことのなかった名前です。河津鉱山の黄色い鉱物ということで、やはりテルル系。

模式地は、テルル鉱物を多産したメキシコのモクテスマ(Moctezuma)鉱山。モクテスマというのは、アステカの国王の名前で、ナワトル語で「若き君主」の意だそうですが、モクテスマという町の名前がどのような経緯でついたかはわかりません。1968年、ゲインズ(Richard Venable Gaines)により、アメリカの鉱物学者・パウ(Frederick Harvey Pough、1906-2006 )に因んで命名されました。パウは、アメリカのいくつかの博物館長を務めた人で、Peterson Field Guide to Rocks and Minerals などの著作があります。

日本では河津鉱山のほか、北海道の手稲鉱山、小別沢鉱山で産出するようです。

 

それにしても、河津鉱山(蓮台寺川)の多彩な産出っぷりは、まったくびっくりします。ちょっと川原から拾ってきた石を、とにかく細かく割って顕微鏡でじっくり見ていくのが、ほんとうに楽しい。何かしら見つかります(もちろん、どういう石を拾うかが重要なんですが)。

ふと思ったんですが、蓮台寺川は下田市で、河津町からは結構離れているのに、 どうして「河津」鉱山なんでしょうかね。おかしくないですか。かなり範囲が広いとはいっても、蓮台寺川流域は全部下田市の範囲だし、車で県道414号を河津に向かっても、かなり距離があります(現在、新しくトンネルが掘られて、バイパスが建設されていますね)。どう考えても、ここを河津鉱山というのはおかしい。個人的には、河津といったら天城の南麓という感じで(登り尾、猿山、三筋山など、つまり河津川流域)、南伊豆の下田とははっきり別地域というイメージなんですよね。

1600年ころにはもう掘られていたようですが、昔はこのあたりも河津と呼ばれていたんでしょうか。やはり古い縄地鉱山あたりとまとめて認識されて、一緒に河津呼ばわりされていたとか? あるいは、昔はもっとずっと広い範囲で採掘されていて、河津川の周辺まで鉱山地域が広がっていたのか? もしそうならば、蓮台寺と河津の間の山間部、特に稲梓の西側周辺の山では石関連の話を聞きません(加増野や青野まで行けば鉱山跡があります)が、ちょっと気になりますね。。。

 

2021年1月25日 (月)

灰鉄輝石(埼玉県秩父市秩父鉱山)

Hedenbergite CaFe2+Si2O6 珪酸塩鉱物

 

Hedenbergite_chichibum_01

 

秩父鉱山の山鳥露頭の川原にあったもの。灰鉄輝石の針状結晶の集合だと思いますが、どうでしょうか。針状の細かい結晶を拡大すると、結構透明感がある感じです。灰鉄輝石というと、もうちょっと緑っぽいイメージがありますけど、鉱物って同じ種類でもいろんな色合いがあって、判断しずらいですよねぇ。

自分の大ざっぱな感覚では、スカルンで放射状の集合があったら、緑系のものであれば灰鉄輝石、白ければ珪灰石という感じ。山鳥の露頭近くには灰鉄輝石が多いらしいので、間違いないと思うんですが。。。

大抵の鉱物図鑑って肉眼で見えるくらい大きくて立派な標本の写真しか載ってないので、こういう顕微鏡レベルの小さなものの判断基準にはなかなかならない気がします。せめて海外のすごいものの写真でなく、国内の標本の写真を使ってくれればいいんですけど。。。保育社の豊遙秋・青木正博著『検索入門 鉱物・岩石』という本は、日本で採集できる(立派な結晶ではない)地味な写真を使っていて、しかも石の成因別になっているので、結構参考になります。こういう類の顕微鏡写真主体のものがあれば一番いいんだけど(売れなさそうw)。

(ところでキンドルの鉱物本をいくつか持ってるんですが、キンドル版ってなぜ文字検索できないのだろう。データ版である意味がまったくないと思うのだけれど。持って歩くのが楽なのはいいんだけど、いいところといったらそれくらいで、検索できないデータって買う価値ないよなあといつも思います)

 

Hedenbergite_chichibum_02

Hedenbergite_chichibum_03

 

こちらは、同じ秩父鉱山の大黒下にあったもの。川原でなく、その上の広い駐車スペース脇の石山の中に落ちてたもの。あの辺の斜面って、大黒抗のズリでできてるみたいですが、そこを均して平地にした時の石の山だと思います。これも灰鉄輝石だろうと思いますが、どうなんだろう。

自分の少ない経験の中でいうと、最初見た時、金鶏金山にたくさんあった苦土電気石と見かけそっくりじゃん、と思った(苦土電気石(長野県茅野市金鶏金山)秩父鉱山でも苦土電気石は出るみたいだけど、金鶏金山ではクロムが含まれているから緑がかってるのであって、そうでなければこんな色ではないみたいだし、とすれば、灰鉄輝石しかないかなぁ、と。

多分もっといろんな博物館等で現物を見ればいいんだろうけど、そういうところに行く時間があったら現場に行きたいと思ってしまうのがいけないんだろうなあ。きれいな鉱物をコレクションしたいわけでなく、「探す」ということが好きなんですね。だから、目的の鉱物が見つからなくても、まあそれはそれで仕方ない。本当は、名前のはっきりした実物を実際に見ないと、覚えられないとは思うんですが。自分はミネラルショーみたいなところは行ったことはないし、行く気もないのです。それで知識がなかなか増えなくても、まるで見当違いの間違ったことを書いてしまっても、それは仕方ない、実際、よく分からないのだからw

 

ごくまれに、こういうズリなどで、別の場所で採れた石を捨てていく人がいるらしいですね。正直、意味がわからない。。。河津鉱山のズリとかに石捨て場みたいになった場所が昔あったらしいですし、ここ秩父でも出るはずのないものが落ちていたことがあったらしい。

重機を持ち出したとかいう話や、多人数で端から端まで一気に掘り起こしたとか。。。大きな露頭の岩が一夜にして消えた、などという話もありますね。自分も、別の場所ですが、大きなつるはしやスコップを使って掘っている人を見かけたことがありますが、これはアウトかな、と。こうなると採集とはいえずもはや採掘ではないかと。多分売るために掘っているのではないかと思いますが、こういうものを手にしてしまう可能性が0ではない以上、どんな場合でも、お金で鉱物を買うことは一切しないと個人的に決めています(当然売る、交換する、などもなし)。売り買いが悪いといっているわけではありません。現在ではどんなことも経済と無縁ではいられない。これは自分だけの決め事で、コレクションが目的ではない自分だからこそできることですし、他の人がどう考え行動するかはその人の問題で、口を出す気はないのだ(ただ、違う産地の石を違うところに捨てるのはやめてくれとは言いたい)。

まあこの話題は書き出すと過激な文面に走りやすいのでもうやめますが、この機会に自分のやり方を明記しておいてもいいかな、と思い、書いておきますね。

 

2021年1月17日 (日)

黒鉱?(神奈川県足柄下郡湯河原町新崎川流域)

kuroko(black ore) 硫化鉱物

 

湯河原の山の林道で見つけました。何度か訪れているところなのですが、今までなかった林道が新しく作られていて、その起点の広場で、このあたりで見たことのない石がたくさん転がっているのを見つけました。林道の工事に伴って、別の場所から持ってきたものかもしれません。その林道が続いていると思われる先に、林道を切り開いた際にできたと思われる見覚えのない露頭が見えたので、そこの石かも?(確認はしてません)

真っ黒で、手にとってみると非常に重く、金属のかたまりのように見えましたので、数個拾ってきました。

林道で拾ったものなので、出所もあやしいですし、普段だったら拾わないのですが(最初見た時は実際スルーした)、ちょっと面白い石だったので、ここで取り上げることにしました。

新崎川流域のいくつかの沢で石を探したことがありますが、どこでも硫化鉱物はまったく見たことがありません。面白そうな鉱物といえば、せいぜいかんらん石くらいで。。。(伊豆の海岸で見られるのとそっくりな、穴のあいた軽い火山の噴出物が多い。箱根や幕山の噴火に由来するものだと思いますが)。

 

Kuroko_yugawara_01

Kuroko_yugawara_04

Kuroko_yugawara_06

 

ネオジム磁石に弱くくっつきます。場所によっては、磁鉄鉱のように強くつきます。

1枚目の写真の石を見た時、閃亜鉛鉱かなとも思いましたが、自信なし。ともかく、なんらかの硫化鉱物であることは間違いないとは思いますが。。。ところどころ丸い穴が空いていて、3枚目の写真のように、穴の中には尖がった牙のような結晶(?)があります。葉片状になっている部分もあります。3枚目の写真の、薄青白く球状だったり薄い板状の部分はなんだろう、重晶石だろうか。

 

Kuroko_yugawara_05

 

この球状のかたまり(とその下)は、黄銅鉱に見えますね。こういうさまざまな硫化鉱物(黄銅鉱、黄鉄鉱、赤鉄鉱、閃亜鉛鉱など?)が混ざり合って集合しているような感じ。緻密な黒っぽい金属のかたまりです。

 

Kuroko_yugawara_02

Kuroko_yugawara_03

 

こんな針状・板状の結晶もありました。こちらは金属でなく、透明感があります。

1枚目の針状結晶の先端には、金属の小さな球がくっついていて、かわいい(写真ではちょっと分かりづらいですが)。1枚目にも2枚目にも、先端を斜めに切り落としたような板状の結晶が見えます。これは、石膏じゃないだろうか。

以前書いた、石膏?(山梨県都留市宝鉱山)の石を思い出しました。この真っ黒で重たい鉱石は、もしかしたら黒鉱といわれるものではないだろうか。粒状の黄鉄鉱とか、何となく雰囲気も似てる。

黒鉱とは、海底の熱水噴出孔周辺に沈殿した硫化物からできた鉱石のことで、主に日本海側に多いようです。熱水噴出孔付近にはその熱や噴出物中の化学物質に依存した生物が多く生息しており、特に不思議な生態・形態をしたチューブワームで有名ですね。閃亜鉛鉱、方鉛鉱、黄銅鉱、黄鉄鉱、四面銅鉱、重晶石や石膏、それに金や銀なども含み、20世紀に入って混ざり合った成分を抽出する技術が確立されてからは、日本では重要な銅・鉛・亜鉛の資源として多く採掘されていた鉱石です(現在ではもう採掘している鉱山はない)。英語でも、「kuroko」といいます。

太平洋側では、伊豆・小笠原の火山フロントの熱水噴出孔により沈殿したものが、海底の黒鉱鉱床として知られていますし、伊豆にもあります。箱根も、伊豆や丹沢と同様、フィリピン海プレートの北進で本州に付加したのだから、黒鉱があってもおかしくはないですよね。

もし林道のために他の場所から持ってきたものであっても、そんな遠くから運んでくるとは思えないし、鉱山近くの林道で、ズリ石を使用している例もあります(錫高野の林道とかそうですよね)。だから、この近くに黒鉱鉱床があるんじゃないかと想像しているのですが、どうなんでしょうか。気になって、夜も7時間くらいしか眠れません。。。今度ここに来たら、見えていた露頭まで行ってみたいと思ってるんですが、いつになるか。。。

正直、こんなところで見つかるとは思いもしなかったもので、情報もなく、経験も知識も足りない自分には同定などできないのですが、とりあえず面白いものであるのは間違いないと思いますので、取り上げてみました。

 

ところで、新崎川は箱根外輪山の白銀山から流れ出ています。特に見栄えもよくない山で、もちろん雪で白く輝くこともめったにない低い山ですが。。。もしかしたらこの名前、そこで採れた石からきてる可能性もあったり?

 

2021年1月 9日 (土)

緑閃石(群馬県藤岡市八塩鉱山)

Actinolite □Ca2(Mg4.5-2.5Fe2+0.5-2.5)Si8O22(OH)2 珪酸塩鉱物

 

Actinolite_yashiom_01

Actinolite_yashiom_02

 

緑閃石は別名、透緑閃石、アクチノ閃石、陽起石などともいわれます。写真のような粗い結晶だと緑のきれいな鉱物ですが、もっと細かい繊維状、針状でもよく見られます。さらに肉眼では見えないくらい細い結晶の緻密な集合=塊りは、中国では硬玉(ヒスイ)に対して軟玉(ネフライト:nephrite)と呼ばれて、宝石の一種となります(石英より少し柔らかい)。

アクチノライトという英名の語源は、ギリシャ語。1794年、アイルランドの地質学者・化学者のリチャード・カーワン(Richard Kirwan、1733-1812)によって命名されました。ακτίνα(aktina:光線)とλίθος(lithos:石)の組み合わせですが、繊維状のイメージからきているんでしょうかね。

ところで、この緑閃石にはもうひとつ属するグループがあります。天然に産するの繊維状珪酸塩鉱物のことを、石綿、アスベストと総称します(上の写真にも、一部繊維状結晶があります)。現代における鉱物三大悪役のひとつ、アスベストですねw でもその歴史は非常に長いようです。

古代エジプト、中国など、はるか古代から燃えない布としてずっと使われてきた石綿ですが、日本でも、かぐや姫が結婚の条件として出した無理難題のひとつが、火山に住む火鼠という幻獣の皮でできた、燃えない衣でした。和名類聚抄には「(巻18・毛群部第29・毛群名第234・20丁表4行目)火鼠 神異記云火鼠[和名比禰須三]取其毛織為布若汚以火焼之更令清潔矣」とあります。汚れたら燃やすと清潔になるらしい。

これは中国では火浣布(かかんぷ)として知られていて、実際は想像上のものでなく、石綿のことと思われます。かぐや姫の話では、苦労してようやく天竺由来の「火鼠のかはごろも」を手に入れた右大臣安倍のみうしが贈ったのですが、本物かどうか火にくべて試したら燃えてしまったので、結婚したくないかぐや様は喜んで「おかわいいこと」と笑った、という。。。(ちょっと違う)。かぐや様はつれないですねぇw

『列子』には、周の穆王が西戎を攻めたときに、西戎が降伏の印として錕鋙の剣と火浣布を献上してきたとあります。また『抱朴子』によると、火浣布には三種類あるらしい。一つは、肅邱という島に生えている、燃やしても灰にならない木があり、この木の花を布に織ったもの、一つは、この木の皮を灰と一緒に煮て布に織ったもの、一つは、毛が三寸ばかりの白鼠が上空の木に住んでいて、この毛は火中で焼けず、集めて布を織ったもの。最後のものがかぐや姫の火鼠のことですね。

江戸時代には、平賀源内が石綿を製作したり、「火浣布説」「火浣布略説」という書を著しています。彼は金山事業の関連で埼玉中津川の秩父鉱山周辺に何度も訪れており、あるいはここで見つけた閃石類を使ったのかもしれません。

西洋では、マルコ・ポーロの『東方見聞録』に「サラマンダーの皮」というものが出てきます。なぜトカゲとかネズミとかが火に強いということになったんでしょうか。多分なにかしら理由があるはずですが。。。

 

現代ではもはや原則生産されていない石綿、アスベストですが、子どものころは理科の実験で、ビーカーを熱する時に下に敷くものとして、まだ使われていました。生産されていないといっても、まだ使われてそのままになっている建築物は多く、その排出量がピークを迎えるのはこれからだそうですが。

アスベストといっても鉱物名ではなく、蛇紋石族のクリソタイル、角閃石族のクロシドライト(リーベック閃石)、アモサイト、アンソフィライト (直閃石)、トレモライト(透閃石)、そしてこのアクチノライト(緑閃石)の、繊維状結晶の総称です。アスベストとして使用されてきたのはほとんどはクリソタイルで、緑閃石はアスベストの原料としては、ほとんど使用されていないようです。緑閃石の鉱山なんて、聞いたことないですし。

大きな結晶だと、淡い緑の半透明がほんとにきれいなんですけどね。

 

2021年1月 4日 (月)

岩塩(静岡県河津町菖蒲沢浜)

Halite NaCl ハロゲン化鉱物

 

Halite_shoubusawa_01

Halite_shoubusawa_02

 

ようするに、普通の塩ですね。

なんてことないようにも感じますが、日本では自然の岩塩は割と珍しいのです。珍しいというか、誰でも海で見たことはあるような気はするけれど、いざ採集しようと思うと、そう簡単ではなかったり。

日本では塩といえば基本海水からとるものと思っていますが、世界を見ると、海から塩をとる国のほうが実は少ないようです。モンゴルのピンク色の岩塩とかよく売ってますが、もちろんモンゴルには海はなく、あれは岩塩の鉱床から採掘しています。他にも、鉱床の塩が溶け込んだ湖の水から塩をとったりしているようです。

写真の岩塩は、磯の岩場に残った海水が蒸発して結晶したものです。ほどよい量の海水が岩のへこみに残り、晴天が続いて水が蒸発していくと塩分濃度があがり、水がすべて蒸発した後に結晶が残るわけですが、その条件として、まず晴天が続かなければなりません。さらに、日本は高温多湿ですので、結晶が残りにくく、からからに乾燥した日が続かなければなりません。風が強かったりして波が高くなれば、結晶もなにも残りませんし、結晶ができたあと潮が引いて海水が届かない場所、日時である必要もあります。

このように条件が多いので、いざ見つけようと思うと結構苦労するのですね。関東であれば、乾燥して晴天が続く冬が一番いいのかもしれません。東伊豆は、西伊豆のように風が強くないし、冬でも日差しがあればあたたかく、海岸線も長く岩場が多いので、最適といえるかも。

この写真の岩塩は、別に苦労して探してとったものでなく、冬に海岸を歩いていて偶然見つけたものです。

ところで、wikipediaを眺めていたら、世界で産出される岩塩の約半分は、ヨーロッパ、北米で冬の融雪剤として使用されると書いてありました。知らなかった、そんなの。。。普通に考えて、そんな大量の塩をばらまいてたら環境負荷大きいんじゃないのと思いますが、実際塩害は特に欧米ではかなり昔から問題になっているようです。日本でも雪の多いところでは交通量の多いところで植物が枯れたりする被害がでているみたい(塩を使わない融雪剤もあるようですが、かなりコストが上がるらしい)。

こういうのはほんとに難しいですねぇ。じゃあお金がかかっても被害のでないものを使え!環境第一!とか口で言うのは簡単ですが、コストが高いということは、製造のために使われる時間と手間、つまりエネルギーがより多いってことだから、それを勘案してどちらがより良いかは、一概に言えない。行程が複雑になればなるほど、それにかかるエネルギーは増えるのだから、結局一番安い(簡単な)方法が一番効率良い、無駄がない=環境にやさしい、ということになるような気もします。

これは発電方法の問題や、最近はやりのビニール袋の問題と一緒ですが、きりがないので、ここでやめることにします(ほんとはちょっと書いてみたが、政治的な自己主張みたくなってしまうので、このブログにふさわしくないのでやめたのだ)。

 

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »