« ブロシャン銅鉱(山梨県都留市宝鉱山) | トップページ | 鉄かんらん石(静岡県熱海市上多賀) »

2020年6月16日 (火)

オンファス輝石角閃石岩(愛媛県四国中央市関川流域)

オンファス輝石 Omphacite (Ca,Na)(Mg,Fe,Al)Si2O6 珪酸塩鉱物

角閃石 amphibole 珪酸塩鉱物

 

Omphacite_sekikawa_02

Omphacite_sekikawa_01

 

石ころです。

愛媛県の関川は、赤石山系(主峰・東赤石山1706m)から瀬戸内海にそそぐ、わずか二十数キロの川で、その長さと山の高さを考えても分かる通り、とても急です。日本の川は滝だと言った(とされる)のは、お雇い外国人技師のオランダ人、デ・レーケですが、まさにその典型ともいえる川ですね(富山の川のことを言ったらしいですが)。

日本の関東山地から九州まで、中央構造線に沿って続く三波川変成帯は、日本最大の変成岩帯です。関川の上流、赤石山やすぐそばの鉱山で有名な別子のあたりも、その三波川変成帯に属しますが、とりわけ高温・高圧によって変成度の高い岩石が生成され、他では見られない石がたくさん産出する地域です。

特にエクロジャイト(Eclogite:主に鉄礬柘榴石とオンファス輝石で構成される石)が有名です。

この石は、関川大橋の少し下流、関川と浦山川合流点あたりで拾いました。

Sekikawa_01

多分、オンファス輝石を含んだ角閃石だと思います。色の濃いのが角閃石で、薄いのがオンファス輝石。。。なのかなぁ?

ぱっと見は濃い緑の地味な感じなのですが、ルーペや顕微鏡で見てみると、吸い込まれそうな透明感のある深い緑で、めちゃくちゃきれいでびっくりします。ちょっぴりクロムが混じっているのかも?(クロムが入ると、緑の鮮やかさが増す)

あたりには、柘榴石の点々が一面についた石が多く転がっていて、わざわざ探すまでもなく拾えます。ここの柘榴石は自形結晶も多いけれど、川を転がってきているからか、そんなにシャープな感じではないです。割っても大して変わらないので、もともと鋭角的な結晶ではないようですね。他にも、白雲母が混じって銀色に輝くものも多く見られました。

 

ここで拾った石をもうひとつ。エクロジャイトといいたいところですが、オンファス輝石はあまり入ってなさそうなので、柘榴石角閃石岩でしょうか。

 

Eclogite_sekikawa_01

 

赤いのが鉄礬柘榴石。濃い緑が角閃石です。

もう一度、ゆっくり1日かけて探してみたいし、赤石山にも登ってみたいけれど、また四国まで行けますかねぇ。。。

 

« ブロシャン銅鉱(山梨県都留市宝鉱山) | トップページ | 鉄かんらん石(静岡県熱海市上多賀) »

〇愛媛県」カテゴリの記事

▽岩・石ころ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブロシャン銅鉱(山梨県都留市宝鉱山) | トップページ | 鉄かんらん石(静岡県熱海市上多賀) »