« 黄鉄鉱(埼玉県秩父市秩父鉱山) | トップページ | ▼産地別リスト »

2020年5月 1日 (金)

針鉄鉱(静岡県南伊豆町青野川流域)

Goethite FeO(OH) 酸化鉱物

 

Goethite_aono_01

Goethite_aono_04

Goethite_aono_03

Goethite_aono_02

 

南伊豆の古い鉱山跡付近で拾った針鉄鉱(あるいは鱗鉄鉱)です。

ネットで似たものを探すと、スペイン、アンダルシアのリオ・チント鉱山で産出する、「虹の石」と通称される、虹色の針鉄鉱が見つかります。針鉄鉱あるいは鱗鉄鉱の表面が酸化皮膜で覆われ、光の回折・干渉によって虹色に見えるそうです。

これも、それと同じものだと思います。

ただし、ルーペで何とか、顕微鏡がないとはっきりとは見えない小ささですが。。。でも間違いなく虹みたいになってますよね。

この鉱山はもともと金を掘っていたそうですが、その後銅主体に変わりました。もちろん現在では廃坑です。2か所、坑口がありましたが、ズリらしき跡は見つからず。この石は、坑道そばでなく、古い鉱脈の地図を地形図に当てはめて、林道を登って見つけたものです。

Dsc_0565Dsc_0566

古い伊豆の地学論文集に載っていた桜井欽一氏の論文(というか単なる産地リスト)によると、同地では紫水晶、硫テルル蒼鉛鉱、ヘッス鉱、アルタイ鉱などが産出するらしいですが、それらしきものは見つからず。一度行っただけでは、なかなかポイントは探し出せません。ただ、紫水晶の欠片は見つけたので、他にもいろいろ探せばあるかもと思っています。

まだ鉱脈の広がる地域のほんの一部を訪れただけですので、かなり楽しみな場所です。

 

« 黄鉄鉱(埼玉県秩父市秩父鉱山) | トップページ | ▼産地別リスト »

○静岡県」カテゴリの記事

▽酸化鉱物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄鉄鉱(埼玉県秩父市秩父鉱山) | トップページ | ▼産地別リスト »