« 石膏?(山梨県都留市宝鉱山) | トップページ | 緑簾石(山梨県道志村道志川流域) »

2020年5月13日 (水)

ランシー鉱(静岡県下田市高根山鉱山)

Rancieite (Ca,Mn2+)0.2(Mn4+,Mn3+)O2・0.6H2O 酸化鉱物

 

Ranciite_takaneyamam_01

 

下田市の高根山は、以前紹介したラムスデル鉱の拾える寝姿山のすぐ北。下田市街北のはずれから高根山の沢に少し入ったところに、高根山鉱山跡があります。湯ヶ島層群に相当し、もともとは金や銀をとっていたらしいです。

ここで採集できるランシー鉱は、新鮮なうちは赤銀の金属光沢を持っていますが、マンガン系の鉱物によくあるように、そのまま置いておくと酸化して段々輝きを失い、黒くなります(寝姿山のラムスデル鉱もそうでしたね)。

とてももろいというか柔らかく、石英の間に見つけたこのランシー鉱も、針で軽くつついてみたら、ぐにゃっとつぶれてしまいましたw

心なしか赤みが残っている感じです。つぶれて新鮮な中身が出てしまったのかw もともと塊状だったからいいけど。

 

高根山で一番多いのは石英です。小さな穴を中心として放射状に成長したようなもの(みかんを横に切ったような感じ)や、あちこち虫食いのように穴が空いたような、ひだ状になったようなものが多く見られます(こういうのは抜け殻石英というのかな?)。

大きいものはないけれど、透明度の高い水晶群もよく見つかります。これがとてもきれいなんですよね。小さいほうが透明度が高く見えるのは当たり前ではあるんですが、何だかきらめき方が他の水晶とは違うようにも思えます(小川山の水晶も、同じように感じる)。

このランシー鉱のすぐそばにも小さな晶洞があって、顕微鏡で見ると思わず息をのむような美しさです。

Quartz_takaneyamam_01

 

鉱物好きの人にはもしかしたらそういう人が多いのかもしれませんが、自分は人工的にカットされた宝石には、まったく興味を持てません。それ、別にガラスでいいじゃん、とか思ってしまいます(カット前であれば好きw)。

無骨な岩についた小さな水晶は、別に無理やりカットしなくてもそのままで最高にきれいだし、人為的なダイヤモンドとかよりずっと美しいと感じます。この方が安上がりでいいですねw

また、晶洞をのぞき込むと、きれいな結晶の一部だけが垣間見える、という状況がいいのかもしれません。ハンマーで叩けば結晶が壊れてしまうかもしれないから、のぞき込むように見るしかない、というのが。

手が届いた瞬間に興味を失ってしまうってこともありますしねw

 

« 石膏?(山梨県都留市宝鉱山) | トップページ | 緑簾石(山梨県道志村道志川流域) »

○静岡県」カテゴリの記事

▽酸化鉱物」カテゴリの記事

コメント

初めまして。コメントさせて頂きます。
最近このブログを見つけまして、拝見しております。
色々と共感部分があったのでコメントさせて頂きました。
高根鉱山、面白い産地ですよね。昨年末から今年の初めにかけて何度も足を運びました!
暖かくなってくると害虫も多そうなので、寒い時期に限定しております。
そろそろまた行こうかなと思っております。

後半の、人の手が加わると魅力がなくなる、というのは凄く良くわかります。
自然のままが良いんですよね。さらに自採品なら、より良いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石膏?(山梨県都留市宝鉱山) | トップページ | 緑簾石(山梨県道志村道志川流域) »