« 鉄礬柘榴石(山梨県富士河口湖町毛無山) | トップページ | カニュク石(山梨県甲州市鈴庫鉱山)―A1 »

2020年4月23日 (木)

方解石?(神奈川県山北町世附川流域)

Calcite Ca(CO3) 炭酸塩鉱物等

 

Calcite_yoduku_01

 

神奈川県の西丹沢の沢で拾った石です。

一般的に西丹沢というと、中川の流域、畔が丸、檜洞丸あたりまで含めた地域のことを指すことが多いようです。でもこれだと、畔が丸以西の大又沢、水の木周辺が仲間外れになってる感が強いので、個人的にはちょっと違和感を覚えます。

自分としては、中川を境界にして、その西側、畔が丸から三国山(世附川流域)を越え籠坂峠までが西丹沢というイメージがあります。檜洞丸、蛭が岳あたりは、中央丹沢という感じ(玄倉川流域)。

この石を拾ったのは、世附川の支流の沢です(塔ノ岳亜層群になるのかな?)。水が流れたあとが真っ白になっている沢で、もう見るからに何かありそうな雰囲気。

実際、中流あたりに古い試掘の跡と思われる孔があります(丹沢の鉱山跡について詳しい〇福さんの「丹沢を探る」にも出ていない)。この周辺は、いくつか鉱山跡もあり、それらの時代に掘られたものかもしれません。さらにこのあたりは、大正から昭和初期に、後醍醐天皇のお宝がどこかに埋まっているという噂が流れ、あちこち掘り返されたこともあったようですが、そういう宝さがしのあとではないでしょう。

El_c4tavuairh6v

沢には黄鉄鉱、黄銅鉱を含む石が多く(目に見えるような自形結晶はない)、その周辺では今ではかけらも見つからない鎌田鉱山はこんな感じだったんじゃないか、と思わされます。

鎌田鉱山も、すごい金の含有率だったという話もあり、黄鉄鉱黄銅鉱しか出なかったという証言もあったり、何だか謎です。今も、土砂に埋もれつつある塞がれた坑道口が見られますが、ズリらしきものはまったくありません。森林軌道沿いにあったので、すべて軌道で運び出してしまったのかも?

 

写真の石ですが、多分、鍾乳石状になった方解石ではないかと思うのですが、どうでしょうね。。。

玉髄もこんな形になることもあるらしいし、沸石も丹沢に多いですが、ちょっと違うっぽいし、沢の流れたあとが真っ白になっているのは、石灰岩が多いためかもしれないと考えると、方解石のような気がします。

顕微鏡でしか見えないような小さなものは、硬さも調べられないし、薬品を使ったりしたらすべて溶けて消えそうなので、なかなか調べようがありませんね。

« 鉄礬柘榴石(山梨県富士河口湖町毛無山) | トップページ | カニュク石(山梨県甲州市鈴庫鉱山)―A1 »

○神奈川県」カテゴリの記事

▽炭酸塩鉱物等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄礬柘榴石(山梨県富士河口湖町毛無山) | トップページ | カニュク石(山梨県甲州市鈴庫鉱山)―A1 »