最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月に作成された記事

2020年12月29日 (火)

硫砒鉄鉱(長野県茅野市向谷鉱山)

Arsenopyrite FeAsS 硫化鉱物

 

Arsenopyrite_mukaidanim_01

Arsenopyrite_mukaidanim_02

Arsenopyrite_mukaidanim_03

 

そんなに珍しいものではないですが、こんなにはっきりとしたさまざまな形状の結晶を見られるのは、なかなかないんじゃないでしょうか。

向谷鉱山の石は、叩くと大抵ニンニクか、ニラのような匂いがして、この硫砒鉄鉱がきらめいています。毒なんですけどね。。。農薬や殺虫剤などの原料である亜砒酸は、硫砒鉄鋼と燃料を燃やしてその煙から生産していたのですが、その煤煙が周辺を汚染したり、労働者が被害を受けたりしました。実際、こういった鉱物を触ったあとは、手を洗うようにしています。こういった鉱物の産地から流れている沢の水とかは飲まないほうがいいかもしれません。自分は、鉱山の下の水は飲むことはないです。たとえ特に毒性のある鉱物がでなくても、なんとなく気分良くないので。昔の鉱山の砒素生産地は、すべて撤去処理されていて、現在では採掘生産されていません。

Arsenopyriteは、砒素黄鉄鉱(arsenical pyrites)を短縮した言葉で、1847年、ドイツの鉱物学者グロッカー(Ernst Friedrich Glocker: 1793-1858)によって命名されました。ギリシャ語のarsenikon(雄黄:As2S3)が由来で、古代では、雄黄は顔料、強壮剤、毒薬などとして使用されていたようです。昔から、錬金術ではかなり重要でよく知られていたようで、単体の砒素の発見者は、ドイツの錬金術師マグヌス(Albertus Magnus: 1193-1280)とされています。中国や日本では、毒砂といわれていました。西欧でも中国でも、昔から暗殺などによく使われていたようです。

考えてみると、山に行くと簡単に人が死ぬレベルの毒がありふれていることに気づきました。

この硫砒鉄鉱も割とどこでもありますし、秋であれば、丹沢・道志あたりに行けば必ず見るドクツルタケは、1本食べれば大人でも死ぬレベルだそうです。ドクツルタケは人に採られないで残っているし、真っ白で目立つのです。また、トリカブトも多いです。昔トリカブト殺人事件とかありましたね。花が咲けば簡単に判別できますが、葉っぱだけだと山菜として食べるニリンソウと似ているので、注意が必要です。以前、うちの庭にも、自然に生えていましたw

海であれば、ヒジキにも若干含まれているとか。イギリスでは食べるなと勧告されているそうです。思うに、もともとあのあたりの国の人は、海草を食べる習慣がないんじゃなかろうか。あのあたりの海は海草が豊かそうな気がするし、海に囲まれているくせに、なんか食べ物の偏向がひどくないですか?w というか、アイルランドあたり、じゃがいもに依存しすぎではなかろうか。じゃがいもを使ってない料理ってあるのかなw

お米にも砒素は含まれており、スウェーデンでは、子どもに食べさせるな、大人も毎日食べるなとされているそうです。日本人からすると、シュールストレミングやサルミアッキのほうがよほど「危険」な気がしますがw

まあ食べ物はそれぞれの地方でいろいろな習慣がありますので、こういう冗談のもとにしやすいですね。とはいっても、ちょっとシビレるのがいいとか言いつつフグを食べる日本人は、やっぱりちょっと気狂いじみてる気もしますが。。。

ちなみに自分は、何度かあたってるカキはちょっと苦手><

 

2020年12月22日 (火)

孔雀石(埼玉県秩父市秩父鉱山)

Malachite Cu2(CO3)(OH)2 炭酸塩鉱物等

 

Malachite_chichibum_01

Malachite_chichibum_03

 

秩父鉱山(渦の沢)の孔雀石です。特に面白いものを選んで。秩父鉱山とひとくちで言っても、その範囲はかなり広く、他のポイントではあまり見かけないのですが、渦の沢では孔雀石がついた石がちらほらと見られます。ここは中津川沿いでバス停のあるもっとも奥、森林科学館のすぐそばなので、秩父鉱山で一番行きやすいポイントのひとつですが、見つかる鉱物種は割と限られるみたいです。緑簾石や閃亜鉛鉱、磁鉄鉱などは、結構立派なものがありますね。

1枚目は、緑簾石の結晶が絹糸状の孔雀石に包まれています。周りの黒いのは閃亜鉛鉱かな?

あんまり珍しいものはないといいつつも、さすが秩父鉱山、もし他の場所でこれが見つかったらすごく嬉しいところですが、秩父では、まあこんなもんかな、ですんでしまう。。。

2枚目は丸く成長した孔雀石。層状に成長したさまがよく見えます。

海外では、建築建材として使われるくらいに大きな塊が採掘されますが、そういうのは見ても単なる緑の岩って感じで、いまいちつまらない。このくらい小さいほうがありがたみが増すというものですw モース硬度は4弱程度でそんなに硬いものではないので、「宝石」ではありませんが、装飾品、顔料として広く使われてきました。割とどこでもあるし、珍しいものでもないのですが、やっぱりこの緑色を見つけると、ついつい手にとってしまいます。

古代エジプトの時代から研磨して装飾品にしたりしていたそうですが、自分が孔雀石で一番きれいだと思うのは絹糸状のきらめきであって、磨いてしまったら台無しなんじゃないかとw やっぱり原石のままが一番好きかなぁ。

マラカイトの語源はギリシャ語でμαλαχή 、アオイ科の植物のことらしいです。葉っぱの色にちなんでいるとのことですが、検索して写真を見ても、まあ普通に植物の緑色としかいいようがないですねw 実物を見たわけではないので何ともいえませんが、何か他の植物とは違って孔雀石との共通点があったのでしょうか。。。

孔雀石には時に目玉のような形象が見られます(2枚目の写真も、その系統ですかね)。こういうものは魔除け、邪眼よけとして使われていたかもしれないそうですが、納得のいく話です。モノノケの視線を逸らす魔除けは、相手を見返して視線をさける目玉であったり、視線を一定させないための籠目だったりします。中国や日本の九字、西洋から日本まで見られる五芒星(日本の陰陽道では晴明九字ともいう)なども、その一系統です。北陸などで悪い日に家先に網模様の籠をつるしたりするのもこれで、どうもこの手の魔除け、邪眼よけというのは世界共通なのが面白いですね。

そう考えると、研磨して装飾品にしていたというのは、別に美しさを求めていただけでなく、模様を強調して、魔除けとしての効果を求めたものなのかもしれません(そうだとしたら台無しとかいってすいませんw)。自然に産する不思議な緑の目玉など、魔除けにぴったりな感じです。

まあ邪眼の力をなめるなよってことでw

 

2020年12月12日 (土)

洋紅石(山梨県甲州市黄金沢鉱山)※

Carminite PbFe3+2(AsO4)2(OH)2 燐酸塩鉱物等

 

Carminite_koganezawam_02

Carminite_koganezawam_03

 

竹森・黄金沢鉱山の洋紅石です。

名前の由来にもなったカーマイン・レッド、赤褐色がとてもきれいな砒素、鉛系の二次鉱物ですが、黄金沢鉱山の石は色とりどりで、結晶も非常に小さいし稀少なので、見つけるのはなかなか大変です。最初上のズリのことを知らなかったこともあったけれど、4度目の訪問の際にようやく見つけました。

亀裂の奥の方には放射状の結晶群がありそうですが、怖いので割れませんねw

この鉱物があるのはごく狭い範囲のズリで、転がる石もほとんどが小さく割られていて、これまでずいぶん多くの人が訪れたのだなとわかります。その小さな石をさらに細かく割って探します。こういうちまちました採集も、それはそれで楽しいものです。

 

洋紅石の和名もカーマイン・レッドからの直訳ですが、西洋から伝わった紅ということですね。

カーマイン(carmine)の語源はラテン語のカルミヌス(Carminus)で、さらに辿ればアラビア語のキルミツ(qirmiz: قرمز))に由来するそうです。クリムゾンの語源も同じキルミツ(クリムゾンといえば、King Crimson→「レッド」と、やっぱり赤系統で連想が広がります。「レッド」は、個人的ロック名盤四天王のうちの1枚。ちなみにロック名盤四天王は30枚ほどありますw)。キルミツは虫(虫が作る)という意味で、これは紅色をカイガラムシから抽出していたためです。

さらにキルミツの語源を辿ると、サンスクリット語の कृमिज (kṛmi-ja)だそうです。この言葉の変遷を見ていると、古代からの文明の変遷が見えてくるようです。この言葉はそこから東のほうには伝わらなかったのでしょうか。そこから東は紅は植物からとる文化圏だったとか?

 

音楽でいうと、ギターという楽器のもとはリュートですが、そのさらにもとは、西アジアのウード、さらに辿ると、メソポタミア時代のバルバットという楽器に行き当たるのですが、これが東のほうに伝わっていくと、中国の琵琶、そして日本の琵琶にまでつながってくる。それぞれ伝わった先でその地域に適応して進化を遂げていくので、かなり錯綜としているのですが、琵琶とギターがつながっているのはすごいことですね。大抵は進化したものだけが残って、古いものは消えてしまうのですが、日本では多分一番古い雅楽の楽琵琶、そこから派生した平家、薩摩、筑前、五弦などの琵琶すべてが残ってるのが不思議。正倉院のラクダの絵がついている螺鈿紫檀琵琶など、まさに古代のロマンのかたまりみたいなものです。

こういうギター型の弦楽器というのは、ネックが長いもの、短いものや、ヘッドがまっすぐなもの、曲がっているものといったように色々あって、どの系統とか簡単に判断できません(インドのシタール・ヴィーナとか、ギリシャのブズーキなどのネックが長い弦楽器は別系統なのか? とかそういうこと)。調弦の仕方なども、楽器の使用法で変わってしまいます(ブズーキは、ギリシャの伝統的な調弦だとADADだが、現代的な調弦だとギターのように全部4度の関係であわせる。これは、演奏する音楽そのものがモノフォニックか、ポリフォニックかという違いで、旋律楽器か、和声楽器か、というふうに使用法が変わってくるためだと思います)。楽器は伝わっても、音は伝わりにくいということもあります。ものだけでなく、人が移動しなければならないし、音楽が伝わったとしても、それがいまいち趣味に合わなければ、あっという間に忘れられてしまいますからね。

何か鉱物というか音楽の話になってしまいましたが、これは自分が影響を受けた人四天王のひとりが、比較音楽の小泉文夫氏だからです(ちなみに影響を受けた人四天王は30人ほどいますw) 。

 

言葉とか、楽器(音楽)を見ていくと、古代から世界はきちんとつながっていたのだなぁと実感します。そして、地域ごとの差・違いこそが、ものごとを動かす原動力なのだなとも感じます。文化の熱力学ですねw

 


2021/1/13追記

ようやく洋紅石の満足できる標本を見つけました。かなり広い範囲で球状集合が見られます。小さいけれど、ルーペで見ても、その美しさはちょっと特別ですね。あらゆる鉱物の中でも、美しさという点で、一、二を争うのではないでしょうか。真っ赤なところと、ちょっと色が薄目のところがあるのですが、どちらもいいなあ。

小さくて明瞭に撮影できないのが残念。追加1枚目の青い部分は、スコロド石だと思います。

 

Carminite_koganezawam_06

Carminite_koganezawam_05

2020年12月 7日 (月)

苦土かんらん石(静岡県伊東市宇佐美)

Forsterite Mg2(SiO4) 珪酸塩鉱物

 

Forsterite_usami_01

Forsterite_usami_02

 

東伊豆の宇佐美、大崎海岸の苦土かんらん石です。白いのは灰長石かな?

宇佐美と網代の間、約5kmほど続く大崎海岸は、伊豆によくある断崖と海岸が続いており、多分大崎火山の溶岩流が海に落ち込んだあとだと思いますが(断崖には節理がよく発達している)、小さいけれども緑の透明なかんらん石や、灰長石の大きな結晶も見られます。

網代と海岸続きの上多賀の鉄かんらん石は以前とりあげましたが(鉄かんらん石(静岡県熱海市上多賀))、矢印のような形がなんだか似てますね。

宇佐美海岸には無料駐車場(夏には有料になる?)が多く、そこからちょっと歩いて行ける大崎海岸は行きやすいところですが、あまり奥まで行くのはちょっとためらわれます。多分場所によっては大潮で通行困難になりそう。でも、行きやすい東伊豆にしては人の少ない穴場的な海岸で、晴れていると気持ちいいです。冬だと東伊豆は風があまりないので、あったかい(西伊豆は風が強くて大変)。

途中の住宅地の石垣に洗面所がついていて、常に温泉が流れているのはさすが伊豆。

Usami_01Usami_02

左:大崎海岸。遠くに見える山は矢筈山と遠笠山かな? 右:宇佐美から大崎海岸に向かう途中、道の脇に温泉が湧きだしている。さすが伊豆。触ると熱い。

 

宇佐美と網代の間は、山を越えて歩くこともできます。昔の街道が一応残っていて、古い遺構などもそのまま残ってたりします。大崎海岸の上のナコウ山には、江戸城のための石の切り出し場(石丁場)がありました。担当した大名の名前が刻まれた石が残っていて、ちょっとした公園みたいになっています。伊豆にはこういう場所は多いのですが、歩く人もそんなに多くないとみえて、大抵ちょっと荒れてて面白いんですよねw 南のほうだからジャングルみたいになってるかと思いきや、稜線上は割とヤブも薄くて歩きやすかったりするのだけれども、冬でもクモの巣がはってるのはやっぱりあったかいんですね。

山中、場所によってはシダやヤブムラサキが多いところもあって、もしかしたら金とか見つかるかも?

Usami_03

ナコウ山頂上近くの石丁場あと。「羽柴越中守石場」と刻まれている。

 

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »