« カニュク石(山梨県甲州市鈴庫鉱山)―A1 | トップページ | ▼分類別リスト »

2020年4月24日 (金)

???(山梨県甲州市鈴庫鉱山)―A2

(前項より続く)

00_suzukura_01

00_suzukura_02

 

うーん、これは一体なんだろう。

白い球状のもので、紫っぽいおへそがついているものが多い。割れたものを見ると、中身は緑。まさにうぐいすあんぱんという感じです。

どうやら虫の卵でも、植物でもなさそうだけど。。。ネットでちょっと調べてみたけれど、よくわかりませんね。

単一の鉱物というより、ミクロサイズの球状岩といった雰囲気です。あるいは、ミクロサイズのストロマトライトのような。

ネットで調べていて、砒素環境に適応した一種の苔がカニュク石の生成に関係あるのではないかとして、カニュク石を育てる実験をしている方のサイトがありました(カニュク石の栽培実験)。なんだか面白そうなので、自分もこの石やほかのカニュク石のついた石を、水をふくませたペーパータオルを敷いたタッパーに入れて日の当たらない環境においてみることにしました。

まだそれほど時間が経っていないので、まだ特に変化はないですが、これでカニュク石が増えたら楽しいですね。ちなみに、自分のところの石には、苔はついていません。

 

« カニュク石(山梨県甲州市鈴庫鉱山)―A1 | トップページ | ▼分類別リスト »

○山梨県」カテゴリの記事

▽???」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カニュク石(山梨県甲州市鈴庫鉱山)―A1 | トップページ | ▼分類別リスト »